• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
インドで最高にハッピーな日!日本で大人気の”カラフルラン”の元祖「ホーリー祭」

日本で大人気のカラフルラン”Color Run”や”Color Me Rad”などの元祖でもある、インドのホーリー祭り!毎年3月中旬頃に行われているこのお祭りは、実は「観光客はホテルから外へ出るなと言われるほど危険なお祭り」らしい。しかし、一度参加してみると、一生忘れられぬ想い出になることは間違いない!!!

このまとめ記事の目次

カラフルランの元祖でもある、インドの「ホーリー祭」

祭りが始まると友人知人はもとより通りがかった見知らぬ人にまで顔や身体に色粉を塗りつけたり、色水を掛け合ったりする。色粉を塗りあった後は「ハッピー・ホーリー」と言いながら抱き合うことも多い。

出典:ja.wikipedia.org

「ホーリー祭」とは?

ホーリー祭(Holi)とは、インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り。春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝う。

出典:ja.wikipedia.org

ホーリー祭はもともと豊作祈願の祭りであったが、その後クリシュナ伝説などの各地の悪魔払いの伝説などが混ざって、現在みられる形になった。

出典:ja.wikipedia.org

ホーリー祭の特徴である色粉や色水を掛け合う由来は、カシミール地方の伝承でこの日に人家に押し入ってくる悪鬼ビシャーチャを追い払うため泥や汚物を投げつけたのが始まりとされる。

出典:ja.wikipedia.org

ホーリー祭は多くの企業や商店が休みとなるのが一般だが、祭りが落ち着く夕方以降は開ける店も多い。またバスやトラックの運転手も祭りに参加しているので、当日の道路は閑散としている。

出典:ja.wikipedia.org

大人であっても、仕事を放り出して、思いっきり楽しむ!なんだかうらやましい・・・。

街中にいる限り、決して逃げることはできない・・・!

見知らぬ青年に顔や頭に色粉を付けられ背中に色水を入れられ、あっという間に体中がカラフルに。街に滞在する限り避けるすべはありません。

出典:gigazine.net

街全体でやるというのだから、もう規模が違う。。。

旅行者は目立つためか格好のターゲットとなり、みんなブリンダバンのホーリーでは色粉や色水で全身カラフルに染まっていました。

出典:gigazine.net

一度でも色粉や色水をくらうと「色粉&色水オッケーな人」とみなされ、次から次へと攻撃をくらってしまいます。

出典:gigazine.net

インド各地で行われているのですが年中の祭りのなかでは 最も危険と言われている

出典:gigazine.net

どさくさにまぎれて物を盗んだり、女性の胸やお尻を触るなどの被害が、毎年多く発生しているのだそう。参加する場合には注意が必要です!

今や、世界各国で大人気のイベント!

Color Run (カラーラン)

The Color Run は5㎞を走りながら、その時々の距離で頭からそのカラーパウダーを浴び、真っ白で走りだした姿がゴールには色とりどりに彩られます。その楽しみは、鮮やかな色の組み合わせはそれぞれ違いながら、色を掛けあい、思い出と幸せな時間を共有できる“色のお祭り”であること。

出典:thecolorrun.jp
日本では、東京ドイツ村に”カラーラン”が初上陸し、静岡でも開催されている。11月には、大阪での開催が決定!!日本各地で開催されるほどの大人気ランイベントとなっている。

Color Me Rad (カラーミーラッド)

COLOR ME RADの「RAD」とは「いかした」という意味のスラング、このイベントは5kmのコース内、1km毎に設置されたカラーステーションで、色とりどりの「カラーパウダー」を浴びながら走る、まさに「RAD」な自分になれる「ランニング」×「エンターテインメント」イベント。

出典:colormerad.info

南アフリカやフィンランド、ノルウェー、イギリスなど10カ国の地域で開催されている

2014年4月に、稲毛高原で第一回目となるイベントが行われ、大盛り上がり!!現在では、沖縄や新潟、福岡、東京で開催が決定している。

カラフルに汚れた者が勝ち!

街中が、これほどカラフルでハッピーに溢れている日があるのでしょうか!参加する際には注意が必要ですが(特に女性)、一度参加すれば、それはきっと一生の思い出になることでしょう♪

▼RETRIP公式のキャンペーンもチェック✔

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する