• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
通なら知っていて当たり前!スタバのエリート集団「ブラックエプロン」

いわずと知れたコーヒーショップ、スターバックス。現在日本では全ての都道府県にスタバができており、全国でその味を楽しむことができます。おそらく多くの人が緑色のエプロンをつけたスタッフに接客をしてもらったことがあると思います。しかし!通な人はワンランク上の接客をしてもらっていることをご存知でしょうか?実は緑色のエプロンの他にも、黒色のエプロンをつけた「ブラックエプロンバリスタ」なる人もいるんです。今回はそんなワンランク上のブラックエプロンバリスタの正体を探っていこうと思います。

このまとめ記事の目次

普段みかけるのは緑だよね?

緑のエプロンしかないと思っていた時期もありました

ところがどっこい!

なんと緑のエプロンのほかに、黒いエプロンも存在するんです!
ブラックエプロンの方々はただのアルバイトではなく、コーヒーの専門知識を持ったスタッフなんです。
その名も、ブラックエプロンバリスタ。名前がかっこよすぎます。

どうやったらなれるの?

働いている店舗で「コーヒーマスター」として認定を受け、その後さらに認定された「コーヒーマスター」を対象に1年に1度しか開催されない社内試験を受け、合格するとブラックエプロンを着用できるという長い道のりがあるんです。
何人くらいいるの?
毎年人数は増えますが、現在はおよそ1900名ほどだそうです。全国のスターバックスのバリスタはおよそ22000名ほどなので12名に1人というかなり珍しい存在なんです。
パーセントにすると、なんと約8%です!司法試験の合格率が約20%前後なので、おそろしい数字ですね。

頂点を決める戦い

2016年は各地区予選から選出された15名を対象に、コーヒーの知識はさることながら接客力も競い合い、1位を決定します。
見事優勝した人を含める「コーヒーアンバサダー」と呼ばれる人たちは、次の大会が開催されるまでの1年間、コーヒーやスタバの魅力を伝える活動を行います。

緑のエプロンの方々と何が違うの?

ブラックエプロンの方々はコーヒーに関して豊富な専門知識を持っており、ホスピタリティに溢れているので自分の好みのコーヒーの味を言うと、それに沿ったコーヒー豆をおすすめしてくれたり、コーヒーに合う軽食を教えてくれたりします。

全員ブラックエプロンの店舗が新宿にあった!

スターバックスコーヒー 新宿マルイ本館2階店

スターバックスコーヒー 新宿マルイ本館2階店

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する