• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
カンボジア初旅行におすすめ♪ここは抑えたい!シェムリアップの観光スポット15選

近年観光客が増えてきている東南アジアの国、カンボジア。中でもシェムリアップは大自然に囲まれ、日本では見られないような観光スポットがいくつもあります。そんなカンボジア・シェムリアップへの初旅行、初心者さんにもおすすめの観光スポットをご紹介していきます。

このまとめ記事の目次

カンボジアってどんな国?

Photo by CMoravec
東南アジアの一一国「カンボジア」。インドシナ半島の南西部に位置しており、ベトナム、タイ、ラオスに隣接する国です。国土面積は日本の約半分。カンボジアを象徴するのが森、そしてメコン川。自然がとっても豊かなカンボジアの国土の60%が深い森といわれています。
Photo by TACKTY
内戦という暗い過去を持つ国、カンボジア。その影響で、いまだに多くの地雷が埋まっているといわれています。そんなカンボジアの気候は、大きく分けて2つの分けられます。乾季と雨季のふたつです。ですが一年を通して蒸し暑いので、訪れる際は風通しのよい涼しい格好がオススメ。そんなカンボジアには素敵な観光名所がたくさんあるのです。早速見ていきましょう♪

①アンコール・ワット/シェムリアップ

アンコール遺跡群は1992年に世界遺産に登録され、現在世界各国から観光客が訪れている観光名所です。
Photo by fotopamas
何度もリピートしたくなるほど美しい遺跡です。大手の旅行口コミサイトが発表した「行ってよかった海外観光スポットのトップ50」で1位に輝いたこともあるほど。カンボジアを初めて訪れる方には必ず見てほしい観光スポットです。
Photo by kingfisher001
アンコールワットの入場券は、1日券で20ドルかかります。このチケットには顔写真がついているので、すぐ無くしてしまうようなちゃちなものではありません。朝早く、みんなが写真撮影のために列を成します…。でも写真が残るので思い出の品としても残せますよ♪
Photo by kingfisher001
遺跡の中はとても広く、とにかくたくさん歩きます。そんなアンコールワットの遺跡群は、しばらくジャングルに覆われており、誰にも発見されてこなかったんだとか。そんなジャングルの中を歩けばもう冒険家気分。水分補給、そして遺跡内の地図の準備をお忘れなく♪
朝早くに出発すれば、美しいアンコールワットと朝日がみられます。一生に一度は見ておきたい絶景です。観光客がどっと押し寄せる時間なので、早めに行っていい観覧場所をとっておくことをおすすめします。
美しいのはアンコールワットの風貌だけではありません。回廊を見て回ると、その繊細な彫刻に感動すること間違いなしです。あちこちにふしぎな彫刻像が立ち並び、思わず引き込まれてしまうこと間違いなし。カンボジア初心者の方は、ガイドさんを付けて解説をしてもらうのもおすすめです。
Photo by bmr-mam
時間や日程に余裕のある人は3日観光可能なチケットを買うことをおすすめします。1日券も販売されていますが、かなりハードスケジュールになるので覚悟が必要です…!
【住所】
104EO, Svaydongkun St, Siem Reap 855, Cambodia
  • Siem Reap, Cambodia

②プノン・バケン/シェムリアップ

「プノン・バケン寺院」もシェムリアップでは訪れたい自院です。先ほどのアンコールワットは綺麗な朝日が見られることで人気でしたが、こちらは夕日が綺麗に見えるスポットとして人気を博しています。雨季より乾季に行くときれいな夕日を見られる確率がアップしますよ!
Photo by maxim303
朝方から日中はアンコールワットを楽しみ、夕方このプノンバケンを訪れる、というのが定番の観光コースです。日本から遠く離れたカンボジアという場所で、地平線に沈みゆく美しい夕日を見れば、何か思うことがあるはずです。
頂上までの坂道は舗装されておらず、距離的にも長いので、容易ではありません。ですが苦労して登った先には絶景が待っているので、ぜひ頑張ってみてください。体力に自身のない方は、ゾウさんに乗って上まで行くこともできますよ♪
また、男性・女性を問わず、肌の露出が高い方はこの遺跡へ登ることができないので注意してください。東南アジアの遺跡や寺院ではこのように服装に関して規定がある所が多いので、初心者さんは注意が必要です。郷に入っては郷に従う、それもまた旅の醍醐味ではないでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する