• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
黄金の島へこいっちゃ!「史跡 佐渡金山」ここだけは絶対外せません!佐渡観光

佐渡の代表的な観光スポット「史跡 佐渡金山」。徳川幕府260年も続いた財政を支え、巨大な山もを二つに割る人が持つ金への執着心の凄さを改めて感じる”佐渡のかなやま”。「史跡 佐渡金山」が世界遺産に登録される前にゆっくりと尋ねてみませんか?

このまとめ記事の目次

史跡佐渡金山 400年の歴史を見る

史跡佐渡金山の歴史の多くは、佐渡の相川地区に残ります。佐渡には他にも砂金銀山があったので、相川金銀山とも呼ばれます。


相川金銀山は、16世紀末から400年間稼働した日本最大の金銀山です。

大露天掘りの跡 道遊の割戸(どうゆうのわりと)

間ノ山搗鉱場(あいのやませんこうば)辺りから見た道遊の割戸(どうゆうのわりと)

金に取りつかれた人々が掘り進んで山を割ってしまいました。

露天掘りとは、原始的な採掘のひとつで穴(坑道)を掘らないで地表から直接、らせんを描くように掘っていく方法です。

今回は昔の坑道に行きました。蝋人形が昔の様子を表しています。また、金を取り出す「やわらぎ」という儀式の様子が興味深かったです。この儀式で、岩を柔らかくして金を取り出していたそうです。是非、世界遺産に登録されてほしいです。

出典:www.tripadvisor.jp

道遊の割戸の下はこうなってます!

写真で見るより、実物はど~んとしてかなり迫力あります。佐渡金山の道遊コース(明治官営鉱山コース)ですとすぐ側まで行けます。

史跡佐渡金山 見学コースは2つ

佐渡金山には見学コースが2つあります。


江戸時代からの手掘りの坑道を見て歩く「宗太夫(そうだゆう)江戸コース(江戸金山絵巻)と近代日本が垣間見れる「道遊(どうゆう)明治コース(明治官営鉱山)」です。

秀吉が使った金は砂金時代の金で、家康以降は掘って出た金を使ったことを勉強。しかし、江戸期の金鉱は見事でした、排水と空気の送風技術、精錬の技術、人間の富への執着はすご過ぎます。

出典:www.tripadvisor.jp

こちらが史跡佐渡金山見学への入り口

道遊コース(明治)も宗太夫コース(江戸)もどちらも、こちらからお進みください!

①江戸金山絵巻 宗太夫抗(そうだゆうこう)コース 国指定史跡

道路沿いにひっそりとあるかつての入り口「宗太夫抗(そうだゆうこう)」。鉱山の坑道にはその坑道を管理する山師の名前が付けられました。


大山祇(おおやまずみ)と書かれている中央の立て札は山の神様、鉱山を守ってくれた大山祇神社のことです。

薄暗い地下道を進んでいくと当時の掘っている様子を人形達が再現してくれています。観光ルートとして開放されているのはほんの一部、未開放の掘り跡が無数にあるようです。

出典:www.tripadvisor.jp

突然こちらを向いて一言!「馴染みの女に会いてぇなぁ~」

当初、水替人足は町方や農民が中心で高給金で募集により、行われていました。鉱山が栄え、坑道が深く堀り進むと水替えの仕事は重労働となり、人手不足を補うことと、江戸の治安維持、見せしめ的な要素が強くなり、水替人足(みずかえにんそく)が罪人という歴史が残りました。

坑道見学後は資料館へ 金の延べ棒をつかむのだ!

第1、第2と分かれて展示された資料館は史跡佐渡金山の貴重な資料が沢山展示されています。

リアル体験できちゃう時価6千万の「金の延べ棒」つかみにソソラレテ資料館を見逃さない様に!

金鉱石の採掘状況を人形を使っての解説で具体的に分かって良かった。全採掘量で金が78tに対して、銀が2,330tと銀が圧倒的に多いのが意外。金塊を取り出すイベントをやっているが、挑戦するのも面白いかも。取り出せると記念品がもらえるよ。

出典:www.tripadvisor.jp

そのままの状態で残っていた明治編の方が歴史を感じられて面白かったです。
江戸編は、観光地として設備が整っていたので、時間的に厳しいと言う人は、江戸編の方がオススメかも。

出典:www.tripadvisor.jp

資料館のジオラマがリアルですごい!

説明いりません!佐渡金山資料館のジオラマは、ほんとよくできてます。時間が許される方はとにかく、じっくりご覧ください。

出典:www.youtube.com

史跡 佐渡金山の金の延べ棒取り出す方法 - YouTube

史跡佐渡金山の資料館にある、金の延べ棒の取り出し方を、佐渡金山の魅力とともに映像でご紹介。金の延べ棒取り出しチャレンジは、宗太夫坑コースを選択しましょう。坑道を抜けた資料館の第二展示室に、金の延べ棒が置いてあるBOXがあります。 取り出すと記念品がもらえます。もちろん、金の延べ棒のお持ち帰りは出来ません。 htt...

簡単そうに見えますが…そうはいきませんよ~。12.5キロをまず片手で持ち上げる力がないと。”なでなで”するだけでも金運あがりそうですね

②近代日本が垣間見れる「道遊(どうゆう)明治コース(明治官営鉱山)」

戦争の影が色濃くなると国策として金銀の大増産が図られるようになり当時、佐渡金山も一大施設として日本を支え、栄華を放ちました。


産業的遺産をたっぷりと残す史跡佐渡金山は、日本で群を抜いてその景観がそのまま残っています。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Kemuyuぷち旅行好きで☆お菓子好き♪
チョットした歴女?!かもしれません。
違った視点で、旅行を楽しむポイントご紹介できたらうれしいですっ

このまとめ記事に関して報告する