• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【定番VS最新】どっちに行きたい?夏の香港女子旅向けテーマ別スポット対決

海外女子旅の行き先として、この夏イチオシの香港。その理由はグルメや夜景、ショッピングが楽しめることはもちろんだけど、何よりも話題のフォトジェニックなスポットが続々と登場しているから!今回はそんな香港で注目の“フォトジェスポット”を、絶対に行っておきたい定番スポットから、他の子には思わず秘密にしたくなるような最新スポットまで、さまざまなジャンルに分けてご紹介します。

このまとめ記事の目次

女子憧れの写真が撮れる旅行先、香港

by RETRIP
香港と言えば本格広東料理にネオンの街並み、何度見ても飽きないビクトリア・ハーバーの夜景と外せないスポットが満載の人気旅行先。そんな香港では今、かわいすぎる点心やウォールアートなど、フォトジェニックなお店やスポットが次々とオープンし、“フォトジェニックスポット巡り”が観光スタイルとして注目を集めているんです!
今回は絶景スポットから香港アートやカフェまで、さまざまなジャンルのフォトジェニックなスポットを「定番VS最新」の7番勝負スタイルでご紹介!まずは定番スポットから制覇していくも良し、誰よりも早く最新スポットをチェックしに行くも良し。この夏はあなただけのフォトジェニックな旅を、香港でしてみませんか?

①ウォールアート対決

定番▷ハリウッド・ロード周辺/中環

by RETRIP
ここ最近、香港観光の定番となってきたウォールアート作品巡り。その先駆けと言われているのが香港島の中環(セントラル)から上環(ションワン)を東西に貫くハリウッド・ロード周辺のエリア。香港で最も歴史のあるストリートのひとつでもあるハリウッド・ロードは、昔から続く市場や商店から、最新のトレンドショップやアートギャラリーまで、新旧の香港が混在するユニークなストリート。
by RETRIP
ガイドブックなどですっかり有名になった香港ローカル雑貨の人気ショップ「G.O.D」の壁に描かれたブルーのアートをはじめ、ハリウッド・ロードを歩いていると、数えきれないほどのウォールアートに出会うことができるんです。
実は一度行ったことがあっても、気づけばまた新しい作品が増えていたりと目が離せないハリウッド・ロードのウォールアート。人気のドリンクスタンドやカフェに立ち寄りながら、香港アートを探してみませんか?

最新▷ARTLANE 藝里坊(アートレーン)/西營盤

by RETRIP
ローカルな雰囲気の商店や歴史的建造物が残る街並みと、年々増える欧米風のクールなバーやカフェが混在するエリア「西營盤(サイインプン)」。そこへ2018年に現れたのが、香港や海外のアーティストたちによるウォールアート作品が集まった新スポット「ARTLANE(アートレーン)」。
by RETRIP
ビルの壁や階段、地面などに描かれたその数はなんと20作品以上!どれも個性的で、中にはトリックアートになっているものも。ARTLANEに一歩足を踏み入れると、まるで絵本の世界に迷い込んだような気分に♪
登場して間もないフォトジェスポットですが、MTR西營盤駅のB3出口からすぐ、と言うアクセスの良さもあってすでに話題のスポットになっているARTLANE。誰よりも早く訪れてみて!

②観光・ショッピングスポット対決

定番▷利東街(レイトン・アヴェニュー)/灣仔

by RETRIP
元々は、冠婚葬祭用の紙製品を専門店街が、都市の再開発計画により生まれ変わった「利東街(レイトン・アヴェニュー)」は、話題のコスメや美容関係などのショップやカフェ、レストランが並ぶショッピングモール。お店だけではなく、季節ごとにイベントやアート作品などの装飾で彩られるフォトジェニックなモールは一躍灣仔(ワンチャイ)エリアの人気スポットに。
by RETRIP
赤いランタンが飾られる季節は、夜になると幻想的な雰囲気に。香港の暑い夏には、香港生まれで日本未上陸のドリンクスタンド「茶狼 CHA LONG(チャロン)」のフルーツティーやクリームチーズティーで一息つきながら、ショッピングを楽しむのもおすすめ♪

最新▷大館(タイクン)/中環

by RETRIP
最新の観光スポットなら、2018年5月に中環エリアにオープンした「大館(タイクン)」へ。旧セントラル警察署の施設だった場所を大規模にリノベーションし、この施設が担ってきた歴史を伝える遺跡であり、最新のカルチャーやアートの発信ベースでもある大館。
by RETRIP
警察署、裁判所、刑務所などに使われていた歴史ある建物を活かし生まれ変わった大館には、レンガ造りのノスタルジックな空間だったり、アートギャラリーのようなスタイリッシュなエリアだったり、カメラが手放せないスポットが満載。とても広い施設なので、カフェやレストランで食事を挟みながらじっくり散策するのもおすすめ。

③カフェ対決

定番▷スターバックス Duddell Street(ダデル・ストリート)/中環

by RETRIP
ご当地の特色を盛り込んだコンセプトストアが話題のスターバックス。香港にも、1950年代から70年代にかけてのレトロな喫茶店「冰室(ピンサッ)」を再現した店舗があり、観光客はもちろん、ローカル女子たちにも大人気。香港最古のガス灯が立つ、ダデル・ストリートにあります。
by RETRIP
香港の人気ローカル雑貨店「G.O.D」が店内をコーディネートしているだけあって、細部に至るまで香港レトロにこだわったインテリアが魅力的。また、香港スターバックスのコンセプトストアだけで食べられる、コーヒー風味のエッグタルトやパイナップルパンなどのローカルスイーツも要チェックです!

最新▷%アラビカ スターフェリー/尖沙咀

by RETRIP
京都で人気のカフェ「%アラビカ」。実はその始まりは香港からだってご存知でしたか?2019年6月現在、香港で5店舗も展開しているアラビカ。中でもおすすめは1888年から運行している香港ならではの交通手段「スターフェリー」の尖沙咀(チムサアチョイ)フェリーターミナルにある店舗。世界にあるアラビカの中でも最小面積の店舗なんだとか!
by RETRIP
アラビカらしいスタイリッシュな店構えと、ノスタルジックなフェリーターミナルがコラボレーションした香港ならではの店舗。スターフェリーと併せて立ち寄ってみて下さいね。(スターフェリー内は飲食禁止のためドリンクの持ち込みにはご注意下さい。)

④▷レストラン対決

定番▷YUM CHA(ヤムチャ)/中環、尖沙咀ほか

by RETRIP
香港で食べたいものと言って思い浮かぶのは、本場の点心!と言う人も多いはず。最近では美味しいだけじゃなく、見た目にもキュートで写真映えする“キャラクター点心”が大人気の香港。中環や尖沙咀などに店舗を構える「YUM CHA(ヤムチャ)」は、その“かわいすぎる”点心で女子たちのハートを鷲づかみに!
by RETRIP
ついつい、食べるのがもったいない…と思ってしまいますが、せっかくの蒸したて点心。アツアツのうちに召し上がれ!そして食後にはデザートも忘れないで。台湾で人気のお菓子「パイナップルケーキ」も、香港点心の手にかかればキュートな小鳥に変身!鳥かごに入っている演出も素敵♪

最新▷紅樓 Redhouse(レッドハウス)/中環

by RETRIP
2019年1月に中環エリアのナイトスポット「蘭桂坊(ランカイフォン)」にオープンした「紅樓(レッドハウス)」。キュートな点心から打って変わり、こちらはムーディーで洗練されたインテリアに囲まれながら、23階からの絶景と、モダンにアレンジされた広東料理が堪能できるお店。ちょっぴり大人な香港スタイルを味わいたい人におすすめのレストランです。
ランチタイムには35種類もの点心が並ぶ「紅樓」の人気メニューは、透き通ったピンク色が宝石のように美しいエビ蒸し餃子。
by RETRIP
ほかにも、鉄板に乗せて温めた状態で提供される黒豚の叉焼(チャーシュー)、ココナッツを器にしたチキンスープなど、どれも外せないメニューばかり!夕方からは「ハッピーアワー」もやっていて、人気のカクテルやワインがリーズナブルに。天気の良い日にはテラス席でゆったり中環の街並みを眺めながらドリンクを楽しむのもおすすめ!

⑤カラフルスポット対決

定番▷彩虹邨(チョイホンチュン)/彩虹

by RETRIP
日本では見られないようなカラフルスポットに出会えるのも、香港の魅力!MTR「彩虹駅」から徒歩すぐの場所にある「彩虹邨」もカラフルな絶景が見られる香港で話題のスポット。レインボーカラーに塗られたその建物は、なんと1960年代に建てられた公営住宅なんです!
by RETRIP
おすすめの撮影スポットは彩虹邨南東にある立体駐車場の屋上。そこには360度レインボーカラーに囲まれたフォトジェニックな光景が広がっているんです!カラフルなバスケットコートやヤシの木、ポツリと置かれたレトロなベンチを取り入れながら、オリジナリティあふれる写真を撮ってSNSにアップするのが流行中。

最新▷MTR プラットホーム/中環、尖沙咀ほか

by RETRIP
香港を訪れたほとんどの人が利用する“ある場所”が今、フォトジェニックだと話題になっているんです。それはMTRのプラットホーム!駅ごとに異なるカラーの壁や柱に、広東語とアルファベットで表記された駅名標が、無機質になりがちな駅のホームをカラフルに彩っています。
by RETRIP
最近では、香港滞在中に訪れた場所の駅名標を集めて、SNSにアップするのも人気だとか!香港らしい真っ赤なカラーの「中環」や、香港へ来たことを実感できる「香港」の表示はもちろんですが、一番人気なのはレインボーカラーの駅名標がインパクト抜群の「彩虹」。香港を訪れた際にはぜひMTRの駅名標もチェックして下さいね!

中環のスターフェリー乗り場にも!

by RETRIP
MTRの駅以外にも、フォトジェニックな標示板を見られる場所があるんです。それはスターフェリーの中環側にある乗り場。7番埠頭を示す柱に貼られた大きな文字がどことなくレトロでおしゃれな雰囲気!下層(LOWER DECK)の乗り場入口で見つけることができるので、スターフェリーに乗る際には是非チェックしてみて下さいね。

⑥絶景スポット対決

定番▷香港観覧車/中環

by RETRIP
香港で気軽に絶景を楽しめる場所と言えば、中環埠頭近くの地上60mの高さがある香港観覧車。ゴンドラは8人乗りの大きなサイズ。1回の乗車時間が約15分で、なんと3~5周ほど乗ることができるんです。始めは香港の絶景を思う存分写真に残して、そのあとはゆっくりと景色を満喫する、なんて贅沢な楽しみ方ができるのも香港観覧車の魅力。
by RETRIP
夜になると観覧車もライトアップされて、香港を彩る夜景のひとつに。ゴンドラから宝石箱のような香港の絶景を楽しんだり、観覧車を主役にしたフォトジェニックな中環の夜景を撮影したり、楽しみ方もさまざま。毎晩20時からビクトリア・ハーバーで開催される光と音のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」に合わせて観覧車からショーを楽しむのもおすすめ。

最新▷Ngong Ping(ゴンピン)360/東涌

by RETRIP
実は都市部から少し足を延ばすだけで、自然豊かな風景に出会えるのも香港の魅力。おすすめは、MTR東涌線の終点でもあるランタオ島の「東涌(トンチョン)」と、世界最大の屋外大仏「天壇大佛」がある「昂坪(ゴンピン)」を結んでいるケーブルカー「ゴンピン360」。
全長5.7kmもあり、片道だけで約20分の空中散歩が楽しめます。乗車するとすぐにランタオ島の緑豊かな山や青く透き通った海が現れ、しばらくすると香港国際空港や天壇大仏もケーブルカーから一望。都市部では見られない、香港にある豊かな自然が堪能できる絶景スポットです。
by RETRIP
ケーブルカーにはスタンダードキャビンとクリスタルキャビンがあり、クリスタルキャビンは床の部分がガラス張りになっていて、空中に浮いているような感覚が味わえちゃいます!足元を見ていると、思わず海や山に吸い込まれてしまいそうで、スリル満点!ケーブルカーの種類はチケット購入時に選択することができます。

⑦香港スイーツ対決

定番▷泰昌餅家(タイチョン ベーカリー)/中環、尖沙咀ほか

by RETRIP
香港へ行ったら必ず1つは食べたいローカルスイーツ。定番は黄色い太陽のような見た目が可愛らしい香港式エッグタルト!甘さ控えめの素朴な味のクッキー生地と、卵の風味が濃厚なプルプルの卵液が絶妙な組み合わせ。暑い季節でもアツアツでいただくのが香港流♪
by RETRIP
そんなエッグタルトを食べるなら、おすすめは1954年創業の老舗店「泰昌餅家(タイチョンベーカリー)」。灣仔や尖沙咀などいくつか店舗はありますが、エメラルドグリーンの店構えの可愛さもあり、フォトジェニックなスポットとしても人気のLyndhurst Terrace(擺花街)にある中環店が一押し!

最新▷Oddies(オッディーズ)/中環

by RETRIP
香港では昔ながらのローカルスイーツを現代風にアレンジしたスイーツも人気!懐かしさは残しながらも、新しいフレーバーやキュートな見た目も取り入れて、素朴なスイーツがフォトジェニックなスイーツに変身。おすすめは香港のローカルスイーツ「エッグワッフル(雞蛋仔)」と、濃厚なジェラートがタッグを組んだ「Oddies」。
by RETRIP
焼きたてのアツアツエッグワッフルとひんやりジェラートが絶妙のエッグワッフル・パフェ。早く食べないと溶けてしまうけど、そのフォトジェニックなパフェは何としても写真に収めておきたい可愛さ!お店は中環エリアの歌賦街(ゴフ・ストリート)沿いの小さな入口と、ピンクの看板が目印。見逃してしまわないように気を付けて下さいね!

この夏は香港でカラフルな思い出を作ろう

by RETRIP
いかがでしたか?観光からグルメまで、写真に残したくなるようなフォトジェニックなスポットが盛りだくさんの香港!この夏はカラフルな思い出を残しに香港へ足を運んでみて下さいね。
香港の最新情報をもっと詳しく知りたいなら「香港政府観光局」の公式サイトもチェック!

関連するリンクこの記事に関連するリンク