• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
えっ?こんなに綺麗なの!鳴門海峡の渦潮は、絶品な目のご馳走。

日本っていいなと、つくづく思います。楽しい綺麗なスポットばかりですよね。今回は鳴門海峡で堪能できる 渦潮を紹介しましょう。鳴門海峡に出向くだけでも綺麗です。渦潮が観れたらもっと嬉しい気分になるに違いないですよ!

このまとめ記事の目次

鳴門海峡でしか見れない、渦潮のメカニズム

自然の不思議というのでしょうか、渦潮がみれるのがこの鳴門海峡というのがとても貴重なスポットというのはなぜなのでしょう。

徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮である。大潮の際には渦の直径は最大で30mに達するといわれ、渦の大きさは世界でも最大規模といわれる。

出典:ja.wikipedia.org

鳴門海峡は、本州と四国の間にある瀬戸内海と太平洋とを結ぶ海峡の一つで、幅が約1.3km。潮汐により1日に2回、大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、また同様に1日に2回瀬戸内海から流れ出す。

出典:ja.wikipedia.org

海峡の幅が狭いことに加え、海底の複雑な地形も影響し、潮流は13 - 15km/hの速度で流れる。大潮の時には20km/hに達することもある。この潮流の速度は日本で一番速く、「世界三大潮流」にも数えられることもある。

出典:ja.wikipedia.org

鳴門海峡の渦潮に出会うためには

鳴門海峡の渦潮が”1日2回”出来るということなので、それを鑑賞するには、どのような手順で準備すればよいのでしょうか。

鳴門海峡の渦潮を観る方法① 上から覗く

鳴門海峡の渦潮を真上から覗くことが体験できる施設があります。
地上45mから直接渦潮を覗く事ができるこの施設に行っていただくと、渦潮のメカニズム、渦潮がみれる時間帯などさまざまな渦潮状況が確認いただけます。

渦上45メートルの高さからガラス床をのぞき込むと、渦潮や轟音とどろく激しい潮流を体感することができます。
また、ここから見渡せる太平洋や瀬戸内海の雄大な景色は一見の価値あり!

出典:www.uzunomichi.jp

全長450メートルの遊歩道の先端にある展望室は、大鳴門橋の橋桁空間を利用した回遊式になっています。

出典:www.uzunomichi.jp
間近で渦潮を観れるので、絶対に行ってみたいスポットの一つです。
【渦の道】
<住所>   徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
<営業時間>9時から18時(3月から9月)
      9時から17時(10月から2月)ゴールデンウィークと夏休みは8時から19時
      入場は全て、閉館時間の30分前まで  
<入館料> 大人510円/中高生410円/小学生250円その他割引あり
<アクセス>JR徳島駅  →徳島バス鳴門公園行き(約60分)
      神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」  →車で5分
<問い合わせ>088-683-6262

鳴門大橋の渦潮を観る方法② 渦潮観潮船に乗る

やはり、観潮船に乗って潮のニオイと共に渦潮を体感してほしいと思います。
冬場は少し寒いかと思われますが、夏は快適にクルージングできるので、観光客も多いです。
観潮船のなかには、海底がみえる水中観察室も完備されています。まるで、水族館にいるような感覚です。
【渦潮観潮船】
<乗り場>   徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港
<営業時間>  9時から16時20分(約30分間のクルーズ)
<入船料>   大人1800円/子供900円
<アクセス>  路線バスで徳島駅より1時間10分、鳴門駅より20分。
<問い合わせ> 088-687-010

鳴門海峡の渦潮って素晴らしい

鳴門海峡の渦潮をいろんな角度で覗いてみると、なんとも自然の仕組みが素晴らしいと感じてもらえると思います。

来島海峡に架かる三連吊り橋の迫力ある風景を満喫することができます。時間によっては渦潮を見ることもできます。

出典:kaumo.jp
こわれかけの、渦潮?ひょっとすると、出来る前のように感じます。
客船から、間近に渦潮を観るのが一番迫力のあるスポットです。これは観ておかないとダメなのではないでしょうか。

鳴門海峡にちなんだ渦潮のお土産もおもしろい

徳島産の鳴門金時芋が本来もっている深みのある甘さを存分に引き出されているので、素朴ながらも食べ応えのあるお菓子です。

出典:find-travel.jp
まだまだ、面白いおかしや特産品がたくさん!ぜひ行かれた時にはお買い求め下さい。
【うずしおドーム なないろ館】
<ショップ場所>兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
<営業時間>  9時から17時
<アクセス>  神戸三宮より車で約80分。大阪梅田より車で約120分。
        車とバスのご利用が便利です。
<問い合わせ> 0799- 52-0054

鳴門海峡の渦潮を満喫

目の栄養を補うために、ぜひ一度は訪れて一杯海の自然を満喫してください。
季節ごとに渦潮の大きさも違うと思います(潮加減)。日本にいてよかったと絶対思っていただける、鳴門海峡へぜひ!

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する