• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
独創的で刺激的!あなたが水の都アムステルダムに訪れるべき8つの理由

オランダといえば風車やチューリップが有名ですね。しかしオランダにはまだまだ魅力的な場所がたくさんあるんです!今回は首都アムステルダムをピックアップし実際に訪れたときにわかった8つの魅力をご紹介します!

このまとめ記事の目次

①中世から残る運河に囲まれた街並みが美しすぎるから

アムステルダムは、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業および観光が盛んである。

出典:ja.wikipedia.org

アムステルダムの魅力は17世紀の面影を残す歴史的情緒に現代都市の活気が組み合わさって生まれた、親近感と安らぎのある環境と言えるでしょう。小ぶりな建物、街路、運河、広場が与える親密性はこの街特有のものです。

出典:www.holland.com

運河を満喫せずして、アムステルダムを見尽くしたとは言えません。運河はこの街の象徴であると同時に、文化的、歴史的に重要な価値を持っています。
アムステルダムの17世紀の運河地区は、2010年、ユネスコの世界遺産リストに加えられました。

出典:www.holland.com
アムステルダムは「水の都」や「北のベニス」と呼ばれ、中世から残る運河とかわいらしい町並みが旅行者を魅了します。

②世界でもっとも美しい映画館のひとつトゥシンスキー劇場あるから

トゥシンスキー劇場は、世界で最も美しい映画館のひとつと言われています。初めてこの映画館を訪れる人はみな、その豪華さに感嘆します。何千ものランプ、大理石、ステンドグラスの窓やエキゾティックなアートが、豪華で迫力のあるエントランスを創り上げています。

出典:www.holland.com

アブラハム・トゥシンスキーの劇場がオープンしたのは1921年。アールデコとアムステルダム派という2つの建築様式が融合したスタイルが、この劇場の特徴です。壁画から手織りの絨毯まで、館内のどこを見てもさまざまな美しい装飾が施されています。

出典:www.holland.com
ここが映画館なの?と思わず疑ってしまう程の美しさのトゥシンスキー劇場。内装だけでなく外観も美しく、映画好きでなくとも必見のスポットです。

③公共の図書館が近未来的でおしゃれすぎるから

2007年にオープンしたというアムステルダム中央図書館は、誰でも利用可能の公共施設です。近未来を連想させるような洗練されたデザインがおしゃれ!

設計したのはオランダの著名な建築家Jo Coenen(ヨー・クーネン)。総面積が28,000平方メートルと公共図書館としてはヨーロッパ最大規模で、単に本を貸し出すだけではなくカルチャーセンターとしてもさまざまな機能をもっています。若手デザイナーを起用したインテリアにも注目!

出典:www.japandesign.ne.jp

こんな図書館があったら毎日通っちゃう!

④飾り窓地区が刺激的だから

飾り窓とはオランダ 、ドイツ 、ベルギー 等のゲルマン諸国で見られる売春 の一形態、またはその施設。

出典:ja.wikipedia.org

世界中の都市に風俗街がありますが、アムステルダムの「レッド・ライト・ディストリクト」いわゆる「飾り窓」は、観光地としてその名を知られています。

出典:www.holland.com
なんとアムステルダムでは売春が合法の上に観光地として成り立っています!昼の美しく静かな街並から一変、夜には怪しい赤いライトに照らされた飾り窓地区はアムステルダムの裏の顔と言えるでしょう。

この地区を観光する際、それなりの注意が必要ですが、実際飾り窓地区は、アムステルダム観光スポットとなっています。「デ・ワレン」の飾り窓地区には大勢の観光客が訪れるため、警察官が巡回し、セキュリティカメラが設置されています。ツーリストインフォメーション(VVV)では飾り窓ツアーを催行しています。

出典:www.holland.com

⑤コーヒーショップがあるから

写真はアムステルダムで、信頼できるコーヒーショップとして知られるブルドッグ。

写真はアムステルダムで、信頼できるコーヒーショップとして知られるブルドッグ。

コーヒーショップなんてどこにでもあるじゃんっと思ったあなた!実はオランダでコーヒーショップとはコーヒーを提供する喫茶店のような場所ではありません!
ではどんな場所かというと、

オランダにおけるコーヒーショップ (Coffeeshop) とは、寛容政策により、オランダアヘン法に従った一定の量の販売と所持が許可されているソフトドラッグの大麻を含む製品を、個人使用のために販売する小売店のことである。

出典:ja.wikipedia.org

なんとアムステルダムでは売春だけでなく大麻も合法!これがアムステルダムがヨーロッパ随一の自由都市と呼ばれる理由のひとつなのでしょう。

飾り窓地区とコーヒーショップ。アムステルダムを観光を語る上ではかかせない裏のスポットですね。
なお、旅行者がソフトドラッグの購入・所持・利用の際は、自国の法律も確認しましょう。

⑥アムステルダム中央駅が魅力的だから

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する