• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
台北に行ったら食べなきゃ損!絶対に外さない“台北グルメ”10選

近頃大人気の台北。日本から近く、気軽に行けることで、訪れたことがある人も多いのではないでしょうか。リピーターも多い台湾で絶対に食べるべきグルメを紹介したいと思います。

①朝ごはんはここ!「阜杭豆漿(フウハントウチャン)」

知る人ぞ知る大人気のお店「阜杭豆漿」。1958年」に創業した老舗のお店ですが、現在はフードコートの中にあります。朝から営業しているということで、行列満席は当たり前!

大人気の「 鹹豆漿(シエントウチャン)」

そもそも「豆漿」とは、豆乳のことで、油條という揚げパンを浸して食べるのがご当地流です。「鹹豆漿」は一番人気で、醤油、酢、ラー油のスープに、ザーサイ、油條、パクチー、ねぎの入っていて、絶品です。

「豆漿」以外にもおすすめはたくさん!

ホウピンジャータン(小麦粉にネギや油を加えて石窯で焼いたもの)、パオピンヨウティアオ(サクサクの薄焼餅に油條を挟んだもの)、チャオタンティエンピン(キャラメル入りのパン)などもかなりおすすめです。観光の前の腹ごしらえにぴったり!

詳細情報

[住所] 台北市忠孝東路一段108号2F-28
[電話番号] (02)2392-2175
[営業時間]5:30~12:30くらい(なくなり次第終了)
[休業日]月曜日 旧正月5日間、端午節、中秋節
[クレジットカード]不可
[行き方]MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ脇。1階は「華山市場」になっているビルの2階。

②王道美味しい小籠包「鼎泰豊(ティンンタイフォン)」

世界中に「小籠包」の名を知らしめた有名店「鼎泰豊」。大人気のお店で行列です。開店時間直後に行けば、スムーズにお店に入ることができるそうです。台湾に旅行をしたことがある方は、もう行ったことがある人も多いと思います。

やっぱりおすすめは「小籠包」

本場で食べる豚肉の小籠包は本当に絶品。肉汁がたまらないですね。
カニみそ入りや鶏肉入りなど、いくつか小籠包の中でも種類があるので、楽しめますね。
食べ方は、ショウガの入った小皿に酢と醤油を3:1の割合で入れて、そっとせいろを破れないように小皿に運びます。ほどよく絡め、れんげに乗せ、ショウガを添えて口元へ…!あふれ出す肉汁に注意です。

小籠包と一緒にオーダーしたいもの

スワンラータン(左)とシアレンシャオマイ(右)

スワンラータンは、豚肉の細切り、鴨の血、豆腐などが入った酸味のきいたスープ。うれしいことに辛さが選べます!
シアレンシャオマイは、エビが入ったシュウマイで、小籠包とともに大人気のメニューです。

詳細情報

[住所]台北市信義路二段194号
[電話番号](02)2321-8927、(02)2321-8928
[営業時間]10:00~21:00(月~金) 土日、祝日は、9:00~21:00(本店)
[休業日]年中無休
[行き方]MRT東門5番出口を出て直進。永康街を越えてすぐの右側。金石堂書店手前。

③がつんとご飯ものはいかが?「丸林魯肉飯(ワンリンルーロウファン)」

なんといってもおすすめは、「魯肉飯」。豚挽肉をしいたけやニンニクで炒め、8時間以上煮込んだ具をご飯に乗せたものです。隠し味は漢方やカレー粉で、本当に絶品です。
一日に1200杯の魯肉飯が出るという大人気のお店です。
  • PR

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する