• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ここ全部スタバなんです。女子旅で行きたい台北周辺の“リノベスタバ”7選

小籠包や夜市のB級グルメだけじゃなく、最近ではカフェやタピオカスタンド巡りも大人気の台湾女子旅。インテリアやメニューにこだわったお洒落なお店がどんどん増えている台湾ですが、実は古い建物をリノベーションした特別な店舗のスターバックスの宝庫でもあるってご存知でしたか?今回はそんな“リノベスタバ”の中でも台北周辺エリアにあるお店を7つご紹介します。次の台湾旅行でぜひ行ってみて下さいね!(なお掲載の情報は公開日時点のものになります。訪れる際には最新情報をご確認下さい。)

このまとめ記事の目次

①天玉門市 / 台北・天母

台北でも外国人居住者の多い高級住宅地エリアの天母(ティエンムー)にあるのはスターバックス天玉(ティエンユー)店。丸い窓がかわいいちょっとモダンなヨーロッパ風建築が特徴的なこの店舗は実は台湾のスターバックス第1号店だった場所。一時期、別の飲食店が入っていたのですが、2017年に再びこの場所に戻ってきたんです。
店内は大きなガラスで開放的な雰囲気。天気が良ければ緑あふれる外のテラス席もおすすめです。またこちらの店舗では夕方からコーヒー風味のクラフトビールなどアルコールの提供もあります。優雅な雰囲気の店内でちょっと大人な気分を楽しめるかも。

詳細情報

  • 台北市士林區天玉街38巷18弄1號
  • +886 2 2875 1361

②草山門市 / 台北・士林

台北の夜景スポットでも人気の陽明山の入口に2018年にオープンしたのはスターバックス草山(Grass Mountain/グラスマウンテン)店。この店舗は1950年代に当時台湾に駐在していたアメリカ軍の宿舎だった場所なんだとか。真っ白なかわいい建物と芝生の庭は看板がなければスタバだと気づかないかも!
こちらの店舗ではピクニックマットの貸出もしているそう!陽明山の自然を満喫しながら芝生の庭でのんびりピクニックを楽しんでいきましょう。こちらの店舗もビールや窒素ガス入りのコールドブリューコーヒーなど特別なメニューが揃っています。

詳細情報

  • 台北市士林區國泰街5號
  • +886 2 2862 7317

③保安門市 / 台北・大同

交差点に立つ大きなバロック様式の建物がひと際目を引くこちらの店舗はスターバックス保安(バオアン)店。なんと1920年代に建てられたものなんです。台北の人気観光スポット「迪化街(ディホアジエ)」にも程近いので観光のついでに立ち寄りやすいお店です。
レトロな建物が今も多く残るエリアにあり、リノベーションされた内装にもこのエリアならではの特徴を取り入れているそう。外観も内装も写真に撮りたくなるスポットがあふれています。この建物の元々の持ち主はパイナップルの缶詰で財を成した実業家。外観のどこかにパイナップルのオブジェがあるそうなので行った際にはぜひ探してみて下さいね!

詳細情報

  • 台北市大同區保安街11號
  • +886 2 2557 8493

④漢中門市/台北・西門

“台湾の原宿”とも呼ばれる繁華街の西門町にあるのはスターバックス漢中(ハンジョン)店。おしゃれなショップやグルメスポットが立ち並ぶエリアに突如現れるレンガ造りの建物が目印。1970年代の建物で、台湾スターバックスで初めてのリノベーション店舗なんです。
この店舗の特徴は2階から4階が吹き抜けになっていること!そして外観のレンガと異なり内装にはシックな木材が使われ、置いてある家具もレトロで雰囲気抜群。どの角度から撮っても絵になります。午後から賑わいだす西門町。人のまだ少ない午前中に訪れるのがおすすめです。

詳細情報

  • 台湾 台北市 万華区 Hanzhong Street
  • +886 2 2370 5893

⑤艋舺門市 / 台北・萬華

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する