• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
旅行業界で話題沸騰!イランがこれから観光地として見逃せない5つの理由

旅行業界のプロが集まる会議において「近い将来に観光客の人気が集中するであろう国」として、イランが選ばれました!今回はそんな、今後観光名所として発展が見込まれるイランの魅力についてまとめました。

このまとめ記事の目次

業界のプロも着目する国、イランとは?

ロンドンにて旅行業界の世界的イベント「ワールド・ トラベル・マーケット」が開催されました。本イベントの報告書において「近い将来に観光客の人気が集中するであろう国」としてイランが挙げられました!
「ワールド・ トラベル・マーケット」とは、世界中の旅行業界の人々が集い、企画間ビジネスをするための見本市です!いわば業界のプロフェッショナルたちが情報交換やネットワークづくりをする場ということですね。
ではいったいなぜ、旅行業界のプロたちはイランを「今後大注目の観光場所」として名を挙げたのでしょうか?今回は実際にイランを愛する筆者がイランの魅力について教えます!

①中東で世界遺産が最も多い!

▶イスファハンのイマーム広場

「世界の半分」とも歌われる古都、エスファハーンにある「イマーム広場」。ここでのんびりしていたら時間を忘れるほどの美しさです。

▶イマームモスク

モスクもペルシャ建築独特の緻密なつくりになっていて、17世紀に作られたとは思えない美しさです!見ているだけで飽きません。
他にもアケメネス朝時代の遺跡都市、ペルセポリスや、
Photo by peuplier

▶ペルセポリス

タブリーズのバザールなど計19個の世界遺産がイランでは登録されているのです!その数はなんと中東で最大!

▶タブリーズのバザール

今年2015年にも新たに二つの地域が世界遺産として登録されました。
「マイマンドの文化的景観」は、イラン東部のケルマーン州にある世界遺産。穴居生活を営みながら自給自足の生活をしている村落の景観です。牧畜をしながら季節移動をするという珍しい文化をもっています。

▶スーサ

イランの古代都市遺跡で、なんとその歴史は前4000年ほどにまでさかのぼることができます!メソポタミアのロマンを感じたければイランしかない!
世界遺産の他にもたくさんの魅力的な観光名所があるのでそちらも抑えておきたいですね!

②意外にもリゾートが多い

Photo by Ninara
なんと意外にもイランではスキーリゾートが数多くあります!中東という熱帯のイメージからは想像がしにくいですが、実はイランが標高が高い地域が多く、なかでも山脈地帯では世界でも有数の雪山があるんです!
また登山やバードウォッチングが楽しめる隠れた名所が多くあり、自然いっぱいの観光地として注目されつつあります。

③人がとても親切

Photo by mφop plaφer
イランがバックパッカーに人気でリピーターが続出しているということはあまり知られていません。イランにもう一度行きたくなる理由はなんといっても人の良さ!
イラン人はめちゃくちゃフレンドリーです。拙い英語で話しかけてくるのであまり何を言っているのかわからない場合が多いですが、困っているときはすぐに助けてくれます。
実は親日国家であるイラン。街を歩いていると日本語で話しかけてくる人が多いです。その理由はかつて日本にビザを取得して働いていたイラン人が多くいたから。英語より日本語の方が通じるのではないかというほど。

④物価が安い

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する