• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで

このまとめ記事の目次

ルアンパバーンのメインとなる大きな通りでは、夕方あたりから屋台が出始めます。
もちろん朝からやっている屋台(サンドイッチやさん、ジュースやさんなど)もあるので、朝ごはん、昼ご飯を楽しむにもおすすめ。
ちなみにラオスはフランスの植民地であったこともあり、フランスパンを使ったサンドイッチが激うま&激安なんですよ!
両脇にずらーっと並んだナイトマーケット、そして迷子になりそうなくらい入り組んだナイトマーケット。女の子は買い物したくてうずうずすること間違いなしです。ラオスのお母ちゃんハンドメイドの刺繍もの、アクセサリーなどなどが所せましと売られています。フードマーケットでは、格安ブッフェも楽しめますよ。
屋台の食べ物はちょっと心配…という方も、両脇にはレストランやカフェもあるのでご安心を。ツアー会社ではトレッキングやゾウ使いの資格を取れるツアーなどの受付もしています。写真映えするカラフルな雑貨に男の子もテンションが上がるはず。ラオスのお土産探しもここにおまかせあれ。東南アジアを旅する人たちは、タイやカンボジアなどの強めな接客に少しうんざりするはず…。でもここラオスの店員さんたちは皆シャイで控えめ。過度のぼったくりや買わないお客さんに逆切れなんてことも滅多にありません。
【住所】Sisavangvong Rd, Alley Behind Lao National Tourism Office, Luang Prabang, Laos
  • Sisavangvong Road, Luang Prabang, Lao People's Democratic Republic

⑤クァンシ―の滝

ラオスの街並みに飽きてきた?だったらトゥクトゥクを利用して郊外まで足を延ばしてみましょう!石灰を含んだ川の水は不思議な形の土地を形成し、(まるでトルコのパムッカレのよう!)私たちに自然の遊び場を提供してくれます。メインストリートから一時間。半日程度でさくっと行けます。
観光客の方が滝に飛び込んだりしていて、それを見るのも迫力満点で楽しいですよ。マイナスイオンたっぷりのクァンシーの滝は、見ている人の心を癒します。お寺などに興味のない人も、ここは本当に楽しめますよ♪
【住所】Outside Luang Prabang 27km, Luang Prabang, Laos
【営業時間】9:00~18:00
  • クアンシ―の滝

⑥セー滝

石灰岩が段々になっていて、なんだか幻想的。
大人も子供も楽しめるスポットです。ラオスでは象に乗れるアクティビティが数多くありますが、ここでもゾウに乗ることができます。川遊びのついでに。水着を持って泳ぎに行っちゃいましょう!
【住所】 Luang Prabang, Laos
  • Tad Sae Waterfall
  • +856 20 58 550 000

⑦ルアンパバーンの托鉢

「托鉢」とは、簡単に言うと、僧侶さんたちが練り歩き、食べ物等をもらう行為です。実際に自分たちで食べ物を差し上げることもできますよ。朝早いので、寝坊に注意!この時間だとまだ外は薄暗いので、念のため団体で行動するようにしましょう。
【住所】Th Sisavangvong (main road to town), Luang Prabang, Laos

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する