• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
九份だけじゃない!願いが叶う台湾の絶景スポット「十分」が今アツい

台湾の観光スポットといえば九份が定番と思われがちですが、九份以外にも是非立ち寄ってほしいスポットがあるんです!それはラプンツェルの世界を味わえて、願い事も叶えられちゃうというノスタルジックな「十分」という街。これから台湾に行く予定の方も、台湾に行ったことのある方も要チェックです!

このまとめ記事の目次

台湾といえば?

やっぱり一番に九份を思い浮かべる方が多いんではないでしょうか。「千と千尋の神隠し」の舞台となったということで日本人の定番観光スポットになっていますよね。

でも訪れるべきは九份だけじゃなかった!

私が是非お勧めしたい場所が、九份と同じく台北市から車で一時間ほどの郊外に位置する町、「十分」と言う街。平溪線(へいけいせん)というローカル線でもアクセス可能です。
街といってもとても小さな範囲なんですが、街の真ん中に電車が通っていて、そのすぐ両側にお土産やさんや食べ物屋さんなどのお店が並んでいます。とてもノスタルジックで台湾らしさを感じさせる場所。

ほとんど電車が行き来しないので、線路には自由に立ち入り可能ですが、電車が通る際にはかなりスレスレ。
そんなノスタルジックな街、十分でしか経験できない、とても感動的なイベントがあるんです!

願い事を叶えられる!

まるでラプンツェルのワンシーンみたいなこの写真は、毎年旧正月に行われる「平渓天燈祭」の様子です。毎年世界中から何万という観光客が集まり、願い事を書いた天燈(ランタン)を一斉に飛ばします。

お祭りのときじゃなくても天燈をあげられるんです!

この十分での天燈は、そもそも年末年始の時期に増える盗賊から身を避けるため山に逃げていた村民に、家の番をしていた使用人たちが、小正月を過ぎた頃、安全を知らせるために飛ばしていたと言われています。

出典:www.nikomaru.jp

普段から、観光客向けに、天燈上げができるようになっており、地元台湾の観光客にも人気のスポット。天燈は1.5m程の気球状のランタンで、下の火種に火をつけて飛ばします。

出典:www.nikomaru.jp
かなりの悪天候でない限り、基本的に飛ばすことができます。昼でも夜でも可能です。でも私のお勧めはランプンツェル体験ができる夜がおすすめです!

まず天燈に願い事を書く

上の画像のように、筆で自分の願い事を書いていきます。合計4面書けるので、事前に考えておくとスムーズにいきそうですね。天燈は基本的に1グループで1つとなっています。

色によって意味が違う

赤は健康や総合的な意味、黄色は金運、藍色は仕事運、紫は勉学、桃色は恋愛運などと色によって意味があります。自分の願い事にあった色を選びましょう。

線路の上で写真撮影

書き終わったら線路の上に立って写真撮影!お店の人が天燈を飛ばす前に天燈の4面全部を写真を撮ってくれます。

手を離す!

もちろん天燈を飛ばす瞬間もカメラに収めてくれます。
「願いが叶いますように・・・」と願いを込めながら自分が上げた天燈を見ていると時間を忘れちゃいそうですよね。
ちなみに意外と天燈が上っていくスピードが速いので、ちゃんと上っていったか見失わないように。
お祭りの時じゃなくても十分に絶景を楽しむことができます。
他の観光客の方の願い事を見る、というのもなかなか楽しいです。
なによりお祭りの時だとゆっくり自分の願い事を書いて、天燈を飛ばしたりできないですもんね。

台湾をもっと楽しむなら

十分の近くには、台湾のナイアガラと呼ばれる「十分大瀑布」という滝があります。
展望台から見る迫力のある眺めは必見ですので、天燈上げと一緒に是非。

台湾に行きたくなってきました?

いかがでしたか?
台湾を訪れた際には是非九份だけでなく、願いを叶えに十分にも足を運んでみてくださいね。
  • 226 台湾 New Taipei City, Pingxi District, 十分老街

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する