• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
おつかれOLに”癒し旅”を捧げたい。大人の休日女子旅プラン8選

毎日のお仕事、お疲れさまです。休日にはしっかり休みたい、という方も多いかもしれませんが、たまにはリフレッシュも必要ですよね。日常から離れて、いつもはできないような体験をしたり、温泉に浸かって体の疲れをほぐしたり。そういう気分転換をしてみましょう。全国にはリフレッシュにぴったりなスポットがたくさんあります。今回は「大人の休日癒し旅8選」をご紹介します!(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

①長野県”阿智村”で満点の星空を眺める

まず初めにご紹介するのは、長野県「阿智村(あちむら)」です。阿智村は星が美しく見える場所として知られています。満点の星空に囲まれる夜は、日頃の疲れを癒す旅ににぴったり。豊かな自然に囲まれた山間地域で、空気も澄んでいて、身体も心も安らぐひと時を過ごすことができそうです。
そんな星の美しい阿智村では、4月中旬から10月中旬までの間、ナイトツアーが行われています。標高約1400mまでゴンドラでのぼり、星を眺めます。街の光が届かない高さで照明を落として見る星は、普段の生活ではなかなか見ることのできない輝きです。オンラインチケットは、事前予約制で2週間前から販売が開始されます。
また阿智村には、南信州最大の温泉郷であると言われる「昼神温泉」があります。その温泉をゆったりと堪能できる施設が「湯ったりーな昼神」です。自然を満喫しながら入浴を楽しめる露天風呂や、サウナが併設された大浴場などがあります。大きなお風呂でゆっくりと身体を休めてくださいね。
温泉だけでなく、室内の温水プールやお食事処もあります。お食事処では、信州名物であるそばなどの郷土料理や、特製のビーフシチューなど、幅広く豊富なメニューを楽しむことができます。観光で各地を巡るのももちろんいいですが、ゆっくりと温泉に浸かって美味しいものを食べて、星を眺める癒し旅もいいですよね。

詳細情報

  • 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
  • 0265-43-3001
  • 長野県阿智村智里昼神370−1
  • 0265-43-4311

②“草津”の温泉で日頃の疲れをとる

続いてご紹介するのは群馬県「草津」です。日本三名泉のうちの一つである「草津温泉」は、毎分32300リットル以上の温泉が湧いています。草津温泉街の中心にある「湯畑」の脇にある「湯けむり亭」では足湯を楽しむことができます。気軽に草津の温泉にふれることができ、足からじわじわと疲れがほぐれていきます。
草津温泉に訪れた際、ぜひとも見ておきたいのが「湯もみ」です。50度以上と温度が高くそのまま入浴することができない源泉の温度を冷ますために行われていたものだそう。それを今では「湯もみと踊りショー」として楽しむことができます。見るだけでなく、実際に湯もみを体験することもできますよ。草津の伝統を肌で感じることができるいい機会です。
草津には温泉以外にも観光するスポットがたくさんあります。中でもおすすめなのが「草津ガラス蔵」です。こちらの名物が「元祖温泉たまご」です。草津で唯一源泉を使用して作られている温泉たまごは、たまごの中に温泉の成分が含まれているそうで、一味違うんです。
またこちらでは、「とんぼ玉」の創作体験をすることができます。15分から20分ほどの短い時間で、オリジナルのとんぼ玉アクセサリーを作ることができます。普段やらないような作業に熱中する時間は、リフレッシュするのにオススメ。お気に入りの作品を作って、旅の思い出として持ち帰りましょう!

詳細情報

  • 群馬県吾妻郡草津町草津114
  • 0279-88-0001
  • 群馬県吾妻郡草津町草津
  • 0279880800
  • 群馬県吾妻郡草津町草津483-1
  • 0279880030

③福島県”大内宿”でタイムスリップしたような気分に

続いてご紹介するのは福島県「大内宿」です。かつては宿場町として整備された大内宿は、その美しい景観から国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。観光客が増えた今では、ほとんどの家屋がお土産屋やおそば屋に姿を変えています。
村や宿場の景観を保つために、住人の方々が協力して伝統的な屋根葺きを守っています。昔ながらの美しい町並みを見ることができる大内宿に来れば、心が落ち着きそうです。自然に囲まれた静かな場所なので、五感が研ぎ澄まされるような感覚になることでしょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する