• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
オトナ女子におすすめ!心が癒やされる1泊2日の奈良旅プラン

最近ちょっと仕事も恋愛もうまくいかない...そんなときは癒やしを求めて、「奈良」で過ごすゆったり女子旅なんていかがでしょうか。奈良には、数多くの歴史的建造物はもちろんのこと、近年は古民家を改装したおしゃれなレストランやカフェも多く、風情を感じられる魅力がたっぷりなんです。今回は、実際に筆者が回ったオトナ向けの女子旅プランをご紹介します◎(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

〈11:50頃〉近鉄奈良駅に到着

PIXTA
今回の旅は新幹線を使って手軽に行きましょう。奈良には東京駅から新幹線を使って京都駅まで行き、近鉄に乗り換えて近鉄奈良駅で降りるのがおすすめです。東京駅からは約3時間で到着。お昼ごろには奈良観光をスタートしましょう!

〈12:30頃〉まずは腹ごしらえ。奈良の超有名店でそばを堪能

十割蕎麦の名店 / 玄(げん)

by RETRIP
奈良駅についたら、まずはお腹を満たすために少し歩きましょう。奈良の超有名そば屋「玄」までは、近鉄奈良駅から徒歩約15分。昼、夜と営業していますが、昼は要予約、夜は完全予約制となっています。
by RETRIP
食べて欲しいのは、茹で時間わずか5秒というこだわりぬかれた蕎麦たち。食べ方は、せいろや山かけなど、数種類から選ぶことができますが、おすすめはこちらの「水蕎麦」です。

お薬味として藻塩と梅たたきが付いており、蕎麦の上に少しのせて、蕎麦猪口の水にいれてすするという一風変わった食べ方を提供しています。蕎麦本来の味を楽しむことができると、玄では一番人気の食べ方なんだそう。
by RETRIP
まず一口目はそのままで、次に水につけて食べるとその瞬間に蕎麦本来の旨味と香りを感じられます。さらに、お好みで藻塩と梅たたきをつけてそれぞれ食べてみると、藻塩の苦味や梅の甘みが絶妙に合わさってこれまた美味しいんです!数秒の変化でもどんどん麺が伸びてしまうお蕎麦は、出されたらすぐに食べるのがポイントのひとつなんだとか。十割蕎麦の本来の美味しさと、風情溢れる景色の両方を贅沢に満喫してみてくださいね。

〈14:00頃〉奈良公園周辺をのんびりおさんぽ

提供:興福寺 中金堂
美味しいお蕎麦にお腹も心も満たされた後は、奈良公園周辺をお散歩してみるのはいかがでしょうか。奈良公園付近には、最近、301年ぶりに再建された興福寺の中金堂(ちゅうこんどう)や東大寺の大仏殿、舞台づくりの東大寺二月堂から眺める美しい景色など、定番の観光名所が目白押し。ぶらりと歩いてみるだけでも貴重な体験ができちゃいます。

奈良の鹿に餌やり体験 / 奈良公園

by RETRIP
特に、奈良といえば連想するのは、「鹿」という人が多いはず。奈良公園付近には、当然のように鹿がいるので、はじめての方はびっくりするような光景を楽しめます。

勇気があれば、「鹿せんべい」で餌付け体験をしてみてはいかがでしょうか?すっと優しく手を伸ばせばこんな風に近くまで寄り添ってきてくれますし、つぶらな瞳がとってもキュートでかわいらしいんですよ。

鹿みくじ / 春日大社

by RETRIP
春日大社まで足を伸ばして、インスタでも話題の「鹿みくじ」を買ってみたらいかがでしょうか?

鹿の置物がおみくじをくわえた姿がなんとも愛らしく、ついつい買ってしまいたくなること間違いなし。「鹿みくじ 写真左 / 500円(税込)」と「白鹿みくじ 写真右 / 600円(税込)」の2種類から選べます。鹿の置物はもちろん持ち帰れるので、かわいくて縁起の良いインテリアとしてもぴったりです◎

〈17:00頃〉ホッと一息。和菓子にきゅんとしよう

和菓子の老舗店 / 中西 与三郎

by RETRIP
お散歩で少し疲れたら、甘い物を食べて休憩したくなりますよね。おすすめは、古民家が並ぶ「ならまち」にある大正2年創業の「中西 与三郎(なかにし よざぶろう)」です。

店内は高級感の溢れるつくりになっているのですが、冬はホットカーペットが備え付けられているなど、お客さんのことをしっかりと考えた工夫が凝らされています。
by RETRIP
人気のメニューは、季節の上生菓子(お抹茶付き/880円+税)と、中西与三郎特製ぜんざい(お抹茶付き/1,300円+税)です。季節によって変わる生菓子が美しく、上品な餡の味わいは幸せを感じられます。

ショーケース内にある和菓子から選ぶこともできますし、その時期でしか味わえない生菓子とお茶のコラボは、疲れた身体をホッと癒してくれること間違いなし。

〈18:30頃〉ホテルにチェックイン

奈良の伝統を感じられるホテル / セトレならまち

by RETRIP
奈良の観光を楽しんだあとは、2018年12月にオープンしたばかりの「セトレならまち」にチェックインしましょう。このホテルは、奈良の伝統品を多く使用したこだわりの美しい内装がオトナ女子旅にぴったりです。
by RETRIP
奈良の町家をイメージした中庭や、百年杉を利用した上質なダイニングテーブル、左官仕上げのロビーの壁など、いたるところに奈良の伝統技術を垣間見ることができます。まさに奈良の魅力を満喫するにはうってつけの宿ですよ◎
by RETRIP
すべてのお部屋に、奈良を代表する良質な「吉野杉」を使用しているので、ほのかに香る杉の香りに包まれながら自然と心が癒やされます。木を基調とした温かいデザインでありながら、モダンな便利さも兼ね備えたお部屋は、何泊でもしたくなるような居心地の良さ。思わず「ただいま」と言いたくなるような穏やかな空間をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

〈19:30頃〉こだわりの夕食を堪能

by RETRIP
「セトレならまち」に泊まるなら、ぜひ堪能しておきたいのがディナーコース。奈良伝統の食材をふんだんに用いた創作コースを楽しむことができます。

奈良は昔から農業のまちとしても有名で、「大和野菜」や「大和赤牛」など美味しい食材がたくさん。それらを活かしつつ、全国各地から集めた旬の食材も組み合わせて「新たな奈良の魅力」を提供してくれます。
by RETRIP
この日のメニューは、大和野菜と吉野鹿を美しく配置した前菜や、肉の旨味が凝縮した奈良の大和ポークのカツレツなど全11品が登場。料理が運ばれる度に、サービススタッフから丁寧に食材の説明があり、最後の仕上げに一工夫を加えてくれるため、食べる直前まで驚きと感動の嵐なんです...!
by RETRIP
もちろん、一流シェフが作ってくれるディナーは絶品そのもの。本格的なディナーを食べながら今日1日の旅の思い出を振り返る、そんな素敵な時間をオリジナルディナーと共に楽しんでみてくださいね。

【2日目】

〈8:00頃〉朝食で優雅なひとときを

素敵な朝食を / MIA’S BREAD

by RETRIP
奈良旅2日目は、おしゃれな朝食から始めませんか?セトレならまちから徒歩約10分ほど歩くと見えてくるのが、地元の人にも愛されるお店「MIA’S BREAD(ミアズブレッド)」です。

1Fには、天然酵母でつくった無添加パンが並び、2F、3Fはイートインスペースになっています。雑貨の配置やそれぞれの小物のかわいさなど、センスの良さもさることながら、朝の時間帯に行くとパンの焼きあがる良い匂いがふわっと店内を包み、それだけでも幸せな気持ちになれますよ。
by RETRIP
そんなミアズブレッドで食べたいのが、季節の野菜をたっぷり使った色鮮やかなサンドイッチ。その日の一番美味しいを届けたい、と食材の新鮮さにもこだわっています。豊富な種類の中から、今回選んだのは、BLTAサンド(ドリンク付き / 1,350円+税)。写真映えするかわいい見た目なのに、両手で掴むとわかるボリューム感にびっくりです。
by RETRIP
細かく刻まれた野菜に絡む自家製のタルタルソースがアクセントになって、とっても美味しいです。網焼きトースターでこんがりと焼かれたパンの食感もたまらず、最後の一口まで大満足の一品。

ぜひ口を大きく開けて、思いっきりかぶりついてみてください!

〈11:00頃〉チェックアウト後、話題のカフェでお土産購入

まほろば大仏プリン本舗 プリンの森

by RETRIP
奈良にきたら外せないのが「まほろば大仏プリン本舗 プリンの森」です。車だと駅から約20分、近鉄奈良駅からはバスで向かう距離にありますが、多少遠くてもぜひ行ってみてほしい魅力が満載なんです。
by RETRIP
中でも注目したいのが、写真にもあるまほろば大仏プリン(カスタード)の大と小。一見するとサイズ違いかと思いきや、実は別物。大のほうは「肝っ玉母さんのプリン」と呼ばれ、昔の「おかん」をイメージした食感のカスタードプリン、小のほうは「現代のお母さん」をイメージしたなめらかな口どけのプリン。プリンは全て持ち帰り可能、遠方の場合は配送もあるのでお土産にもぴったりです。
by RETRIP
残念ながら店内での撮影は禁止になっているのですが、その理由は「遠くから来たお客さんが、この建物の中をワクワクして入ってほしいから…」という、なんとも素敵なオーナーの思いからなんだとか。

プリンを練り込んだソフトクリームなど、ほかにも豊富なメニューがたくさん。近鉄奈良駅でもまほろば大仏プリンは販売されているので、お帰りの際に買うこともできますが、ぜひこのカフェでかわいい見た目と不思議な屋内を楽しんでみてくださいね。

〈13:00頃〉野菜にこだわった古民家で贅沢ランチ

奈良の食材を堪能できるレストラン / 粟

by RETRIP
奈良旅もいよいよ終盤。ランチは贅沢に、奈良の伝統野菜をふんだんに使った和食屋「粟」で頂くのがおすすめ。築約140年の町屋を改装したお店は、その内装から食事まで店主のこだわりが隅々に感じられます。
by RETRIP
今回は粟「大和と世界の野菜」コース(3,900円+税)をオーダー。メインディッシュには、大和芋と野菜の蒸し鍋が用意されており、大和の伝統野菜と、世界の伝統野菜をフルコースで味わうことができます。

コース料理なので、席に座って次はどんな料理がくるのか?ワクワクしながら待つ時間さえも楽しいですよね。
by RETRIP
ノーザンルビーと呼ばれるピンク色のじゃがいもや、黄金かぶ、黒大根など、冬の時期は色鮮やかな食材が並びます。食材はその時採れた一番良いものを使用するため、日によって様々ではあるものの、料理長が自らの畑で収穫するお野菜は、どれも新鮮で美味しいものばかりです。

烏播(ウーハン)と呼ばれる里芋は、粘り気があり、そのお味も濃厚です。そのほかにも普段は食べられないような珍しいお野菜がたくさん。人気店なので時間に余裕をもって訪れてみてくださいね◎

〈14:30頃〉雑貨屋さんでお土産購入

おしゃれな雑貨屋 / NARANOMI

by RETRIP
粟でランチを楽しんだ後は、近くにある「NARANOMI(ならの実)」へ立ち寄ってみてください。白を基調としたかわいらしい外観に、落ち着いた店内。一階にはお土産にしやすいキッチン雑貨などが並び、二階には洋服やインテリア雑貨なども売られています。
by RETRIP
そんな中でも、手軽なお土産にぴったりな商品が「レンボーラムネ(300円+税)」です。見た目のかわいさと上品な味わいからネット上でも話題になったことがあり、その生産量も少なかったことから「幻のラムネ」とも呼ばれていました。

テレビや雑誌に取り上げられてからはその人気に拍車がかかり、ほぼ毎日問い合わせが殺到した時期もあったとのこと。試しに買ってみてはいかがですか?

〈15:30頃発〉近鉄奈良駅から東京にもどる

PIXTA
楽しかった奈良旅もこれで終わり。近鉄奈良駅から15時台の電車に乗れば、京都駅で新幹線に乗り換えて18時台には東京駅に到着するので、翌日の仕事に響くこともなく安心です。

最後に、新幹線のチケット予約なら、何度でも予約変更ができる「スマートEX」が便利。年会費無料で簡単に登録できて、早めの予約でオトクに乗れることも。この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

いかがでしたか?

提供:興福寺 五重塔
いかがでしたか?奈良のメジャーな観光地や、最近話題のスポットまで、ぎゅっと詰まった女子旅プランをご紹介しました。ぜひ週末旅の参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

旅行前に「うまし うるわし 奈良」をチェック!

魅力たっぷりの奈良ですが、そんな奈良の宿やレストラン、雑貨屋さんなどの情報が充実しているホームページがこの「うまし うるわし 奈良」。筆者もここを参考に旅程を立てたので、旅行前に参考にしてみてくださいね!

関連するリンクこの記事に関連するリンク