• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
美味い店が多すぎる!「黒門市場」のホンマ素敵な魅力をご紹介

ちょっと前までは”地元の市場でありプロの料理人が仕入れに行く市場”という印象が強かったのですが、今や”大阪を代表する観光名所で食べ歩き天国”という方があっている「黒門市場」。そこには商売に対する大阪商人のたくましさが!今日も威勢のいい掛け声がこの「黒門市場」に響き渡っています。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

「黒門市場」の成り立ち

「黒門市場」の歴史

「黒門市場」の歴史は文政5年にまでさかのぼります。当時この辺りには「圓明寺(えんみょうじ)」と呼ばれる大きなお寺があったことから初めのうちは「圓明寺市場」呼ばれていました。そのお寺の北東に向かって黒い山門があり、その門にあやかっていつしか「黒門市場」と呼ばれるようになりました。

「黒門市場」の“食べ歩き天国”への道

そんな長い歴史を持ち、大阪ミナミの台所として長い間愛され続けてきた「黒門市場」。実は近年”食べ歩き天国”として外国人観光客や若者に人気が高いのをご存知でしょうか?大阪と言えば「天下の台所」と言われる場所。人気が出ないわけないですよね。
近頃ありがたいことに日本に観光にくる外国人の方も増え日本の文化が今まで以上に海外で受け入れられるようになってきました。そんな日本の食文化を広めるのにまさにうってつけなのがここ「黒門市場」ではないでしょうか。

「黒門市場」のフリーペーパーを手に入れよう

photo by tamas_kobo photo by tamas_kobo

photo by tamas_kobo

訪日外国人が観光のコースに「黒門市場」をいれる大きな要因としてフリーペーパーの存在があるそうです。大阪のホテルなど観光に来た人の目に触れる場所に用意されていて、主要な外国語でそれぞれ記載されているので分かりやすいのだとか。「黒門市場」の地図や情報が載っているフリーペーパーは、ぜひ手に入れたいですね。
そしてなんと言っても大阪と言えば“食い倒れ”。”食べ歩き”をコンセプトに「黒門市場」は、さながら巨大フードコートに様変わり。こうして「黒門市場」は人気観光グルメスポットへと変わっていったんだそうです。

「黒門市場」のおもてなしは外国人旅行者をとりこにした

photo by tamas_kobo photo by tamas_kobo

photo by tamas_kobo

人気を高めた理由はほかにもあるようです。”食べ歩き”ができるような商品を作ったり、買ったものをすぐその場で食べられるように店先にテーブルを置いたり。魚介類や肉はその場でさばいたり焼いてくれるというのもうれしいですよね。より新鮮なものが食べられると喜ばれています。

うれしいサービスも

photo by tamas_kobo photo by tamas_kobo

photo by tamas_kobo

店舗の数も多い「黒門市場」食べ歩き続けるのも疲れますよね?ご安心ください市場内にはなんと”無料休憩所”もあるんだとか。さらに嬉しいのがトイレやごみ箱が設置されていたり、フリーWi-Fiのスポットまで、日本のおもてなしが喜ばれています。
photo by tamas_kobo photo by tamas_kobo

photo by tamas_kobo

「黒門市場」のおすすめのお店

①魚問屋 深廣商店(ふかひろしょうてん)

photo by tamas_kobo photo by tamas_kobo

photo by tamas_kobo

ふぐ、はも、天然活魚など新鮮な魚介類がそろう「深廣商店」。店頭にある魚を選ぶとその場で海鮮丼やお造りにしてくれるんだとか。店頭で行われるマグロの解体ショーなどは海外からも人気の高いパフォーマンスになっているそうです。
photo by tamas_kobo photo by tamas_kobo

photo by tamas_kobo

店内にイートインスペースがあるのもありがたいですね。好きなお刺身を選んで、丼飯代300円プラスで、海鮮丼を作ってくれます。普段は高級で手が出ないお魚も新鮮でリーズナブルに食べさせてもらえるの市場の醍醐味ですよね。
【主な取扱商品】ふぐ、はも、アワビ、その他鮮魚
【住所】〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-22-23
【TEL】06-6633-3000
【営業時間】9:00~19:00
【定休日】無休
※詳細は公式サイトをご参照ください。
  • 大阪府大阪市中央区日本橋1-22-23
  • 0666333000

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する