• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
行く前にこれだけは押さえて!魅惑の国モロッコ基本情報5選

映画に映る美しい街並み、可愛い雑貨、珍しい料理...今、モロッコに興味を持っている人が急増中って知ってました?でも、実際に訪れるとなると、あまりイメージが湧かないのが本音...そこで、モロッコへの旅行計画の最初のステップ、モロッコ基本情報を5選形式でまとめました。

このまとめ記事の目次

1.どうやって行くの?

今回は、モロッコへの行き方として定番のエミレーツ航空利用のドバイ経由カサブランカへ。成田~ドバイまでは飛行時間約11時間15分。

出典:blog.goo.ne.jp

昔は36時間も40時間もかけて行ったもんだが、これでも短くなったのかな

出典:photos-seki.la.coocan.jp
基本情報その1は、行きかたです。

モロッコへの日本からの直通便はないので、どこかで乗り継ぎをすることになります。経由地も色々ありますが、多いのはパリや、イスタンブールを経由してカサブランカに入るルート。

成田からパリを経由してカサブランカに入るルートでは、約16時間。イスタンブールを経由する場合は約18時間かかるようです(乗り継ぎ時間は含まず)。移動だけでも結構体力が必要そうなので、余裕のある旅程を組むのがおすすめです。

調べる中で見つけたある人の旅行記録では、航空代金15万程度という強者も!LCCを利用したり、時期もありますが、詳しく調べてみると意外に安く行けるのかもしれませんね。

2.通貨は?物価は高いの?

モロッコの通貨ディルハムDH

物価は日本の半額から4割くらいだと思っていれば間に合っていたように思います.ただし日本でもリゾート地で缶ジュースが200円したりするのと同様に,一部観光客向けに多くとっている店が存在します.

出典:d.hatena.ne.jp

マラケシュで1.5リットルの水は7DHでした。サンドイッチは25DHぐらいでした(これしか食うものないです)。ちなみに、カサブランカの方がマラケシュより物価安いです。

出典:deutschreisen.web.fc2.com
基本情報その2は、お金です。

モロッコの通貨はディルハムで、現地で日本円から両替できます。補助通貨はサンチームなのですが、地方では古い通貨単位リアルも使われています。日本ではちょっと想像できないですね。1ディルハム=100サンチーム=20リアル、という計算になります。

注意したいのは両替です。日本国内でディルハムへの両替はできないので、現地の空港、銀行、両替所、ホテルで両替をしてください。1ディルハムが約12円です。(2016年1月現在)

物価に関しては、富裕層向け、地元民向けの価格差が大きくて一概には言えないのですが、輸入品でなければ日本よりはかなり安いようです。コーヒー1杯が約8DHなので、100円しないことになります。

3.言葉は?英語は通じる?

モロッコの公用語はアラビア語とベルベル語です。第2言語はフランス語です。

出典:miraitours.wordpress.com

『アッサラーム アレイコム(こんにちは)』が言えただけで、初めましてのモロッコの人も「お?おお〜!ようこそ〜!」って感じに(推測)笑顔になってくれた。

出典:sumire30.exblog.jp
基本情報その3は、言葉です。

モロッコの公用語はアラビア語とベルベル語、第2言語はフランス語です。でも、日本人でこれらの言語を操れる人は少ないのではないでしょうか...。でも、観光客が行くような場所であれば、英語が通じる人がいるようなので、安心してくださいね。

ありがとう=「シュクラン」、こんにちは=「アッサラーム・アレイコム」の2つは言えるようにしておくのがおすすめです。

4.相手の文化で気を付けることは?

「モロッコは、アフリカの一員でありながら、ヨーロッパの影響を受け、また文化的にはアラブ・イスラム諸国に連なり…という風に3つの顔をもつ国です」

出典:www.link-gs.co.jp
基本情報その4は、文化です。

モロッコがイスラム教の国です。イスラム教と言えば、「豚とお酒はダメで、女性は肌を隠して...」という厳しい戒律のイメージがあるのではないでしょうか?旅行者は実際にはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

まず、お酒についてです。国の法律でも飲酒は禁じられていますが、購入については規定していません。でも、イスラム教ではお酒NGですので、お酒を飲むことやお酒に触れるのは避ける人が多いようです。

なので、旅行者はお酒を別に飲んでいけないわけではないですが、短い旅の間ですし、郷に入っては郷に従えでお酒を控えたほうがいいのではないか、と感じます。

次に、女性の服装です。普通に肌を露出している旅行者も多いようですが、変に声をかけられないためにも、紫外線対策としても、あまり肌を露出しない方がいいように思います。ヒジャブをしなくても大丈夫ですよ。

5.代表的な観光スポットやグルメは何?

基本情報の最後は、モロッコで人気の観光スポットとグルメを紹介します。これを読んだら、ますますモロッコに行きたくなるはず!

マジョレル庭園

モロッコのマラケシュにあるマジョレル庭園は、デザイナーのイヴ・サンローラン氏がのゆかりの場所です。庭園内のイスラム美術館にはサンローラン氏が所有していた北アフリカの美術品が展示されています。

ブルーの外壁がとても美しいですね。この外壁のブルーは「マジョレル・ブルー」と呼ばれているそうです。

シャウエン旧市街

「青い町」として有名なシャウエン。山間の比較的小さな町の外壁が真っ青に塗られていて、町全体がまるで芸術品のようです。

実は、この色はちゃんと理由があるんです。この青はもともとこの町に住んでいたユダヤ人にとって神聖な色で、その伝統が今でも続いているんです。一説には虫よけや、暑さ対策なんて話もあります。

クスクス

モロッコの代表的な料理といえば、そう「クスクス」です。日本だと、豆や米だと勘違いしている人が多いんですが、小麦に水を含ませてそぼろ状にしたものなんですよ。

一つ気を付けてほしいのが食事のマナー。イスラムの教えでは左手は不浄とされるため、食事の際に左手で食べ物に触れるのはタブーです。

モロッコ料理では牛肉と羊肉がよく使われますが、近隣諸国に比べるとあまり辛くないので、日本人の口には合いやすいようです。ぜひ、色々なものを食べてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?気になっていたけど、あまり知らなかったモロッコのことが、少し見えてきましたか?基本情報を活用して、素敵な旅行をしてくださいね!もっとモロッコについて知りたい人向けに、いくつかサイトをピックアップしたので、参考にしてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する