• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今年も絶対盛り上がる!世界の少し変わった「ハロウィン」都市6選

毎年10月31日に盛り上がりをみせるハロウィン!ただ一言で「ハロウィン」といっても、国によっては少し変わったスポットがたくさんあるんです。今回は歴史を交えた世界各地のハロウィンのあり方をご紹介します!

このまとめ記事の目次

①デリー(北アイルランド)

北アイルランドのデリーはハロウィン発祥の地。毎年10月31日には、世界最大級のハロウィンカーニバルが開催されています。今年もハロウィン当日には、様々な盛大なカーニバルパレードや花火が繰り広げられるほか、子供向けのゴーストストーリお話会、カーニバル用の小物を作るワークショップなど、様々なイベントが催され、ハロウィン一色に染まります。もちろん観光客の参加も大歓迎!本場のハロウィンを一度体験してみては?

②セイラム(アメリカ)

ハロウィンシーズンが盛り上がる国として有名なのがやっぱりアメリカ! 中でも、ボストンから車で30分に位置するセイラムという街はハロウィン。何よりこの街は、かつて魔女裁判が行われていたことで知られる「魔女の街」。魔女博物館や魔女の家など、「Witch(魔女)」と名のつく施設が多く存在し、毎年10月になると世界中から自称・魔女が集まり「魔女たちのハロウィン」が行われます。セイラムならではのゴーストツアーや、魔女裁判の再現などが見所。すこし怖そうなイベントでもありますが、観光客も大歓迎とのこと!

③シャランドレ(フランス)

フランス、 シャンパーニュ・アルデンヌ地方に位置するシャランドレという小さな町は、「ヨーロッパ のセーラム」とも呼ばれている町。ここでも、かつて魔女狩りが行われていた歴史があり、毎年10月には「Fete des Sorcieres (魔女祭り)」が開催されます。

④ルーマニア

ルーマニアでは元々ハロウィンの習慣はなかったようですが、あの有名な「ドラキュラ伯爵」の誕生の地であることから、ドラキュラとハロウィンにちなんだイベントが開催されるようになりました。ハロウィンの日にはども達向けにパーティーを開くところが増えてきているようで、中では、学校主催でナイトクラブを貸し切ったダンスパーティーを開催するところもあるそうです。

⑤イギリス

400年前に起きた事件を記念した「ガイ・フォークス・デイ」のほうが盛り上がるんだとか。こちらは11月5日に行われるもの。ガイ・フォークスいうカトリック教徒が、国王ジェームズ1世を殺すために、国会議事堂を爆破しようとしたが寸前で発覚し、翌年に処刑された事件。この事件を記念するため、ガイ・フォークスと呼ぶ人形を作って、町中を一日中引き回し、夜になって焼きすてる風習が生まれたそうです。

⑥ニューヨーク(アメリカ)

くりぬかれたカボチャをつかって街中を彩る祭典「ジャック・オー・ランタン・ブレイズ (The Great Jack O’Lantern Blaze)」。ニューヨークで毎年開催されるこのイベントは、ハロウィンの夜を25日間に渡って恐竜や怪物がイルミネーションが軒を連ねます。
一言でハロウィンといっても、世界各地では様々なかたちのハロウィンが行われるようです。日本のハロウィンも盛り上がりますが、できることなら本場のハロウィンも経験してみたいものですね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

mamik楽しいことが大好きです!

このまとめ記事に関して報告する