• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
本場ドイツ「クリスマスマーケット」おすすめ都市8選+楽しみ方ガイド

クリスマスの本場はヨーロッパ!中でもドイツのクリスマスマーケットは世界最大のものから最古のものまで、全国150ヶ所で開かれる一大イベントになっています。そんなクリスマスの本場ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方とおすすめ都市8選をまとめました。日本とは全く違うクリスマスの雰囲気を楽しめますよ。

このまとめ記事の目次

本場ドイツのクリスマスマーケット

ヨーロッパでは大事なイベントである「クリスマス」。11月末~12月のクリスマスまで開催される「クリスマスマーケット」は、ドイツが発祥と言われ、ドイツ国内には150ものクリスマスマーケットが存在するほど。ちなみにドイツ語では「Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)」と言います。

楽しみたいもの

ドイツのクリスマスマーケットには、楽しみたいものがたくさん!ピックアップしてご紹介していきます。
【クリスマスタワー】
クリスマスマーケットは、「クリスマスタワー」と呼ばれる仮設の塔を中心に作られるのが一般的です。タワーはクリスマスらしいデザインや飾りつけになっているので、マーケットに行ったら必見のスポットと言えます。
【シュトーレン】
レーズンやレモンピール、ナッツなどが入ったしっとりとしたケーキに、白い粉砂糖をかけたもの。ドイツではショートケーキではなく、この「シュトーレン」をクリスマスに食べます。
【レープクーヘン】
こちらも定番のクリスマス菓子「レープクーヘン」。蜂蜜や香辛料、オレンジ・レモンの皮やナッツを使ったクッキーで、クリスマスに飾ることで有名です。また、形や材料の割合によって名前が変わるんだとか。
【グリューワイン】
クリスマスマーケットのいたるところで売られているのが、「グリューワイン」。いわゆる「ホットワイン」で、シナモンやオレンジなどのスパイスが入っていることが多いです。寒い冬に持って来いのホットドリンクです。
【マグカップ】
グリューワインは普通マグカップに入れて渡してくれます。飲み終わった後に返却すればデポジットが返ってくる仕組みですが、そのまま持ち帰ることも可能。マーケットによって柄が違うので、色々集めるのも楽しそうです。
【クリッペ】
クリスマスマーケットでよく見かける、キリストやマリアなどのミニチュアの人形の家。これは「クリッペ」と呼ばれる、キリストの生誕シーンをあらわしたもの。中には等身大のものもあります。

クリスマスマーケットの有名な町8選

本場ドイツで有名なクリスマスマーケットと言えば、「世界一有名なニュルンベルク」、「世界最大のシュトゥットガルト」、「世界最古のドレスデン」の3大クリスマスマーケット。他にも150以上のクリスマスマーケットが存在するそうですが、今回はその中からドイツ3大マーケットを含むクリスマスマーケット8ヶ所を紹介します。

1、シュトゥットガルト(Stuttgart)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する