• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
江戸時代から続く矢切の渡しで、ほっこり癒される渡し船観光。

江戸時代初期から続く柴又と対岸の千葉県を結ぶ渡し船、矢切の渡し。都内最古の渡し船の渡場で、現在では唯一残っている渡し場でもあります。大きな観光船のような派手さはありませんが、ほっこり癒される渡し船観光を矢切の渡しで体験してみませんか?

このまとめ記事の目次

江戸時代から続く渡し場、矢切の渡し

矢切の渡しは、江戸時代初期から続く柴又と対岸の千葉県を結ぶ渡し船です。千葉県側は江戸川の下流に近い下矢切に渡し場があります。伊藤左千夫の名作「野菊の墓」でも知られるところで、以前は市川市方面や東京都の柴又を結ぶ重要な交通機関でした。

矢切の地名は、江戸川の渡し舟として有名な矢切の渡しの由来でもある。江戸川をはさむ矢切と東京都葛飾区柴又を結んでおり、現在も渡し舟が運行されている。渡船の料金は大人200円、子供・自転車各100円。「房総の魅力500選」に選定されているほか、柴又帝釈天界隈とともに環境省の「日本の音風景100選」に選定されている。

出典:ja.wikipedia.org

この渡しが日本全国に有名になったのは、明治時代の伊藤左千夫の小説『野菊の墓』(1906年)によるところが大きい。現在、矢切にこの小説の文学碑が建立されている。 また、矢切の対岸柴又を舞台とする映画「男はつらいよ」シリーズの作中にも、しばしば登場する。

出典:ja.wikipedia.org
現在も矢切の渡しは、江戸川堤と柴帝釈天とを結んでおり、ハイキングや観光を楽しむ人で賑わっています。

天気のいい日に渡し船に揺られる気分は格別です!

柴又のついでに寄らせてもらいました。 最後の便だったが船頭さんが優しく対応してくれいろんなお話や風景をサービルしてくれてとても楽しかったです。ちょうど夕暮れ時で夕日もキレイで素敵な時間を過ごせました

出典:www.jalan.net

寅さんで有名な柴又にあります。柴又駅は寅さんの銅像があり、そこから柴又帝釈天まで商店街があり食べ歩きを楽しみ、帝釈天の先に矢切の渡しがあります。矢切の渡しのみではなく、柴又全体をめぐって楽しむのがオススメです。

出典:www.jalan.net

船がとても、楽しめると思います 家族でもカップルでも楽しめる場所だと思います 空の下で天気も良かったので気持ちよかったです♪

出典:www.jalan.net
矢切の渡しは、船頭さんが親切だったという口コミも多いので安心して利用できますね。家族でも友達でもカップルでも楽しい時間を過ごせること間違いなしです!

矢切の渡しと一緒に楽しみたい、柴又観光!

柴又帝釈天

柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)は、東京都葛飾区柴又七丁目にある日蓮宗の寺院の通称である。正式名称は経栄山 題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。旧本山は大本山中山法華経寺。親師法縁。

出典:ja.wikipedia.org
柴又帝釈天は「彫刻の寺」とも呼ばれるほど、境内のお堂は所狭しと美しい彫刻達がならんでいます。近くで眺めるとため息が出るほどに繊細な彫刻です。

東京一の日本庭園、山本亭

大正末期に建てられた山本亭は、趣ある書院造に西洋建築を取り入れた、和洋折衷の建築が特徴の建造物です。合資会社山本工場(カメラ部品メーカー)の創立者、故山本栄之助氏の住居として建てられ、大正12年の関東大震災を期に、浅草の小島町から現在地に移転。大正15年から昭和5年までに増改築を重ねました。

出典:www.katsushika-kanko.com

270坪の典型的な書院庭園は、米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living〜ランキング調査(2014年)で、第3位に評価されています。全国900カ所以上の旧所名跡、旅館、旧別荘が対象となっているこの調査において、順位が公表された2003年以降、山本亭は常に7位以内にランクインしています。

出典:www.katsushika-kanko.com
山本亭はアメリカの日本庭園専門誌でも高い評価を受けている美しい日本庭園が特徴の建物です。邸宅内の造りやインテリアも非常に美しいため、海外からも沢山の人たちが山本亭を見に訪れています。

矢切の渡しへのアクセス

いかがでしたでしょうか?今回は東京都内で唯一渡し船を楽しめる、矢切の渡しとその周辺の見どころを紹介しました。天気のいい日に是非訪れてみてくださいね!
【東京側から】
京成金町線柴又駅または京成バス小55系統の柴又帝釈天停留所より徒歩で10分。

【千葉県側から】
方法1:JR常磐線、新京成線松戸駅西口より京成バス矢切の渡し行きで終点下車、田園地帯・堤防を歩き凡そ20分。
方法2:JR常磐線、新京成線松戸駅西口より京成バス矢切駅経由市川駅行きで下矢切停留所下車の場合は、野菊の墓文学碑を経由する散策が可能(約30分)。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Rarumoヨーロッパ大好き、イタリア在住です♥

このまとめ記事に関して報告する