• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
伝説のパワースポット「聖域の岬」に存在する神秘的なブルーのパワーホール

石川県能登半島に日本三大聖域の一つである聖域の岬とよばれる珠洲岬(すずみさき)があります。この地は、海流が交じり合い”気”がある場所として、数々の伝説が残されていました。500万年のときを経てできた青いブルーのパワーホールは必見です!

このまとめ記事の目次

聖域の岬(珠洲岬)

珠洲岬(すずみさき)は石川県能登半島の北東端の禄剛崎、金剛崎、長手崎などの岬の総称をさします。また、金剛崎は【聖域の岬】とも呼ばれています。
Photo by Nao Iizuka

地球規模のサイクルで岬に集まる『大地の気流』と、南からの海流(対馬暖流)、北からの海流(リマン寒流)が波状的に集結して交わる“自然界のパワー”が集中する場所

出典:nacchan.net

世界的にも珍しい地形と言われています。

日本の鬼門である東北を守る為に、珠洲岬は長い間、聖域として守られてきたらしい

出典:yaplog.jp

現存する伝説で、一番最初にパワースポットのご利益にあずかった人は「源義経」ではないかと推測されています。

聖域の岬付近で汲んだ水は100年経っても腐らないらしい…腐らない水としては現在、世界最高記録ではないかと考えられていて、この水がなぜ100年以上も腐らないのかはナゾのままらしい

出典:yaplog.jp

ちなみにこの水の価格は1億2,000万円ともいわれて、すごい効果があるようです

このように様々な伝説が残る、静岡県・富士山、長野県・分杭峠とともに自然系日本三大ウルトラパワースポットなのです!

500万年!?かかってできたブルーホール

エメラルドグリーンのキレイな海の色!

エメラルドグリーンのキレイな海の色!

珠洲岬には、最初小さな石ころが溝に入り、それがやがて波に転がり約500万年かかって出来たと言う驚異のパワーホールをいくつかあるそうです

大小15カ所ある内最大、「神秘のパワーホール」

出典:www.lampnoyado.co.jp

直径約7m・水深約8m・水温は外海と少し遮断されてるせいで常に、約5〜6度前後暖かく海水は透きとおっています。

簡単にはいける場所ではない!

珠洲岬は長らく誰もたどり行くことが出来なかった場所

出典:www.luckwithmoney.jp

この地は人の領地で、だれもが入れる場所ではなかったのです

とてつもないパワースポットは今でも簡単にいけるわけではないんです・・・
この場所は、ランプの宿のプライベート空間のため、誰でも入れるわけではないこと。また、かなり困難な場所に有るため危険です。

金剛崎

そうはいっても、ランプの宿はとても人気で予約も半年以上先までいっぱいだという噂もあり、どうにかして見れないものか・・!?
Photo by Nao Iizuka

大きな空中展望台「スカイバード」

出典:suzukankou.exblog.jp

珠洲岬を一望する展望台です。よしが浦温泉ランプの宿の敷地内にあり宿泊客以外も有料で絶景が楽しめます。

崖から突き出た空中展望台はなんと9.5m!!!世界ベスト3にランクイン

出典:suzukankou.exblog.jp

なかなか足が震えるという感想もありました・・・

Photo by Nao Iizuka
Photo by Nao Iizuka

更に高度なパワーを充電するは、これら大地のパワー集結の岬に立ち、朝日や月の出など天体パワーをも全身に受けると、より強い「大自然の気」を浴びることがきできるかも知れません

出典:powerspotjapan.com

なるほど・・・この展望台がつくられた理由はよりパワーをもらうようにするためだったのですね

Photo by tiseb

お土産にはパワーストーンを!

ランプの宿

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する