• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日本人の“スキ”がいっぱい!中国・大連市に行きたくなる6つの魅力とは

日本から直行便で3時間以内で行ける大連は、中国東北地方にある三方を海に囲まれた美しい港町。ノスタルジックな街並みやフォトジェニックなスポットが街中にあふれる魅力いっぱいの観光都市です。さらに年間を通してさまざまなイベントが開催されていて、日本人も多く参加しているって知ってましたか?日本からのアクセスもよく、四季ごとの気候の良さや治安も良いことから過ごしやすいとの評判なんです。今回はまだまだ知られていない大連の魅力を存分にご紹介します。

このまとめ記事の目次

中国「大連市」が気になる

提供:大連市旅遊発展委員会
中国東北部遼東半島の最南端にある都市「大連」をご存知ですか?中国東北部で最も大きい国際的な港湾都市の一方で、「北方の真珠」と呼ばれるなど、ロマンチックで異国情緒あふれる街並みや豊かな自然が美しい都市です。
提供:大連市旅遊発展委員会
海に囲まれた港町と言うこともあってシーフードが美味しいのはもちろん、歴史的な建築物やロシアの街並みが広がるエリア、可愛い路面電車など、フォトジェニックでオシャレなスポットが溢れているのも大連の魅力。また治安がよく住みやすいこと、四季がありつつも、冬や暖かく夏でも涼しく、年間通じて過ごしやすい気候であることなどから、中国でも注目されている都市のひとつなんです。

魅力①▷日本からのアクセスが便利

大連の魅力のひとつは何と言っても日本からのアクセスが便利なところ。東京、大阪、名古屋、富山、広島、福岡、北九州7都市の空港から直行便があり、3時間以内と国内旅行のような気分で気軽に行けるんです。(2019年2月現在)

現地に着いてからも地下鉄やバスなどの交通機関が発達していて観光地を巡りやすいのも魅力。週末の弾丸旅行にもおすすめです。

魅力②▷フォトジェニックなスポット「星海湾大橋」

Shutterstock
「星海湾(シンハイワン)大橋」は2015年に完成した高新園区と市内中心エリアを結ぶ大橋。元々は渋滞緩和のためのバイパスとして作られた橋なのですが、全長6.8キロのその圧倒的な大きさから大連の新たな観光名所として人気のスポットになったんです。
2階建て構造になっているこの橋は自動車はもちろん、歩行者用通路もあり橋の上から市内の絶景を楽しむことができます。ここまでのサイズの橋を徒歩で渡れる経験はなかなかできないもの。大連へ行ったらぜひ体験してみて下さい。
Shutterstock
また夜にはライトアップされて、大連でも有数のフォトジェニックなスポットに変わるんです。「星海(シンハイ)公園」や「星海広場」にある海沿いのエリアから眺めるがおすすめ。周辺のライトアップと併せてうっとりするような夜景を楽しむことができますよ。

魅力③▷見どころ満載のアミューズメントパーク「大連森林動物園」・「大連聖亜海洋世界」

大連森林動物園

提供:大連市旅遊発展委員会
大連市南部には中国で最大規模の動物園「大連森林動物園」があり、白雲山風景区の広大な自然を生かした園内に200種類以上、3,000頭を超える動物たちが飼育されています。その中にはもちろんジャイアントパンダも!2012年にオープンした中国でも有数のパンダ飼育場「大連熊猫館(パンダ・パビリオン)」でのんびり暮らす可愛いパンダを間近で見て癒されちゃいましょう。
Shutterstock
「サファリ・エリア」ではアフリカの草食動物やライオン、熊などの猛獣が放し飼いになっている所を専用バスに乗って見学したり、エサやり体験ができるサファリツアーも人気。また孫悟空のモデルになったと言われる世界的にも珍しい中国原産のサル「金糸猴(きんしこう)」にも出会える中国でも数少ない動物園なんです。

大連聖亜海洋世界

提供:大連市旅遊発展委員会
「大連聖亜海洋世界(だいれんせいあかいようせかい)」は、人気観光スポット星海公園内にある水族館。実はここにはアジア最長の118メートルの海底トンネルがあるんです。足元以外はすべて海!頭上には1万匹以上の魚たちが泳ぎ回り、幻想的な世界に一気に引き込まれます。
提供:大連市旅遊発展委員会
潜水艦や海底都市をイメージしたゾーンや、亀や魚と触れ合えるコーナーなど、海の生き物を楽しみながら写真映えする空間が多いことも魅力。もちろんイルカやアシカのショーも大人気!ほかにも星海公園にはペンギンやシロクマが見られる「聖亜極地世界」や地元の人たちに人気のビーチもあるのであわせて立ち寄ってみましょう!

魅力④▷二大イベントが同じ時期に!「アカシア祭り&大連国際ウォーキング大会」

提供:大連市旅遊発展委員会
毎年5月になると大連にはアカシアの花が街中に咲き誇ります。その時期に開催されるのが、1989年から続いて今年30周年を迎える、大連を代表するイベント「大連アカシア祭り」。期間中はアカシアの優しい香りに街が包まれるだけではなく、市内各地でアカシア祭りを盛り上げるさまざまなイベントも楽しめます。
提供:大連市旅遊発展委員会
アカシアの名所、労働公園でボートに乗りながら鑑賞すればさらにロマンチックな体験になります。毎年5月下旬から1週間ほど開催されるので、大連を訪れるなら気候も良いこの時期に合わせて行くのがおすすめです。

しかも今年は、約20万人が参加する大人気イベント「大連国際徒歩大会」が合同開催が決定!
提供:大連市旅遊発展委員会
「大連国際ウォーキング大会」は大連でも特に人気のイベントで、2日間ある大会の参加者は毎年30万人を超えているそう!その数は世界のウォーキング大会の中でももちろんトップクラス。
提供:大連市旅遊発展委員会
5キロから30キロまで複数のコースが設定されていて、いずれも大連の有名な観光スポットがコースに含まれているので、地元の人だけでなく海外の観光客にも人気。暖かくなった春の大連を満喫することができますよ。ウォーキングなので日頃あまり運動をしていない人でも気軽に参加できるイベントです。

魅力⑤▷まるでお城「ザ・キャッスル・ラグジュアリーコレクションホテル大連」

提供:大連市旅遊発展委員会
大連には泊まってみたくなるような魅力的なホテルがいくつもありますが、おすすめしたいのは「ザ・キャッスル・ラグジュアリーコレクションホテル大連」。ホテルとは思えないような豪華な外観はまさにお城!

デザインが少し似ていることから「アジアのノイシュヴァンシュタイン城」とも言われています。山の中腹に建っているのですが、実は大連駅から車で30分、星海広場や大連森林動物園からも程近く、アクセスも抜群。
提供:大連市旅遊発展委員会
もちろん館内もロビーからお部屋まですべてがラグジュアリー!夜にはホテルがライトアップされフォトジェニックの世界が堪能できたりと、どこを撮っても絵になってしまう空間なんです。オーシャンビューのお部屋を選べば「星海湾大橋」のライトアップもお部屋から楽しめちゃいます。

魅力⑥▷歴史と建築の美しさを体感「大連東方水城」・「ロシア風情街」・「大連中山広場」

提供:大連市旅遊発展委員会
大連には、フォトジェニックスポットとして人気の建築物や街並みが多くあります。まるでイタリアのベニスのような水の都は、「大連東方水城」、通称・東港ベニス水城です。ゴンドラからの景色はとてもロマンチックな雰囲気で人気のアトラクション。周辺はショッピングスポットも充実しています。
提供:大連市旅遊発展委員会
また、長い歴史の中でロシアや日本などの諸外国とも深く関わってきた大連。独自の文化も大切にしながら異国文化もうまく取り入れてきた大連には今も多くの歴史的建築物が残っていて、中国にいながらも、異国情緒あふれるロマンチックな街並みがいたる所で楽しめるのも魅力。
提供:大連市旅遊発展委員会
中でも大連へ行ったら必ず訪れたい注目のエリアは、ロシア建築がずらりと広がる「ロシア風情街」やルネッサンス様式やゴシック様式など様々な建築様式の建物が立ち並ぶ「大連中山広場」。歴史的建築群と現代の高層建築が混ざり合うおしゃれな街並みが楽しめるのも大連ならでは。ノスタルジックな路面電車に乗って、これらの名所を回ってみるのもおすすめです。

いかがでしたか?

Shutterstock
日本からも近く、魅力的なスポットの多い大連についてご紹介しました。実は日本と中国の友好交流を目的としたイベントも大々的に開催されていて、毎年多くの人が参加しています。日本とも深い友好関係にある「大連市」。ぜひ次の休みは遊びに行ってみませんか?
出典:youtu.be

関連するリンクこの記事に関連するリンク