• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
自然と遺跡と極彩色のグアテマラ おすすめ観光スポット15選で中南米の魅力を知りたい!

中南米に位置するグアテマラは、実は多くの観光スポットに溢れた魅惑の国です。中南米ならではのラテンのリズムに合わせて、極彩色の街並みを歩けば、自然とスキップしてしまいそうな、わくわくする場所です。おおらかな人々の笑顔に囲まれ、ゆったりとした時間が流れるグアテマラでは、バックパックを背中に背負って、時間にしばられない奔放な旅がおすすめです。今回はそんな魅惑のグアテマラでおすすめの観光スポット15選を紹介します。

このまとめ記事の目次

①ティカル遺跡

数あるマヤ文明の遺跡の中でも最高峰と言える、密林に包まれた神秘的な遺跡だ。

出典:www.geocities.jp

おすすめは4号神殿。ここからの緑の樹海はまさに圧巻です。また「失われた世界」と呼ばれる神殿からの夕日も必見です。

出典:univer.net
グアテマラ北部、ペテン遺跡のジャングルに埋もれるティカルは、マヤ最大の神殿都市遺跡として知られる観光スポットです。
ティカルには紀元前数世紀から人が住み始め、紀元後300~800年にはペテン一帯のマヤの都市を従える大祭祀センターとして栄えました。
特に目玉観光スポットのⅠ号神殿は、高さ51m、荘厳かつ美しい神殿で、まさにジャングルの摩天楼の風格です。
敷地内は広いため、観光には半日以上必要です。
【住所】3, Guatemala
【アクセス】フローレスからシャトルバス運行。往復60Q
【営業時間】4時~20時
【料金】150Q
【休日】無休
  • 3, Guatemala, Guatemala

②国立考古学民俗学博物館

古代マヤ文明の出土品が多数展示されていることで有名な、考古学ファンには外せない博物館です。

出典:www.dtac.jp

実に見どころの多い博物館でした。
名前も知らない遺跡が数多くあったのでもう少し勉強して、また行きたい。

出典:isekineko.jp
マヤ文明の遺跡を数多く展示する博物館です。マヤ文明の遺跡はグアテマラ国内外各地に点在するため、各地の出土品が集められているこの観光スポットは、非常に貴重な存在でもあるのです。
館内は種別によって常設展示コーナーがあり、古代遺跡からの出土品が多く展示されています。保存状態の良い石碑や土器などもあります。
特におすすめの展示は、ほぼ完全に原形をとどめているヒスイを使った工芸品です。また、巨大石碑のレリーフも物語形式で見ているだけでも楽しめます。
【住所】Zona 13, Guatemala City
【アクセス】市内85番バスが博物館近くを通る
【営業料金】9時~16時
【料金】60Q
【休日】月曜日
  • 7ta. Avenida 6a, Guatemala, Guatemala

③カミナル・フユ遺跡

最も古いマヤ遺跡のひとつに数えられますが、建造物は石材ではなく土で 造られ、謂わば土の文化です。

出典:www.infomaya.jp

死者の丘(死者の魂がいつかよみがえるところ)を意味するカミナル・フユ遺跡。紀元前200年から、スペインが侵略するまでという長い歴史を誇る、土のマヤとも呼ばれるマヤ南部地方の最大の遺跡。

出典:www.geocities.jp
日本の企業が出資を行い、発掘調査が行われた観光スポットです。
最盛期には10平方kmの免責を持つ神殿都市であったと考えられています。モンゴイという粘土質のピラミッドがいくつも点在していますが、土製という特性状、現在は遺跡は屋根に覆われている部分を一部見学出来るのみとなっています。
しかし、他の遺跡では見ることの出来ない「土のマヤ」の遺跡は今後も価値が高まってくるとされており、他のグアテマラの遺跡とは一線を画している観光スポットでもあります。
【アクセス】ソナ10からタクシーで50~60Q程度
【営業時間】8時~16時30分
【料金】50Q
【休日】無休

④イスチェル民族衣装博物館

博物館ファンの私が唯一「再訪したい」と思ったのがここでした。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

中には草花で染めた物や、儀式用の衣装なども見ることができます。

出典:www.dtac.jp
フランシスコ・マロキン大学の敷地内にある博物館です。
その名前の通り、グアテマラ先住民共同体の伝統衣装を集めた物で、120種類以上もの衣装が展示されています。
スペイン入植以前のマヤの織物や、産業革命後の現代の流行のものまで、その変遷が展示されています。
民芸品店もありますので、お土産を選ぶのにもおすすめの観光スポットです。
【アクセス】レフォルマ通りから6aCalleを東に曲がって徒歩5分ほど
【営業時間】9時~17時
【料金】35Q
【休日】日曜日

⑤ポポル・ブフー博物館

マヤの民芸品の厳選された良いものが展示されているのが特徴だ。

出典:asteltravel.com

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する