• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
南国気分を味わえる名店が揃い踏み!関西でおすすめの沖縄料理屋7選

日本国内でも独特な文化を持つ沖縄。ソーキソバやゴーヤチャンプルなどの沖縄料理も、その文化の大きな魅力の1つですよね。今回は沖縄に行けなくても本場の味を楽しみたい!という方のために、関西でおすすめしたい沖縄料理のお店を7つご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

沖縄料理とは?

日本の中でも独特な文化を持つ沖縄。そこで食べられている郷土料理は、「沖縄料理」と呼ばれています。沖縄料理は日本本土や中国からの影響を受け、沖縄の材料を用いて、沖縄の風土や気候にあったものがつくられたというのが始まりだと言われています。

本くるくる

今回は、そんな沖縄料理を関西にいながら楽しめるお店をピックアップ。本格的な料理だけでなく、現地にいるかのような雰囲気を楽しめるお店の数々を揃えました。どうぞご覧ください!

①てぃーあんだ扇町本店 / 大阪府

てぃーあんだ

まずご紹介するのは、大阪府のお店。地下鉄堺筋線・扇町駅5番出口を出てすぐにある「てぃーあんだ」です。てぃーあんだとは、「料理をする際に手間ひまをかける、愛情を注ぐ」という意味。その名の通り手の込んだ料理はもちろん、店内にはこだわりの島唄が流れていて、大阪にいながら沖縄の雰囲気を楽しむことができます。

てぃーあんだ

この店一番の人気メニューは、二日間という時間かけて泡盛で煮込むという「ラフテー」。その他にも、沖縄ではシメの定番である「沖縄そば」、沖縄の揚げ菓子である「サーターアンダーギー」も堪能することができます。ただ人気店であるため、インターネット、または電話による事前予約をおすすめします。

詳細情報

eparkGourmetで見る
  • 大阪府大阪市北区末広町3-22
  • 0663638070

②菜美ら(なちゅら) / 大阪府

続いてご紹介するのも、大阪府にあるお店。地下鉄御堂筋線・本町駅から徒歩6分の場所にあるリゾートダイニング「菜美ら(なちゅら)」です。最大80名の貸切が可能であるという広々とした店内。団体での飲み会や結婚式の二次会などにも使われることがあるそう。インターネットから空席確認、予約ができます。
「美と健康の創作料理を癒しの空間で味わう」をコンセプトとしていて、沖縄の旬の食材や、減・無農薬野菜を使ったオリジナル料理を楽しむことができます。ディナーではコース料理だけでなく、「ラフテーピザ」、「あぐー餃子」などの単品メニューも充実しています。また、ランチ営業もしており、お手ごろな価格でこだわりの沖縄料理をいただけます。

詳細情報

  • 大阪府大阪市中央区瓦町4-4-8瓦町4ビル
  • 06-62058-0136

③沖縄料理いっちゃん / 大阪府

「リトル沖縄」とも呼ばれるほど、沖縄料理店の多い大阪市大正区平尾。過去に起きた戦争による食糧難で、沖縄の人々が大阪に移り住んだことが、この地域での沖縄文化の定着につながったと言われています。続いて紹介する「沖縄料理いっちゃん」もその平尾エリアにあります。JR環状線・大正駅から、大阪市バスに乗り「平尾一丁目」で下車し、徒歩2分ほどでたどり着きます。
基本的に一品料理ですが、ランチの時間帯はプラス料金でご飯と小鉢を付けて定食セットにすることができます。定番のソーキソバも、ミニサイズがあるので、その日の予定や気分に合わせて自分で量を調節することができます。また、アットホームな空間が広がるので、お一人様でも入りやすいです。

詳細情報

  • 大阪府大阪市大正区平尾3-11-9
  • 0665543295

④本くるくる(ほんくるくる) / 兵庫県

本くるくる

続いてご紹介するのは、兵庫県にある「本(ほん)くるくる」です。各線・三宮駅から歩いて5分ほどのところにそのお店はあります。もともと「ほんまもんやくるくる」という店名でしたが、移転後に現在の名称へと変わったため、訪れる際は間違えないように注意が必要です。

本くるくる

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する