• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全版】最先端システムにびっくり!“フロリダディズニー”10つの攻略ポイント

世界最大のディズニーパークがあるのが、アメリカ東海岸フロリダ州のオーランド。なんとその面積は山手線の内部の1.5倍もあるそう。そんな巨大なウォルトディズニーワールドですが、システムも最先端で日本とは違うことばかり。準備からパーク到着後のことまで、パークを楽しみつくすポイントをご紹介したいと思います。 (※掲載されている情報は2019年2月時点のものです。訪れる際は必ず最新情報をご確認ください。)

このまとめ記事の目次

①どれくらいの日数が必要?

とにかく広いと噂のウォルトディズニーワールド。どれくらいの日数があれば満喫できるの?と疑問に思う方も多いと思います。山手線の内部の1.5倍もの敷地面積を誇るテーマパークなんて想像もつかないですよね。
ウォルトディズニーワールド(以下、WDW)は4つのテーマパークと2つのウォーターパークそして、ゴルフコースやレースサーキットなどで構成されています。全てのパークとウォーターパークを周り切りたいと考えるなら1週間ほどの滞在がベスト。夏季ではなく、テーマパークだけを訪れたい場合は3〜4日の自由時間を作っておくと全てのパークを回りきることができると思います。日数が少ない場合は、パークホッパーチケットを購入すれば同日であっても複数のパークを周ることができるのでおすすめです。

②4つのテーマパークと、2つのウォーターパーク

WDWの見所はやっぱり4つのテーマパーク。日本の東京ディズニーランドのモデルとなったシンデレラ城がシンボルの「マジックキングダム」。動物たちをテーマにし、クオリティの高いサファリなどが楽しめる「アニマル・キングダム」、映画をテーマとした「ハリウッドスタジオ」、近未来がテーマの「エプコット」の4つで構成されています。
マジックキングダムにも東京ディズニーランドにはないアトラクションがあるので、どのパークでも新鮮な気分を味わえると思います。それぞれのパークのテーマは大きく異なるのでぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。また、それぞれのパークにはスターバックスが1つずつあり、そこで販売されているマグカップやタンブラーは全てデザインが違うので要チェック。

③アクセスは?

旅行の予定を立てる上で気になるのがアクセス。WDWがあるフロリダ州オーランドまでは、日本からの直行便は出ていません。アメリカ国内の各都市で乗り換えが必要になります。フライト時間は合計すると約17時間。かなり長いフライトとなるので少し覚悟が必要かもしれません。
空港からパークやホテルまでは場所によって異なりますが、車で約30分ほど。ディズニーの直営ホテル宿泊者ならば事前に予約をしておけば、Disney Magical Expressというバスにて空港から24時間無料送迎を行ってくれます。帰りも宿泊ホテルから空港までの送迎を無料で行ってくれるとっても便利なシステムです。

④まずはホテルの予約を

旅の日程や日数が決まったらまずはホテルの予約をするのがおすすめ。WDW内にはハネムーンにぴったりなラグジュアリーなホテルから1泊1万円ほどで宿泊できるカジュアルなホテルまで20以上の直営ホテルがあります。
なぜホテルの予約が1番先に必要かというと、ディズニー直営ホテルの予約番号があることで、様々な恩恵が受けられるから。先ほどの空港からの無料送迎もその一つです。また、人気ホテルはすぐに予約が埋まってしまうので宿泊先はやはり早めに予約しておくのがベター。それぞれのホテルにはテーマがあり、キャラクターなども異なるのでぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

⑤インターネットでアカウントを作成

IT化がかなり進んでいるWDWでは、パークでの予定などを全てインターネットのアカウント上で管理することができます。ホテルのチェックイン、レストランの予約、ファストパス、など全てをスマホ一つで管理することができるのです。
旅行の予定が決まったなら、My Disney Experience(マイ・ディズニー・エクスペリエンス)というサイトからアカウントを作りましょう。複数人で訪れる場合はグループで一人がアカウントを持っていればOKです。

詳細情報

⑥ファストパスはインターネット予約制

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する