• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
3月15日オープン「うんこミュージアム YOKOHAMA」がインスタ映えすぎる!

3月15日にオープンした「うんこミュージアム YOKOHAMA(よこはま)」。今回は、この新しくオープンした「うんこミュージアム YOKOHAMA(よこはま)」の魅力をご紹介していきます。ぜひ、横浜観光の行き先の一つにこのスポットを入れて「うんこ」を堪能してくださいね。(*掲載されている情報は2019年3月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

"うんこミュージアム YOKOHAMA"って?

「うんこミュージアムYOKOHAMA」は、横浜駅みなみ東口の複合型体験エンターテイメントビル「ASOBUILD(アソビル)」の中にあります。ビルの中もインスタ映えするような仕掛けがたくさんあります。6階建てになっており、"上質な大人の遊び場"をコンセプトとしたというアミューズメントバーラウンジから親子連れに嬉しいキッズスペースまであります。もちろん、ご飯も食べることができます。おしゃれなビルはこれからますます人気になりそうな予感。
今回紹介する「うんこミュージアム YOKOHAMA」は、アソビルの2階にあります。名前の通り、「うんこ」をテーマしたアミューズメント空間"ウンターテイメント"です。私たち人間の生活の一部「うんこ」にスポットを当て、色々なエリアを回って楽しむというミュージアムです。
オープン日:2019年3月15日~2019年7月15日
チケット料金(前売り):大人(中学生以上)1600円、小人(小学生) 900円、小学生未満 無料
チケット料金(当日):大人(中学生以上)1700円、小人(小学生)900円、小学生未満 無料
となっているので行く日が決まっている方は少しお得に入場することができます。

詳細情報

  • 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル

会場内をご案内します!

エントランス部分

さあ、では、新感覚エンターテイメント「うんこミュージアム YOKOHAMA」に入っていきましょう。チケットを購入すると、時間帯ごとの整理券をもらえます。その時間帯に会場にいきます。最初にドアが空いたら小さな小部屋に通されます。そこの「うんこミュージアム」についてを教えてくれるんです。また、この「うんこミュージアム」は、3つのエリアに分かれています。
そして、次に通されるのは、「MY UNKO MAKER」です。カラフルな便器が並んでおり、踏ん張って「うんこ」をだす写真を取ることができます。もうこの時点でインスタ映えですよね。少し、おしゃれな高級ホテルのような演出が可愛いです。このミュージアムの中での掛け声・合言葉はもちろん「うんこ」ですよ。恥ずかしがらずにたくさん言っていきましょう。

ウンスタジェニックエリア

次にご紹介するエリアは「ウンスタジェニックエリア」。名前の通りインスタ映えするフォトジェニックな空間です。先ほどの「MY UNKO MAKER」を抜けると、一番最初に見えるのがこちらの「ウンコ・ボルケーノ」です。大きいウンコが待ち構えてくれています。親子連れにも嬉しい小さいお子さんが遊べるキッズスペースになっています。
また、こんなものもあるんです。こちらは、「ウン語ネオン」。よく見ると確かにそうですね。色合いがとてもおしゃれですし、可愛いです。こんな可愛い演出をされていたらなんだか「うんこ」に愛着が湧いてきませんか?ぜひ、写真におさめてくださいね。
他にも、たくさんのインスタ映えスポットがあるこちらのエリア。今回ご紹介しているのはほんの一部です。ぜひ、色々なところで満足のいく写真を撮ってくださいね。こちらの「ババ・ギャラクシー」は本当に綺麗です。四方八方が全て鏡になっているので幻想的でおしゃれな写真を撮ることができますよ。

ウンタラクティブエリア

次にご紹介するエリアは、「ウンタラクティブエリア」です。地面に映し出されているうんこを指示通りに踏むというゲーム「Hop!Step!Jumpoo!」などがあります。どのスポットの名前も「うんこ」にちなんでいるのがすごいですよね。
そして、こんなところも。「うんこシャウト」です。この館内での挨拶は「うんこ」です。その言葉を全力で叫んでみましょう。日常では、タブーとされているこの言葉を思いっきりお腹の中から出す快感は、一気にストラスがなくなること間違いなしです。老若男女、誰でも楽しむことができます。

ウンテリジェンスエリア

最後にご紹介するエリアは、「ウンテリジェンスエリア」。著名人やこのうんこミュージアムに関わった人たちが書いたうんこを鑑賞をすることもできます。色々な人が思い描いているうんこがバラバラで面白いです。
自分のうんこを描くエリアもあります。ホワイトボードになっている便器の底にご自分のうんこを書いてみては?意外とうんこって描くの難しいですよね。他の人が書いたうんこも見ることができるので、見るだけでも楽しいです。

絶対行くべき期間限定インスタ映えスポット!

いかがでしたか?大人も子供も楽しめる少し変わったミュージアム。横浜駅から直通ですし、このビルには他にも色々なコンセプトの遊びがあります。ぜひ、お出かけの行き先候補の一つにしてみてくださいね。また、こちらはこちらのうんこミュージアムのマスコットキャラクター「ウンベルト」。館内に潜んでいるらしいのでぜひ見つけてみてくださいね。このミュージアムに行った後から「うんこ」が大好きになること間違いなし。(*掲載されている情報は2019年3月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

詳細情報

  • 神奈川県横浜市西区高島2-14−9 アソビル2F ALE-BOX内

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する