• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
東北を攻めるならココがおすすめ!登山スポットランキング15選

奥羽山脈を通る東北エリアは登山スポットも多く、たくさんの登山マニアたちが各山々のコースを堪能しています。特に東北地域は明峰八甲田山や世界自然遺産に登録されている山も多く、登山を趣味としている方をはじめ多くの方が足を運んでいるエリアでもあります。そんな東北エリアでは、どんな山岳やコースがあるのでしょうか?この記事では初心者からベテランまで楽しめる東北登山コースを、15項目のランキングでご紹介していきます!

このまとめ記事の目次

第15位 室根山(むろねさん)/岩手県

室根山の8合目の室根神社は、神輿(みこし)を担ぎ降ろす「荒祭り」として有名で、閏年の翌年の旧9月19日を大祭日としている。祈壁駅または国道284号線では、室根村に入るとどこからでもこの山が目に入る。

出典:www.yamakei-online.com

山頂からは、近くは北に臥牛状の五葉山、とがった愛染山、手前に種山の続きの大鉢森山が見える。下りは室根神社へ。千年杉やヒノキなどの樹間の表参道を下る道だ。

出典:www.yamakei-online.com
第15位にランキングしたのは室根山(むろねさん)で、室根高原県立自然公園の一部でもあります。季節によってさまざまな植物がみることができ、春はツツジ夏は深緑に包まれ秋は紅葉と行く時期によっても山肌が鮮やかなので、一年に何度も足を運ぶ方が多い山です。
名称:室根山(むろねさん)
住所:岩手県一関市室根町
  • 岩手県一関市室根山

第14位 朝日岳(あさひだけ)/山形県・新潟県

第14位にランキングしたのは朝日岳(あさひだけ)で、日本百名山の一つでもあります。場所も山形県の新潟県の県境に位置しており、なだらかな山道とさまざまな高山植物もあり初心者にも歩きやすいコースが多いです。トレッキングコースやハイキングコースもありますが、宿泊タイプの登山コースもありバラエティに富んでいます。

朝日岳はそびえ立つ孤高の火山と異なり、大朝日岳、西朝日岳、寒江山、以東岳を主稜とする連峰であり、その主峰が大朝日岳である。仰ぎ見る山容は主峰にふさわしい端正な三角錐を呈しており、かつては剣頭山とも呼ばれていた。

出典:www.yamakei-online.com

山頂は南北に細長く、付近一帯には日本列島の土台をなした縞模様の花崗片麻岩が露出している。これらの地質的な特徴に加えて、日本海を渡って吹きつける強い季節風にまともに立ちはだかるために、わが国有数の多雪地帯となっている。

出典:www.yamakei-online.com
名称:朝日岳(あさひだけ)
住所:山形県小国町・新潟県村上市
  • 山形県西川町朝日岳

第13位 三方倉山(さんぽうくらさん)/宮城県

第13位にランキングしたのは三方倉山(さんぽうくらさん)で、奥羽山脈の中部い位置する山岳です。三方倉山(さんぽうくらさん)はコースも緩やかで比較的に初心者におすすめの山で、往復3時間半程度の道なりになっています。

仙台の西方にある端正な三角形の山で、その山名の由来は三方が急峻なやまであることと思われる。

出典:www.yamakei-online.com

登山道ができたのは最近で、2005年位ボランティア団体が北側と東側の登山道を整備して、登山の対象の山となった。

出典:www.yamakei-online.com
  • 宮城県仙台市

第12位 焼石岳(やけいしだけ)/岩手県

第12位にランキングしたのは焼石岳(やけいしだけ)です。焼石岳(やけいしだけ)は花の百名山にも数えられており、さまざまな高山植物を見ることができます。焼石連峰の主峰でもあるので多くの登山客が足を運ぶ人気の山でもあります。

奥州市の西に位置し、山名は薬師岳から転化したという説と、主峰を西側から見たときの、黒い岩の積み重なった様子からともいわれる。花の山で、登山道の標高1300mから上部に姥石平を中心として広い高原状の地域がある。ここは遅くまで雪が残り、一部は湿地になっている。風も強いので樹木の侵入が少なく灌木の混じった草原だ。

出典:www.yamakei-online.com

姥石平の先に円頂丘状の頂上があり、一等三角点が設置されていて、この山域の天竺山、経塚山、横岳、獅子ヶ岳などの火山群が眺められる。さらに姥石平とは違ってイワテハタザオ、タカネナデシコなどの乾性の高山植物が多い。

出典:www.yamakei-online.com
名称:焼石岳(やけいしだけ)
住所:岩手県奥州市
  • 焼石岳

第11位 兜明神岳(かぶとみようじんだけ)/岩手県

第11位にランキングしたのは兜明神岳(かぶとみようじんだけ)で、岩手県の中央部にある山岳です。兜明神岳(かぶとみようじんだけ)は東北百名山にも選ばれており、コースは広大な草原コースから岩山コースまでさまざまな登山道を楽しむことができます。

盛岡市と川井村(現在は宮古市)の間の区界峠を中心とする区界高原のシンボル的存在の山。山名の由来は、頂上に甲形の露岩があり、さらに阿部貞任の甲を祭ったところから兜明神岳と呼ばれるようになった。

出典:www.yamakei-online.com

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

BONNZEバックパッカー

このまとめ記事に関して報告する