知らなきゃ損。オープンしたての「渋谷パルコ」に行ってきた!

2019年11月22日(金)、「渋谷パルコ」が新しくグランドオープンしました。地下1階から10階に様々なショップやイベントスペースが新たに登場!映画館や今話題の飲食店などが揃い、子供から大人まで楽しめるスポットに生まれ変わっています。今回はそんな「渋谷パルコ」を大調査してきました!(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

「渋谷パルコ」ついにオープン!

2019年11月22日(金)、ついに「渋谷パルコ」がグランドオープン!ファッションからアート・カルチャーまで幅広く取り揃えた最新施設で、フロアごとのコンセプトに沿った193店舗のテナントが集結。飲食店は計37店舗で地下1階と7階を中心にあらゆる分野のお店が立ち並んでいます!
新しい「渋谷パルコ」はとにかく斬新。オープン記念グッズや渋谷限定商品など、オープンに際して様々なブランドが商品を販売しているのも注目ポイントです。ここでしか食べられないメニューや手に入らないグッズが盛りだくさん。この日も朝から雨にもかかわらず、多くの人たちで長蛇の列ができる程の人気ぶりでした。

【B1F】グルメ系

地下一階はその名も「CHAOS KITCHEN(カオスキッチン)」と呼ばれるフロアで、お寿司屋さんからカジュアルな居酒屋、お洒落カフェまで多種多様な飲食店が出店しています。まさに”カオス”な空間。3店舗目のオープンとなるクラフトビール店「立ち飲みビールボーイ」や福岡で大人気のハンバーグ店「極味や(きわみ)」など今キてるお店が勢揃いです。
まず最初に訪れたのは「ティフォニウム・カフェ」。今話題の「タロットVR」を導入した最新パフェがいただける大注目のカフェなんです!
幻のサーカス「トワイイト・サーカス」をコンセプトにしたお店で、店内もパープルを基調とした壁と赤いソファーで魔法のような世界観が特徴的。カウンター席とテーブルがあり比較的スムーズに入店できました。オリジナルのコースターもデザインに凝っていてとってもキュート♡
待ち時間はタブレットで遊ぶことができます。コースターをカメラに映すと空っぽのグラスと動物たちが現れ、動物たちが魔法をかけてパフェを作ってくれるんです!最新の技術を取り入れたアイデアがなんとも画期的で圧倒されました。
こちらのお店では、先にメニューをオーダーしてから席に座るスタイル。右側がブルーベリーと赤ブドウのパフェ「トワイライト」1200円(税別)で、左側がゆずとチーズケーキのパフェ「ピエロ」1000円(税別)です。思わずカメラを向けてしまう程、どのメニューも「可愛さ満点」なんです!
個人的なお気に入りは昔懐かしのレコードを取り扱う「ユニオンレコード」。外観もPOPなデザインで記念撮影をしている人もちらほら。カオスキッチンという名前だけあって、他の商業施設にはないような個性派のお店が沢山詰まった素敵空間です!

【1F】コスメ&雑貨系

一階は「SHŌTENGAI-EDIT-TOKYO」というコンセプトで、コスメや雑貨をはじめするお店が集まっています。渋谷の新たな”商店街”をイメージするような雰囲気で、期間限定のテナントも。
一階のポップアップストアには今後様々なお店が登場予定!現在はディオールとリモアのコラボレーション企画が展示されています。また、GUCCI(グッチ)やLOEWE(ロエベ)といった高級ブランドの店舗も出店しており、まさに「渋谷パルコの顔」といった印象を受けました。
また、一階にはカフェもあります。こちらの「Café Marly(カフェマルリー)」は”ネオクラシック”がコンセプトの落ち着いた雰囲気のカフェ。ふわっふわの「スフレパンケーキ」をお目当てに訪れる人も多いんだとか。夕方の時間帯には列もでき、混み合っていました。

【2F~5F】ファッション系

2階から5階はメンズやレディースのファッションを扱うアパレルショップを中心に展開。20代前半女性に人気の「SNIDEL(スナイデル)」や「Lily Brown (リリーブラウン)」はもちろん、モード系ファッションやストーリート系ファッションまで幅広く取り揃えられています。
内装や「魅せ方」にもこだわっており、まるでギャラリーを歩いているような感覚。壁や床のデザインも斬新で他の商業施設にはない目新しさを感じます。
今回私が注目したのは3階にある「AMAZING COFFEE(アメージングコーヒー)」。その名の通り、「AMAZINGな空間、AMAZINGなおもてなし、AMAZINGなコーヒー」 というテーマにそった一杯をいただけます。
この日は整理券がないと店内に入れないということだったので、整理券を発行してもらいいよいよ中へ。半円形の受け取り口はまるで宇宙ステーションのような雰囲気でユニークでした。同系列のアパレルショップと併設されているので店内をゆったりと見て回ることもできます。
こちらは渋谷店限定の「ミルキーウェイ」。こちらのドリンクは一杯650円で、ホットとアイスが選べます。トゥーゴースタイルのお店なので、テイクアウトにはぴったりです。フレンチプレスやTシャツなどコラボグッズも販売していますよ!

【6F】デジタル&サブカルチャー系

6階には任天堂の直営オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)」やジャンプのグッズが販売されている「JUMP SHOP(ジャンプショップ)」といった子供から大人まで楽しめるスポットも充実。
「ポケモンセンター」も6階にあり、親子連れの方で溢れていました。入り口付近に設置された等身大で作られた動くミュウツーは動きも質もリアルでインパクト絶大。今にも出てきそうな再現度は感動モノです。
その他にも「ここは何?」と思うような面白いスペースが盛りだくさん。日本のアニメやカルチャーが全面的に感じられるフロアです。日本のアニメや文化、そして最新のテクノロジーを渋谷から世界に伝える”情報の発信地”になってほしいですね。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する