• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
梅雨の沖縄もオツなもの 「沖縄」のホタル鑑賞スポット5選

ウチナーンチュも観光客も楽しめる、日本で一番早い梅雨を迎える沖縄でのホタル鑑賞。陸生ホタルが生息する沖縄だからこそ那覇市内や市街地でもホタル鑑賞できるスポットがあったりします。ハブも出る沖縄でのホタル鑑賞、必ず懐中電灯と虫よけ対策の長袖を持参しましょう。

このまとめ記事の目次

沖縄のホタル鑑賞スポット第1選 「末吉公園」(沖縄県那覇市)

暗い公園内で様々な色で乱舞するホタル。

薄闇の森を抜け、水の音を頼りにたどり着いたのは『滝見橋』。公園内を流れる安謝川に石でできた橋がかかっている場所です。そう、ここが絶好のホタル観察スポットなのです。

出典:www.dee-okinawa.com

末吉公園で見られるのは、ホタル属のクロイワボタルとスジボタル属のオキナワスジボタル。 沖縄や奄美諸島でしか見ることができない種類のようです。 逆に本土では有名なゲンジボタルも沖縄では見られません。

出典:www.dee-okinawa.com
沖縄の那覇市にあるホタル鑑賞スポット「末吉公園」。沖縄のホタルは種類によって様々な色や飛び方で楽しませてくれるので、本土のホタル鑑賞とは一味違います。元々、末吉公園は鳥獣保護地区で、日没後は外灯が殆どありませんので鑑賞後は真っ暗です。ハブも出ますので必ず長袖長ズボンとタオルで虫よけ対策をし、安全の為に懐中電灯は持参しましょう。また、公園は21時までで閉園します。駐車場も締まってしまいますのでご注意下さい。おススメの鑑賞時間帯は19時~20時です。
「那覇市立森の家みんみん」ではホタル鑑賞ツアーも開催しています。土地勘の無い方はツアーに申し込むのが安全です。
沖縄県那覇市首里末吉町1-3-1
末吉公園
TEL:098-951-3229(那覇市環境保全課)
開園時間:9:00-21:00

沖縄県那覇市首里儀保町4-79-8
那覇市立森の家みんみん(末吉公園内)
TEL:098-882-3195
FAX:098-882-3196
休館日:火曜日
  • 沖縄県那覇市首里末吉町1丁目3
  • 0988855535

沖縄のホタル鑑賞スポット第2選 「ビオスの丘」(沖縄県うるま市)

約7万5千坪の広大な敷地面積があり、蛍だけでなく植物園として散策路で森林浴をしながら楽しむことができます。ここで見られる蛍の種類は、オキナワスジボタルです。

出典:enjoysyatiku.com

ただし、ビオスの丘は営業時間が9:00~18:00までですので蛍を見るためにはナイトツアーに申し込む必要があります。ナイトツアー予約者は18時30分~21時に入園することが出来ます。

出典:enjoysyatiku.com
沖縄ならではのアクティビティついでにホタル鑑賞できるスポットの「ビオスの丘」。昼間は水牛車に乗ったり、亜熱帯の植物を湖水鑑賞船でガイドさんに解説してもらいながら鑑賞して、夜はナイトツアーでホタル鑑賞できれば一日ビオスの丘に滞在して沖縄の自然を満喫するプランも有りです。園内ホタル鑑賞可能期間は5~6月頃で、ホタルがよく見られる時間帯は18:30~21:00です。
沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
ビオスの丘
TEL:050-5265-3388
営業時間:9:00-18:00(入園は17:00まで)
定休日:無休
駐車場:無料
eparkMamakoeで見る
亜熱帯の森で遊ぶ、学ぶ
  • 沖縄県うるま市石川嘉手苅961−30
  • 098-965-3400

沖縄のホタル鑑賞スポット第3選 「五枝の松園地」(沖縄県島尻郡)

樹齢250年余の琉球松。 枝が上へは伸びず地面を這い見事な枝振りを見せてくれる。 「クメジマボタル」の生息地でもあり、5月上旬には美しい乱舞がみられる。

出典:www.kanko-kumejima.com

美しい五枝の松の側でクメジマボタルが見られる。クメジマボタルは1993年に発見された、久米島だけに生息するホタルだ。園地の芝生では様々なホタルが飛びかう。オキナワスジボタルは春夏から秋まで出現が楽しめる。

出典:www.jalan.net
沖縄本島の那覇空港から飛行機で30分。久米島にあるホタル鑑賞スポットの「五枝の松園地」。天然記念物でもある「五枝の松」がある自然公園で、この松の周りにホタルが出現します。ホタルが見られる期間は長く、クメジマボタル4月中旬~5月上旬、クロイワボタル4月下旬~5月、オキナワスジボタル4月~9月となっています。久米島空港からは車で15分の場所にあります。
沖縄県島尻郡久米島町上江洲 771
五枝の松園地
TEL:098-985-7115
  • 沖縄県901-3138日本

沖縄のホタル鑑賞スポット第4選 「久米島ホタル館」(沖縄県島尻郡)

久米島で、年々、クメジマボタルが減りつつある中、久米島ホタルの会が、関わっている五枝のマツと、久米島ホタル館では、毎年、クメジマボタルを観る事が出来ます。

出典:kumehotarunokai.ti-da.net
先に紹介した、「五枝の松園地」同様、昔はクメジマボタルが乱舞していた浦地川一帯ですが、開発による土壌の変化などで一時はクメジマボタルが殆ど姿を見せない年が続いたそうです。これではいけないと立ち上がったのが「久米島ホタルの会」で、ホタルを取り巻く環境の保全に何十年単位で携わっています。最近になってようやく復活の兆しが見えてきた沖縄県久米島のホタル鑑賞スポットですので、マナー良くホタルの求愛行動を見守りましょう。「久米島ホタル館」ではナイトウォークツアーも開催されていますので、ホタルについてじっくり学んで帰って下さい。
沖縄県島尻郡久米島町大田420
久米島ホタル館
TEL:098-896-7100
営業時間:11:00-16:30
定休日:月曜・火曜
  • 沖縄県島尻郡久米島町大田420

沖縄のホタル鑑賞スポット第5選 「浦添大公園」(沖縄県浦添市)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する