• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
自然に囲まれ最高のひととき。埼玉県メッツァビレッジのグルメ7選

2018年11月に埼玉県飯能市にオープンした「メッツァビレッジ」をご存知ですか?埼玉の大自然に囲まれて、北欧のライフスタイルを体験できる今注目のおでかけスポットなんです。池袋駅からも電車で行くことができ、都心からでも日帰りで楽しめますよ。そんなメッツァでしか食べられないグルメをたっぷりご紹介します。(※掲載されている情報は2019年2月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

①LAGOM(ラーゴム)

まず最初にご紹介するのは「LAGOM(ラーゴム)」。レストラン棟であるバイキングホールの2階にあり、店内は広々とした空間が広がっています。こちらのお店ではデンマークの伝統的なグルメをいただけます。それは「スモーブロー」というオープンサンドイッチ。
オープンサンドイッチという名前の通り、パンの上に堂々と具材がトッピングされています。上から撮ると鮮やかな見た目よく映えますよ。食べる時は、こぼさないように気をつけてくださいね。LAGOM BOXというセットメニューでは、スモーブロー2つに加えてドリンク・ポテト・スープもついてきます。

②農家が作る tomateria GOTO

つづいてご紹介するのは「農家が作る tomateria GOTO」。バイキングホールの1階にあり、入り口のすぐ近くにお店を構えています。こちらのお店は、緑に囲まれたメッツァの空間で赤いものを食べたいと思ったことがきっかけで生まれたお店なんだとか。
人気メニューは「丸ごとトマトのナポリタン」。まさに「丸ごとトマト」の見た目に思わず圧倒されます。くりぬかれたトマトの中にはとろーりチーズが入っているんです。ナポリタンの他にも、オムライスなどの洋食メニューがあります。黄色いオムライスの上にも、もちろん真っ赤でまん丸のトマトがトッピングされていますよ。

③ハンバーグの時間

3番目にご紹介するのは「ハンバーグの時間」。バイキングホールの1階にあり、入り口から入り、左手の奥にお店があります。ハンバーグの専門店ということもあり、ソースはなんと12種類からチョイス可能。デミグラスソースやポン酢ソースなどの定番に加え、トリュフバターソースや青唐辛子味噌などのちょっぴり珍しいものも。

ハンバーグの時間

ソースだけではなく、トッピングもプラス料金で楽しむことができますよ。アボカド・チーズ・焼きトマト・特大エビフライなど、ハンバーグに負けないほど主役級のトッピングがたくさん。工夫次第で、自分だけのハンバーグが何通りも楽しめます。また、ハンバーグサンドなどのテイクアウトメニューにも注目ですよ。

④SAIBOKU(サイボク)

次にご紹介するのは「SAIBOKU(サイボク)」。マーケット棟の1階にあり、お土産コーナーのすぐ隣にお店があります。1946年創業のサイボクは、ハム・ソーセージの製造・生産・販売すべてを行っているんです。埼玉県日高市には本店があり、地元の方に愛され続けているんです。そんなサイボクのハムやソーセージが、メッツァでも手軽に食べられるんですよ。
オススメは「もりもりセット」。トンテキ・ベーコン・ソーセージすべてを堪能することができる、ボリュームたっぷりの贅沢セットです。自慢のお肉を活かしたミニもつ煮なども販売されていましたよ。外で食べれば、BBQやピクニックの気分を味わうことができます。

⑤ONE MORE BITE(ワンモアバイト)

つづいては「ONE MORE BITE(ワンモアバイト)」。レストラン棟の右手奥にあるスイーツのお店です。ガッツリ系グルメのお店ばかり紹介してきましたが、もちろんスイーツ系のお店もあるんですよ。こちらでは、店名の通り「もう一口食べたい!」と思えるような美味しいスイーツが味わえます。
ソフトクリームと焼き菓子がお店の自慢のスイーツ。ソフトクリームは受賞経験もある吉井牧場の夢ミルクを使用しているんだとか。そして、その上から焼き菓子をトッピングとしてオン!口の中が幸せで満たされます。甘いもの好きのあなたは「ギルティプレジャー」というメニューがオススメです。

⑥ROBERT’S COFFEE(ロバーツコーヒー)

次は「ROBERT’S COFFEE(ロバーツコーヒー)」。バイキングホールの1階、先程ご紹介した「ONE MORE BITE(ワンモアバイト)」の隣にあるのがこちらのカフェです。コーヒーには北欧直輸入の焙煎豆を使っており、本格的。フィンランドは実はコーヒー消費量が世界トップクラスなのはご存知でしたか?
コーヒーなどのドリンクと一緒にフードも楽しんでみては?こちらのシナモンロールのコンセプトは「世界一のシナモンロールを」なんだとか。日本でよく見る高さのあるシナモンロールとは離れた見た目で、クロワッサンに近い見た目です。ザクっとした食感がとっても美味しいですよ。

⑦biokia smoothie(ビオキアスムージー)

最後にご紹介するのは「biokia smoothie(ビオキアスムージー)」。こちらは、あるものを使用した世界初のスムージー専門店なんです。そのあるものとは、北欧の無農薬で作られたベリー。お店を監修したのは奈良にスムージー専門店をもつ平野奈津さんという女性です。
こちらのスムージーは一つ一つの鮮やかな色合いが素敵なんです。使用しているベリーは、フィンランドの白夜の環境を絶え抜いておりとても栄養価が高いんだとか。美味しくて栄養もあるなんて最高ですよね。美味しいランチのあとは、ぜひここでしか飲めないスムージーを味わってみては?

自然に囲まれ最高のひとときを。

いかがでしたか?今回は、メッツァで食べられる幸せ度MAXな美味しいグルメ7選をご紹介しました。北欧や埼玉の自然の魅力がたっぷり詰まったメッツァビレッジで、美味しいグルメに癒されに行ってみてくださいね。(※掲載されている情報は2019年2月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

詳細情報

  • 埼玉県飯能市宮沢327-6メッツァ
  • 非公開

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

stay_hungryラブ東京

このまとめ記事に関して報告する