• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
これを読めば完璧!旅行者が教えるドイツのクリスマスマーケットの攻略法

クリスマスマーケットの本場といえばドイツ。ドイツの主要都市ではクリスマスマーケットが行われています。かわいいテントや小屋、メリーゴーランド、ホットワイン、クリスマスオーナメントが並ぶドイツのクリスマスマーケットの攻略法を旅行者が紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は事前に公式サイトでご確認ください。)

このまとめ記事の目次

① 開催時期をチェック

1つ目は、クリスマスマーケットの開催時期を必ずチェックすること。ヨーロッパにはクリスマスを家族と過ごす文化があるため、都市によってはクリスマス前にクリスマスマーケットが終わってしまうところもあるんです。行ったら終わってたなんて悲しすぎるので、事前に調べましょう。

② 小銭を用意する

2つ目は、小銭を用意してクリスマスマーケットに行くこと。どこのクリスマスマーケットでも人が多いので、お財布を開くスペースが確保できなかったり、スリに遭う危険があります。スムーズにお買い物するために、小銭をポーチに入れておくのがおすすめです。

③ 買い物をしたい時はアピール

3つ目は、お買い物をしたい時は待つのではなく自分からアピールをすることです。お店の人は大忙しで、周りを見る暇がないことがあります。お金を準備しておいて、すぐ買えるよとアピールすればお店の人も気づきやすいんです。

➃ お土産ものは日本に持ち込めるもの

4つ目は、お土産ものは日本に持ち込めるものにすること。例えばドイツのクリスマスマーケットにはソーセージのスタンドがあります。お土産に良さそうと思う人は多いのですが、旅行先で買った生肉や加工肉は検疫に引っかかるため、日本に持ち込めないので、お土産選びは慎重に!

⑤ ホットワインのマグカップは返却できる

5つ目は、ホットワインのマグカップは返却できること。クリスマスマーケットごとに絵柄の異なるマグカップは、返却して、カップ代を返金してもらえるんです。荷物になるなと思ったら返却もありです。もちろん、お土産用に持って帰ることもできます。

⑥ 食べたいものを見極める

6つ目は、食べたいものを見極めること。魅力的な食べ物がたくさんあるクリスマスマーケットですが、胃袋には限界がありますよね。即買いをせずに、他も見てみましょう。同じ料理でも値段の違うこともあるので、本当に食べたいものを探し出しましょう!

⑦ オーナメント類は取扱注意

7つ目は、オーナメント類の取り扱いには注意すること。かわいい雑貨の中には、ガラスでできたオーナメントもあります。それが服に引っかかってしまって、落ちて割れてしまうハプニングがあるんです。防ぐために、周りに気をつけながら楽しみましょう!

⑧ 寒さ対策は万全に

画像はイメージです

画像はイメージです

最後は、寒さ対策は万全にすること。冬のドイツは寒さが厳しく、天気が悪いこともしばしばなので、雨が降ることも多いんです。パーカー付きのダウンや手袋を持っていくなど、しっかりと寒さ対策をして、クリスマスマーケットを楽しみましょう!

一生に一度は訪れたいクリスマスのワンダーランド

画像はイメージです

画像はイメージです

いかがでしたか。日本の夏祭りのように現地の人も楽しんでいるクリスマスマーケットは、まさに冬のお祭りなんです。クリスマス色に染まったドイツの街はきれいです。今回は、旅行者が教える、ドイツのクリスマスマーケットの攻略法を紹介しました。(なお情報は記事公開時点のものです。詳細は事前に公式サイトでご確認ください。)

▼RETRIP公式のキャンペーンもチェック✔

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

_girassol_旅にでたい…

このまとめ記事に関して報告する