• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
神秘の世界遺産!カンボジア・アンコール遺跡群の魅力と巡り方

一生に一度は訪れたい!人気の世界遺産アンコール遺跡群。 1992年に世界文化遺産に登録されたカンボジアのアンコールには、数百にも及ぶ遺跡が点在しています。 このまとめではカンボジアの世界遺産・アンコール遺跡群の魅力と定番の巡り方について紹介します。

このまとめ記事の目次

カンボジアの世界遺産 アンコール遺跡群とは

数百年間、密林の中に埋もれていた神秘の都市

アンコールの遺跡群はカンボジア北西部シェムリアップ州の北側にある世界遺産で、9世紀から15世紀にかけてカンボジアを支配したクメール王国のアンコール朝の首都跡です。

15世紀に王朝が滅ぼされた後は19世紀に発見されるまでの数百年間、カンボジアの人々の記憶からも忘れ去られ、密林の奥深くにひっそりと埋もれていたという、何とも神秘的な古代都市なのです。

広大なエリアに広がる遺跡の数々

世界では例をみないほどの大遺跡群といえるカンボジアのアンコール遺跡は、約400km2の広大なエリアに700を超える数の寺院や王宮などが点在しており、未発掘のものも含めるとその数は1,000以上とも言われています。

カンボジアでは9世紀以降、約550年にわたり、26名の王達によって、いくつもの都城が造られました。世界的に有名な「アンコール・ワット」を始め、主要な遺跡だけでも62箇所にわたって現存しています。

出典:www.athome-academy.jp
【世界遺産データ】
登録名:Angkor
登録区分:文化遺産
登録年:1992年
国名:カンボジア
アクセス:シェムリアップ中心地から車で約15~25分

ここだけは押さえておきたい!世界遺産アンコールの必見スポット

アンコール・ワット

アンコール・ワットはカンボジア北西部にあるヒンドゥー教寺院で、「アンコールの遺跡群」のひとつとして世界遺産に登録されました。アンコールはサンスクリット語で「王都」、ワットはクメール語で「寺院」という意味。現在はカンボジア国旗にも描かれている、国を象徴する遺跡となっています。

出典:worldheritagesite.xyz
カンボジアの世界遺産と言えばアンコール・ワットですよね。全体の大きさは東西1500メートル、南北1300メートル、東京ドーム約15個分の広さをもっています。
見どころのひとつ、回廊の壁面は繊細なレリーフで埋め尽くされていて、インドの叙情詩「ラーマヤナ」やヒンドゥー教の天地創造神話「浮海攪拌」などのお話が描かれています。
ただ見るだけでもその美しさに圧倒されますが、事前にどんな物語が描かれているのか調べておくとより一層楽しめますよ。
三重の回廊の上には天に向かってそびえる5つの祠堂が建てられており、中央祠堂は神々が住むといわれるインド神話の霊峰メール山をイメージして造られたといわれています。
階段はかなり急ですが、上からは周囲の伽藍とカンボジアの森林が一望できますので、ぜひ足元に気をつけながら登ってみましょう。
Photo by slash__
早起きができればアンコール・ワットから眺めるサンライズもお勧めです。朝日に照らされ
る寺院は、より一層神秘的な姿を見せてくれます。
朝は観光客が少なく静かですので、寺院の内部に入って朝日の差し込む中で神聖な雰囲気を味わうのもおすすめです。

アンコール・トム

アンコール・トムはカンボジア北西部にある「アンコール遺跡群」のひとつで、世界遺産に登録されました。アンコール・ワットの北にある城砦都市遺跡です。

出典:worldheritagesite.xyz
アンコール・トムは一辺が3kmの堀と高さ8mの城壁に囲まれており、城砦都市の遺跡であるため様々な建築が点在しています。
アンコール・トムの中央付近にある「バイヨン」はヒンドゥー・仏教混交の寺院跡で、中央祠堂や塔の4面に彫られた人面像が独特の雰囲気を醸し出しています。
この表情は「クメールの微笑み」と呼ばれているそうで、それぞれ表情が少しずつ違うらしいです。
延長300mを超える「象のテラス」は公的儀式の閲兵式の際に用いられた場所で、柱に象の彫刻が彫られています。この象たちの鼻先をよく見ると、蓮の花や食べ物を掴んでいます。可愛らしいですね。
東西35m、南北28mのピラミッド形建造物「ピミアナカス」は建立当時は王族以外の一般人は近づけない神聖な場所だったとのことです。
アンコール・トムには他にもたくさんの見所がありますので、じっくり見学したい方は半日程度みておいたほうがいいでしょう。

タ・プローム

カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。

出典:ja.wikipedia.org
アンコール・トムの東側に位置し、東西約1000m南北約700mの壁に囲まれた敷地の中にあるこの遺跡は、遺跡全体が樹木に包み込まれており寺院と樹木が一体になっています。
遺跡を包み込んでいる樹木はガジュマルで樹齢300年とも言われています。
寺院の内部には入ることができます。
仏像も包み込まれています。
カンボジア政府はあえて樹木の除去などの修復はせずに、樹木に覆われた発見当時の様子を残す方針を取っているそうです。
寺院の荒廃がカンボジア・アンコールの長い歴史を感じさせ、自然の生命力をまざまざと見せつけられますね。

広大なアンコール遺跡群の巡り方

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する