• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
盆栽の流行に今乗るしかない!埼玉県さいたま市の盆栽美術館とは。

皆さんは盆栽に興味はありますか。昔はあまり取り上げられていなかった盆栽は近年、国内外問わずとても人気があります。人気の盆栽だと数千万の価値がつくことも。そんな盆栽を専門に展示を行っている盆栽の美術館が埼玉県さいたま市にあります。そこで今回はそんな最近アツイ盆栽美術館について紹介していきたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

盆栽美術館とは。

盆栽美術館とは埼玉県さいたま市にある盆栽専門の美術館です。最寄り駅はJR宇都宮線の土呂駅となり、大宮駅の一つとなりの駅です。盆栽を展示するだけでなく、盆栽に関連したグッズの販売なども行っています。今は海外でも話題の盆栽ですが、大宮は特に日本における盆栽の中心地となっていて、盆栽庭園や盆栽専門のお店などが集まっています。それでは盆栽美術館の魅力を見ていきましょう。

①盆栽庭園を見学する。

まず盆栽美術館に来たからには盆栽をみたいですよね。盆栽美術館館内には広々とした盆栽庭園があり、庭園の中に設置された様々な盆栽を見学することが出来ます。庭園には撮影場所もあるので、盆栽を見に来た思い出を写真で残すことが出来ます。

②コレクションギャラリーで盆栽を学ぶ。

コレクションギャラリーはプロローグ、ギャラリー、座敷飾りという3つの空間から構成されており、盆栽だけでなく歴史や民俗資料なども見ることで盆栽の文化を深く学ぶことが出来るようになっています。展示される盆栽は週替わりなので一度行ったことがある人でもまた楽しめます。

➂撮影コーナーで盆栽を撮る。

盆栽美術館ロビーと先ほどの庭園内には撮影スポットが用意されています。特にロビーの入り口に展示されている季節の一鉢は季節ごとに見ごろを迎える盆栽を展示しているので迫力のある見ごろを迎えた盆栽を写真に収めることが出来ます。

④企画展示室で企画を見る。

美術館内では展示会も開催されます。時期ごとに盆栽界で特に逸品とされる盆栽や盆栽作家の作品を集めた展覧会を行っています。盆栽美術館が所蔵していない様々な盆栽を観覧することが出来るので盆栽美術館に行く際にはチェックしておきたい注目ポイントです。

⑤ミュージアムショップでお買い物。

盆栽美術館内にはミュージアムショップもあります。こちらのショップでは盆栽に関連するグッズを購入することが出来ます。大手の手ぬぐい専門店とコラボした商品などもありついつい買いたくなってしまうこと間違いなし。盆栽だーというサイダーも販売しているので話題作りついでに行ってみてはいかがですか。

⑥盆美カフェで一休み。

盆美カフェ

盆栽美術館すぐ近くに盆美カフェがあります。ここは盆栽美術館を見た後休憩を入れたい時などに使うことが出来ます。オーソドックなカフェメニューを頂けるほか、先ほどの盆栽だー、盆栽だーフロートも味わうことができるので盆栽美術館と一緒に楽しみたいスポットです。

⑦他にも盆栽を見てみる。

さいたま市で盆栽を見れる場所は盆栽美術館だけではありません。盆栽美術館近くには盆栽を専門に扱うお店などが集中して営業しています。その数は6から7程度。そのお店も気軽に入ることができ、盆栽教室や盆栽のリーシングなどを行っているので盆栽をもっと見たい方にはこういった専門店を訪れてみることをおすすめします。

盆栽を楽しむために大宮にさいたま市に行こう!

いかがだったでしょうか。最近国内外問わず話題の盆栽ですが、やはりそうなってくると一度は生で見てみたいですよね。どこか奥ゆかしく、美しい盆栽の魅力は近くで見るとなお一層引き込まれてしまうことでしょう。一度盆栽を見に盆栽美術館にいってみてはいかがですか。

詳細情報

  • 埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3さいたま市大宮盆栽美術館
  • 0487802091

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する