• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
1日楽しめちゃう!人気の観光地で緑に癒される「香港湿地公園」とは

香港と言えばどんなことをイメージしますか?高層ビル群の夜景にグルメにショッピングと都会的なイメージを思い浮かべる人が多いかも知れませんが、実は美しいビーチのある離島や緑あふれる公園など豊かな自然が楽しめるスポットもおすすめなんです。今回はそんな香港の自然を満喫できる観光スポットの中から、香港ならではの景色が1年中楽しめる「香港湿地公園」をご紹介します。

このまとめ記事の目次

人気の海外旅行先「香港」

日本からも近く気軽に行ける香港は、百万ドルの夜景に酔いしれたり、絶品グルメに舌鼓を打ったり最強のパワースポットを巡ったりと見どころも多く海外旅行先として人気の場所。最近ではフォトジェニックなストリート・アートやおしゃれなカフェも増え女子旅で行きたい旅行先としても注目されています。

そして実は香港は都心から程近い場所に美しいビーチや絶景が望めるハイキングコース、のんびりと過ごせる離島など自然豊かな癒しスポットの宝庫だと言うことをご存知でしたか?
街がコンパクトで、地下鉄などの交通機関も発達している香港は、都心エリアはもちろんリゾートエリアへのアクセスも便利で観光しやすいことも人気の理由です。

心も身体も癒されちゃう「湿地の世界」を楽しもう

提供:香港湿地公園
今回ご紹介する「香港湿地公園」は新界西北にある広大な湿地保護区の一部が自然公園として2006年に公開された環境テーマパーク。香港の都心から1時間ほどで香港とは思えないような大自然に出会え、ちょっとした非日常が楽しめる場所として香港の人々に人気の観光スポットなんです。
提供:香港湿地公園
60ヘクタールもの広さの湿地保護エリアには遊歩道が整備されていてゆったりと散策を楽しんだり、季節ごとに咲くカラフルな花や個性的で可愛らしい野鳥や生き物たちを間近で観察することができるんです。

園内には写真映えするスポットも多いのでフォトジェニックな写真が撮れる人気のおでかけ先でもあります。今回は「香港湿地公園」の魅力をご紹介しちゃいます。

魅力① 「貝貝(プイプイ)」の家

提供:香港湿地公園
「貝貝(プイプイ)」は、2003年に湿地公園周辺付近で発見されたワニの名前。その後2006年の湿地公園オープンの際に“最初の住人”として迎えられたそう。
提供:香港湿地公園
発見された当時、香港では大フィーバーとなり、今でも香港の人達には親しまれている湿地公園一番の人気者(スター)なんです。そんなプイプイは現在とても豪華な家に独り暮らししています。
提供:香港湿地公園
ガラス越しに会うことができるので是非立ち寄ってみて下さいね。運が良ければすぐ近くまで来てくれたり、のんびりと日向ぼっこしている愛らしい姿を見ることができます。

魅力② 演替之路(植物変化の径)

提案:香港湿地公園
香港湿地公園にはテーマごとに整備された遊歩道がいくつかあるのですが、ここはそのひとつ「演替之路(植物変化の径)」エリア。「浮葉(ふよう)植物」や「抽水(ちゅうすい)植物」のような水生植物が植えてあり、鳥や昆虫などの住処として大切に残されているエリアです。
香港湿地公園 Hong Kong Wetland Park
このエリアの見どころは6月から8月にかけて美しい花を咲かせる「睡蓮(すいれん)」。この時期にはカラフルで可愛らしい花が一面に咲き誇りフォトジェニックな写真が撮れるんです。
提供:香港湿地公園
また湿地のすぐそばにも高層マンションが立ち並んでいる香港。湿地帯と高層マンションと言う自然と都市が共存している香港ならではの光景が見られるのはここだけです。

魅力③ 紅樹林浮橋(マングローブ・ボードウォーク)

提供:香港湿地公園
亜熱帯地域にだけ見られるマングローブの森を間近で見られるのは「マングローブ・ボードウォーク」エリア。干潟の上に設置された遊歩道からは栄養豊富なマングローブの森に暮らす様々な生き物と出会うことができます。
提供:香港湿地公園
ここで是非探してみて欲しいのが真っ赤なボディとつぶらな瞳が可愛い「シオマネキ」。もし片方のハサミだけ大きいシオマネキがいたらそれは雄。潮が引いたときにだけ顔を出すそうなのでその時間を狙っていくのがおすすめ。
提供:香港湿地公園
また、「ムツゴロウ」も生息しているのでこちらも探してみて下さいね。

関連するリンクこの記事に関連するリンク