• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
800kmの紅葉ドライブ!壮大すぎるカナダ「メープル街道」の紅葉

カナダのナイアガラの滝~ケベック・シティーを繋ぐ「メープル街道」。ハイウェイの両側にカエデの木が立ち並ぶことから名づけられたこの街道は、秋になるとどこまでも紅葉が続くとても美しい道になるんです。モントリオールやケベックなど、紅葉以外にもたくさんの見所がある「メープル街道」は、カナダの誇る観光スポットでした。

このまとめ記事の目次

メープル街道って?

「メープル街道」は、カナダ東部のナイアガラ地域~ケベック・シティーへと続く全長約800kmの観光ルート。沿道にカエデの木が多いことから名前がつけられました。
秋にカエデ木が一斉に紅葉すると、とても美しい光景が広がり、世界中の観光客から人気のスポットになっています。
ちなみに、「メープル街道」という名称は、日本人がつけたと言われていて、現地で言っても通じないんだとか。

カナダ屈指の紅葉ポイント

メープル街道は、紅葉の時期にドライブするのが最高おすすめ。
カナダの国旗にも使われているカエデの木(Maple Tree)が道の両側に並び、壮大な眺めが広がります。

周辺には観光スポットがたくさん!

現地の人たちからは「文化遺産の道(Heritage Highway)」と呼ばれるメープル街道。
周辺に歴史的な史跡が多く残っていることがその由来です。
紅葉はもちろんきれいですが、トロントからケベック・シティーまで、文化的な遺跡や都市を観光できることからも、観光客に人気のルートになっています。

ナイアガラの滝(Niagara Falls)

世界三大瀑布にも数えられる「ナイアガラの滝」は、世界中から観光客の集まるカナダ屈指の観光スポット。
夏場が観光のシーズンですが、メープル街道の最南部に位置していて、秋の紅葉も見物です。

サウザンド諸島(Thousand Islands)

カナダの首都「オタワ(Ottawa)」から車で2時間ほどの場所にあるのが、「サウザンド諸島」。
オンタリオ湖からセントローレンス川に注ぎ込む場所に、数多くの島々が浮かんでいる不思議なスポット絶景スポットです。
ここも紅葉の時期はきれいで、船でクルーズしながら景色を楽しむことができます。

モントリオール(Montreal)

「北米のパリ」とも称されるモントリオールは、ケベック州最大の都市で、石造りの町並みなど独特の雰囲気が観光のポイントになっています。

ローレンシャン高原(Laurentian mountains)

モントリオールからアクセスできるのが、ローレンシャン高原。
ケベック州の中部から北部にかけて広がる高原で、9月中旬から10月にかけての紅葉はメープル街道随一と言われています。中でも高原で一番標高の高い「モン・トランブラン(Mont-Tremblant)」(標高960m)からは、紅葉したローレンシャン高原を見渡すことができる絶景ポイントです。

ケベック・シティー(Quebec City)

メープル街道の北端にある「ケベック・シティー」は、世界遺産にも登録された町で、歴史的な建物が残る街並みは、とても素敵な雰囲気です。
ここがメープル街道のゴールになる場合も多く、旧市街をゆっくり観光するのも人気です。

メープル街道の見頃は9月~10月!

メープル街道の紅葉の見頃となるのは、9月下旬~10月上旬にかけて。
その年によって紅葉の時期が変わってくるので、情報は随時チェックしましょう。
また、メープル街道の中でも都市や場所によって紅葉の時期に多少ズレがあるのも要注意です。

日本の風情を感じる紅葉もいいですが、日本では見られない広大な紅葉も素敵ですよ!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する