• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
この冬だけの絶景をあなたと。日本国内に眠る“冬の小旅行で行きたい”絶景7選

こんな絶景あったんだ。日本には数多くの美しき絶景が数多く眠っています。そこで今回は日本国内にある“この冬行きたい”絶景を厳選して紹介していきます。まだ出会ったことのない美しすぎる絶景と出会ってみたくありませんか?(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

①黒川温泉/熊本県

最初に紹介するのは“黒川温泉”。約400個の竹灯籠の温かな色に照らされた温泉地にある清流は、まさにノスタルジックな絶景。風情感じる美しき冬の絶景なのです。温泉地でもあるこちらのスポットで冬を贅沢に過ごしましょう。
そんな熊本県阿蘇郡にある“黒川温泉”。竹灯篭に光が灯るイベントが開始されます。「湯あかり」は2018年12月22日(土)〜2019年3月31日(土)まで開催される予定です。この冬、熊本で温かみのある美しい絶景に出会いませんか?
  • 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川
  • 0967440076

②余呉湖(よごこ)/滋賀県

続いては滋賀県にある“余呉湖(よごこ)”。滋賀県といえば「琵琶湖」ですが、そんな琵琶湖の近くにあるこちらの湖。気候が恵まれた時には周囲の山々や青空が美しく反射し、まさに鏡のような絶景を生み出します。
冬にはまさにあの「ウユニ塩湖」のような絶景を見ることができるのだとか。冬にしか見ることのできない美しすぎる銀箔の世界を見ることができます。最近では色々なメディアでも紹介され多くの写真家からも人気を集めているスポットです。美しき日本の冬の絶景がここにもありました。
  • 滋賀県長浜市余呉町川並2380-1
  • 0749-86-3085

③つなん雪まつり/新潟県

続いて紹介するのは新潟県で開催される“つなん雪まつり”です。近年、人気が集まる冬の絶景イベントです。まるで人気映画のワンシーンに自分が入り込んだかのような幻想的な世界が目の前に広がります。
2019年の「つなん雪まつり」は2019年3月9日(土)に開催予定です。メインイベントでもある「スカイランタン」以外にもスノーボードジャンプなどのイベント、露店もたくさんあるので楽しいこと間違いなし!3月8日(金)は前夜祭も開催されるようです。
  • 新潟県中魚沼郡津南町秋成12300
  • 025-765-5585

④兼六園/石川県

最近では人気観光スポットでもある石川県の“兼六園”。そんな“兼六園”では冬にしか見られない風情ある日本らしい絶景を見ることができます。冬になると樹木を雪から守るために"雪吊り"と言われるものを取り付けています。
毎年11月1日~12月中旬ごろに「雪吊り」が取り付けられ、今年も美しい季節がやってきたと思わせてくれる光景です。雪吊りに雪が積もる姿に多くの観光客は魅了されているのでしょう。兼六園の象徴にもなっている雪吊りと雪の降り積もった園内は美しき日本の絶景です。
  • 石川県金沢市兼六町1兼六園
  • 076-234-3800

⑤湯西川温泉 かまくら祭/栃木県

続いては栃木県にある“湯西川温泉”で開催される「かまくら祭」。毎年1月下旬~3月中旬ごろにかけて開催されるお祭りで、会場には可愛らしいかまくらがたくさん作られ、小さなかまくらの中に日が灯されます。寒い中でもなんだか心温まる景色です。
そんな“かまくら祭”では、河川敷に約1200個もの小さなかまくらが列をなします。冬の川べりをのんびりと歩きながら、冬の景色を眺めましょう。人気温泉地でもあるのでかまくら祭りで冷えた体を温泉で温めるのも楽しみですね。
jalanで見る
  • 栃木県日光市湯西川
  • 0288-97-1126 (日光市観光協会湯西川・川俣・奥鬼怒支部)

⑥三十槌の氷柱(みそつちのつらら)/埼玉県

続いて紹介するのは埼玉県の“三十槌の氷柱(みそつちのつらら)”。人工氷柱と天然氷柱を見ることができ、「人工氷柱」ではライトアップが行われ、期間中には氷柱と光が織りなす幻想的な絶景を見ることができます。
そんな厳冬期にしか見ることができない冬の絶景。冬の秩父が織りなす美しい氷の絶景は「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の荒川河川敷で楽しめます。「2019年1月5日(土)〜 2月17日(日)」まで氷柱を見ることができます。また、ライトアップ期間は「2019年1月12日(土)〜 2月11日(月)」の予定となっています。
  • 埼玉県秩父市大滝4011−1つちうちキャンプ場
  • 0494-55-0707(秩父観光協会大滝支部)

⑦奈良井宿(ならいじゅく)/長野県

続いて紹介するのは長野県の“奈良井宿(ならいじゅく)”。江戸時代の旅籠屋を使用した旅館などが残っており、200年以上続いた江戸の歴史を感じることのできる観光地です。明治時代に道路改修が行われなかったため昔の風情を残し続けているスポットです。
毎年節分の日には「氷雪の灯祭り」が開催され、多くの人気を集めています。手作りのアイスキャンドルが通りの両端に連なる「氷雪の灯祭り」では火が灯され、幻想的な風情ある冬の絶景をみることができます。
  • 長野県塩尻市奈良井497
  • 0264-34-3160

この冬にしか出会えない絶景の旅を

いかがでしたか。今回は日本国内にあるこの冬行きたい絶景スポットを紹介してきました。今年の冬は小旅行で絶景に出会う旅をしてみませんか?この冬は、この冬にしか見られない絶景があるのでぜひ出会ってみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年12月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する