• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
幻想的な雪景色を楽しむ!「湯西川温泉かまくら祭」の1日満喫プランはこれだ

幻想的なライトアップで毎年話題となっている、栃木県の絶景イベント「湯西川温泉かまくら祭」。今回は東武鉄道に乗って行く「湯西川温泉かまくら祭」の1日満喫プランをご紹介します。弾丸日帰りでもゆっくり1泊2日でも楽しむことができる絶景、ぜひこの冬に訪れてみてくださいね。

このまとめ記事の目次

毎年人気な冬の絶景「湯西川温泉かまくら祭」とは?

2019年は1月26日(土)~3月3日(日)まで開催!

あかりが灯った無数のミニかまくらが生み出す、幻想的な雪景色。栃木県で毎年冬に開催されている「湯西川温泉かまくら祭」は、そんな日本の冬ならではの絶景を見ることができると人気のイベントです。今年の冬こそは行ってみたい!と、今から旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?
提供:東武鉄道株式会社
そんな「湯西川温泉かまくら祭」へは、東武鉄道を利用するのがとっても便利なんです。今回はアクセス情報なども盛り込んだ「湯西川温泉かまくら祭」の1日満喫プランをご紹介します。冬ならではの美しい絶景に酔いしれる旅へ、いざ出発!

【12:30〜】お昼に到着し「かまくらバーベキュー」を楽しむ

提供:東武鉄道株式会社
東京都内からは電車やバスを乗り継ぎ、およそ3時間半から4時間ほどで行くことができる「湯西川温泉かまくら祭」。今回のプランは早朝に出発し、お昼前に到着する想定でご紹介します。湯西川温泉かまくら祭の会場へ到着したら、まずはしっかりとお昼の腹ごしらえをするため沢口会場にある「かまくらバーベキュー」へ向かいます。
提供:東武鉄道株式会社
かまくらの中でアツアツのお肉や野菜を楽しむ!そんな非日常な体験を楽しめるのも、このイベントの醍醐味です。かまくらの中はバーベキューの熱で温められており、寒さを気にせず食事ができるのもポイント。こちらの「かまくらバーベキュー」は、事前に電話で予約をしておくのがおすすめですよ。

【14:00〜】近場の「湯西川温泉」でまったり

提供:東武鉄道株式会社
お腹いっぱいバーベキューを楽しんだら、ライトアップが始まる時間までは「湯西川温泉」を思う存分満喫しちゃいましょう。「湯西川温泉」は、かつて壇ノ浦の戦いから逃れてきた平家の落人がこの地で温泉を発見し、戦いの傷を癒したという歴史が残る場所としても有名な温泉地です。
提供:東武鉄道株式会社
この地を流れる湯西川の渓谷沿いには様々な旅館が建ち並んでおり、宿泊はもちろん日帰りでも温泉を楽しめるのが魅力的!中でも湯西川温泉かまくら祭の会場の一つである「湯西川 水の郷」では、大自然を眺めながら温泉に浸かれる露天風呂に入ることができおすすめです。旅の途中に冷えた体を芯から温めつつリラックスしてみてはいかがでしょうか。

時間があれば「かまくら見学」や「ソリ遊び」もおすすめ!

提供:東武鉄道株式会社
温泉を満喫する前後に、時間が余っている方におすすめしたいのが「平家の里」周辺の散策。メイン会場となるこちらのエリアでは、かまくらの内部を見学する貴重な体験や、積雪地域ならではのソリ遊び体験などを楽しむことができます。

【17:30〜】日本夜景遺産にもなったかまくらのライトアップを満喫

温泉に浸かり日も暮れた頃、いよいよ待ちに待ったライトアップを楽しみましょう!「湯西川温泉かまくら祭」の夜間ライトアップは、毎日17:30から(沢口河川敷ミニかまくら会場は水曜・木曜休み)。メイン会場である「平家の里」をはじめ、エリア内で様々なかまくらのライトアップを見ることができますよ。

沢口河川敷ミニかまくら会場

なんといっても注目は、2009年に“日本夜景遺産”として認定されたミニかまくらのライトアップ。小さなかまくらが立ち並びろうそくの灯りに照らされる様子は、言葉にできないほどロマンチックです。この幻想的な絶景は「沢口河川敷ミニかまくら会場」で見ることができますよ。

平家の里メイン会場

提供:東武鉄道株式会社
沢口河川敷ミニかまくら会場はもちろん、「平家の里メイン会場」でもライトアップされたかまくらを見ることができます。かまくらはもちろん、茅葺き屋根の建物に雪が降り積もる景色も素敵です。写真撮影の際は、マナーを守った上で楽しんでくださいね。

気になるアクセス情報をご紹介!

提供:東武鉄道株式会社
さて、プランの紹介が終わったところで気になるのがそのアクセス方法。今回紹介した「湯西川温泉かまくら祭」へのアクセスは、東武鉄道を利用するととっても便利なんです♪

東京都内各所から電車でアクセスすることができますが、おすすめは浅草駅発着のルート。行きは9:00に出発し12:00前に湯西川温泉駅へ到着、帰りは19:58の最終電車に乗って23:30前に浅草駅に到着することができますよ。
提供:東武鉄道株式会社
さらに「湯西川温泉かまくら祭」の開催期間中は、鬼怒川温泉駅・湯西川温泉駅のバス停と、会場近くにある湯西川温泉のバス停を結ぶ日光交通バスが増便しているのも注目!夜間延長運転によって、弾丸日帰り旅でも東京方面へ帰る電車に間に合うのが嬉しいポイントです。もちろん、近くの宿に1泊してゆっくりと旅を楽しむのもおすすめですよ。

東武鉄道に乗って、冬の絶景を楽しもう!

提供:東武鉄道株式会社
いかがでしたか?今回はこの冬注目の絶景イベント「湯西川温泉かまくら祭」の1日満喫プランをご紹介しました。人生で一度くらい、幻想的な雪景色を見に行く旅を楽しんでみてもいいかもしれません。ぜひ今年の冬こそは、東武鉄道に乗って「湯西川温泉かまくら祭」を見に行ってみてくださいね!

関連するリンクこの記事に関連するリンク