• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
100%楽しい!ディズニー所有の夢の島「キャスタウェイ・ケイ」の魅力

バハマにディズニー所有の夢の島があることをご存知でしたか?その名も「キャスタウェイ・ケイ(Castaway cay)」。ディズニークルーズでしか行く事のできないこの楽園は、楽しくない時間が一秒もない!といわれるほど。いったいどんな島なんでしょうか?ディズニー好きは必見です!

このまとめ記事の目次

キャスタウェイ・ケイ (バハマ)

島全体がテーマパークのようになっている、まさに夢の島。

ディズニー所有のプライベートアイランド!

カリブ海に浮かぶ、ディズニー所有の島。
ディズニークルーズでいちばんの目玉と言っても過言ではないのでは。
まさに夢のような時間を過ごせそう。

ディズニークルーズを利用しないといけない!

この島はディズニーが保有するプライベートアイランドですので、一般人がキャスタウェイ・ケイに渡るには、ディズニー・クルーズに参加するしかありません。
また、ディズニー・クルーズの出航地はアメリカとなっています!

ディスニークルーズって?

「世界番付」というテレビ番組で紹介された驚きの豪華客船ツアーの中で、世界で人気の豪華客船ランキングにおいてアマゾン川航行するツアー、世界最大級の豪華客船などを抑えて見事1位に輝いたのが、このディズニークルーズなんです!
出典:www.youtube.com

My Disney Cruise | Disney Cruise Line | Disney Parks - YouTube

Explore a Disney Cruise through the eyes and imagination of one of its biggest (little) fans. SUBSCRIBE: http://di.sn/q7h About Disney Cruise Line: Disney Cr...

ディズニークルーズの様子はこちら。

どんな島なの?

いたるところにディズニー要素が。

いたるところにディズニー要素が。

アルコールを除き、飲食物は無料!船からはカードキーを持って降りるだけでいいんだそう!また、ビーチまで歩く途中に、映画「パイレーツオブカリビアン」で実際に使われた船「フライング・ダッチマン」などもあったり、この島でしか買えない限定グッズがあったりします。

アルコールを除き、飲食物は無料!
船からはカードキーを持って降りるだけでいいんだそう!

また、ビーチまで歩く途中に、映画「パイレーツオブカリビアン」で実際に使われた船「フライング・ダッチマン」などもあったり、この島でしか買えない限定グッズがあったりします。

ジャックスパロウのそっくりさんなんかも。

ジャックスパロウのそっくりさんなんかも。

さまざまなビーチ

ビーチは、ファミリー向け、大人専用、ティーン用、そしてカバナ専用などのビーチが分かれています。
子供はキッズプログラムに預けて、大人は静かにビーチで、午後は家族みんなでファミリービーチで遊ぶ!ということも可能。
また、18歳以上限定のビーチ「セレニティベイ」にはバーがあり、通常のビーチと同じく、ハンモックやサマーベッド、ハンモックなどもありますが、とにかく静かで空いているのが特徴。
年配の方も多く、遊び回るというよりは、ゆっくりと満喫するといった雰囲気。海は青くきれいで、砂浜も白い!まさに地上の楽園です。

キャラクターたちにも会える

島の中でキャラクターたちとグリーティングできるのも楽しみのひとつです!

シュノ―ケリングでディスニーキャラを探そう!

浅瀬に沈没船やミッキー、ミニーの銅像、宝箱を探して遊ぶこともできます。
用具を使わなくても行ける程度のところにも沈んでいるので、ゴーグルを持っていれば探せるんだとか。写真を撮りたい場合には、防水カメラセットもショップに売っています。

ハネムーンにもぴったり

いかがでしたか?

ディズニー好きにもそうでない人にもたまらない、まさに夢の島。死ぬまでに一度は訪れてみたいと思うような風景が広がっていました。
一度アメリカへ渡ってから船に乗らなければなりませんが、行けば楽しいこと間違いなし。ぜひ、一度訪れて見たいものですね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する