• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今日はどこに入る?宮城県鳴子温泉郷「東鳴子温泉」で日帰り入浴5選

宮城県大崎市の鳴子温泉郷には5ヶ所の温泉地があります。今回はそのうちのひとつ「東鳴子温泉」をご紹介したいと思います。宮城の「東鳴子温泉」で日帰り入浴ができる旅館を5ヶ所ピックアップしてみました!

このまとめ記事の目次

東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)とは

東鳴子温泉は鳴子温泉の一つ手前のJR陸羽東線「鳴子御殿湯」駅を降りてすぐのところにあります。湯治宿が並び、商店や食事処もいくつかあります。

東鳴子温泉は鳴子温泉の一つ手前のJR陸羽東線「鳴子御殿湯」駅を降りてすぐのところにあります。湯治宿が並び、商店や食事処もいくつかあります。

安永年間に仙台藩の御殿湯が設けられたことで知られる。
現在も中小規模の旅館が並び、昔ながらののどかな温泉地を形成している。
湯治の設備が整う宿も多く、温泉保養に最適だ。

出典:travel.rakuten.co.jp

湯巡りにお得な「湯めぐりチケット」

jalanで見る
  • 宮城県玉造郡鳴子町大口字赤湯

1.旅館大沼(りょかんおおぬま)

混浴の大浴場「薬師千人風呂」。壁には天子達が描かれています。

混浴の大浴場「薬師千人風呂」。壁には天子達が描かれています。

お湯は薄い黄褐色をした,かすかに特有のタール臭がある源泉掛け流しで,大浴場の薬師千人風呂は結構熱めですが,貸切露天風呂「石割の湯」は小さいながら適温で快適でした。

出典:onsen.nifty.com

とにかく温泉の泉質がすごい! 翌日の朝には肌がすべすべになっていて吃驚しました。

出典:travel.rakuten.co.jp
旅館大沼は2種類の源泉と8つのお風呂があり、そのうちの5ヶ所に日帰り入浴で入ることができます。混浴の大浴場「薬師千人風呂」が1番人気のようです。小さいですが女性専用の「天女風呂」もあります。
それから「ふかし風呂」という床下に温泉を流し、その熱で温まる変わったタイプのお風呂もあります。服を着たまま気軽に入れるので本を読みながら寝そべると、ポカポカして気持ちが良くそのままうっかり寝てしまうことも…。

基本情報

【住所】宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34
【アクセス】JR陸羽東線鳴子御殿湯駅から徒歩5分
       東北自動車道古川ICから国道47号を鳴子方面へ40分
【駐車場】あり
【日帰り入浴時間】11:00~14:00
※離れの貸切露天風呂「母里の湯」及び、4階の「陰の湯」「陽の湯」はご利用になれません。
【電話番号】0229-83-3052
【泉質】①純重曹泉、②含食塩・芒硝-重曹泉
【入浴料】大人500円、小人300円
【湯めぐりチケット】大人2枚、小人1枚
rakutenで見る 他の提供元を表示4件
  • 大崎市鳴子温泉赤湯34
  • 0229-83-3052

2.高友旅館(たかともりょかん)

当館自慢の天然温泉「黒湯(くろゆ)」は暗緑に濁った鳴子温泉郷唯一の鉄天然ラジウム泉。日本屈指の名湯と呼ぶ人もあり、濃厚なお湯で湯上り後も温熱感が去りません。

出典:www.takatomo-ryokan.com

浴場の扉を開ける前から漂う強烈なアブラ臭。ガソリンの匂いにも似た、久々に頭がクラクラしそうな個性ある湯が待っていました。

出典:onsen.nifty.com
黒湯で有名な高友旅館では4種類の源泉、7つのお風呂があります。こちらの旅館はまさに湯治場という雰囲気で昭和時代にタイムスリップしたように感じることでしょう。
お風呂は混浴、男性専用、女性専用それぞれあるので日帰り入浴では全部入ることはできませんが、どのお風呂も個性的です。黒湯は混浴になります。湯の色は黒色というより深い緑色をしています。独特の油のような香りがする湯で、最初は驚いてしまうかもしれません。

基本情報

【住所】宮城県大崎市鳴子温泉大口鷲ノ巣18
【アクセス】JR陸羽東線鳴子御殿湯駅から徒歩3分
       東北自動車道古川ICから国道47号を鳴子方面へ40分
【駐車場】あり
【日帰り入浴時間】10:00~16:00
【電話番号】0229-83-3170
【泉質】①純重曹泉、②重曹硫化水素泉、③含土類-重曹泉、④含土類-重曹泉
【入浴料】大人500円、小人250円
【湯めぐりチケット】大人2枚、小人1枚
rakutenで見る 他の提供元を表示2件
  • 宮城県大崎市鳴子温泉鷲の巣18
  • 0229-83-3170

3.いさぜん旅館(いさぜんりょかん)

「いさぜんの湯」の浴場では壁を挟んで「炭酸泉」と「鉄鉱泉」の2種類が楽しめます。

「いさぜんの湯」の浴場では壁を挟んで「炭酸泉」と「鉄鉱泉」の2種類が楽しめます。

浴場は男女別のものと混浴風呂があります。混浴風呂が良いですね。二つの源泉を使っており、一つはぬるい泡つきのある黒石油泉。もうひとつは熱いです。二つの浴槽は一枚の壁で仕切られています。

出典:onsen.nifty.com

お風呂の造りも雰囲気ありましたし
お湯も一見優しそうに見えて強力なのがたまりませんでした
特にラジウム系のお風呂にはやられました

出典:onsen.nifty.com
いさぜん旅館には3種類の源泉と混浴、男女別、露天など合計6つのお風呂があります。混浴の「いさぜんの湯」には1つの浴室に2つのお風呂があり、両方入り比べることができます。
こちらの旅館も古き良き湯治宿の雰囲気を堪能できる佇まいです。タイミングが合えば旅館の猫に出会えるかもしれません。

基本情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Tami自然の景色、温泉、お城、お酒が好きです

このまとめ記事に関して報告する