• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
青く美しい渓谷美に感動!抱返り渓谷の魅力とは

秋田県仙北市にある「抱返り渓谷」をご存知ですか?「東北の耶馬渓」とも呼ばれ、青く美しい渓谷美で訪れる人々を魅了してくれます。 このまとめでは、「抱返り渓谷」についてご紹介します!

このまとめ記事の目次

東北の耶馬渓と呼ばれる抱返り渓谷(だきかえりけいこく)

青く神秘的な色合いの美しい水面、そこに映る山の景色が訪れる人々を魅了する景勝地の抱返り渓谷。自然豊かな原生林が織りなす紅葉の名所としても知られています。

そんな抱返り渓谷の魅力とその見所をご紹介します。

抱返り渓谷という名前の由来

渓谷の名前の由来は諸説ありますが、人がすれ違う時に、お互い抱きかかえるように返さなければ通れなかったほど、狭く険しい山道だったことから「抱返り」と呼ばれるようになったといわれています。

出典:www.tohokukanko.jp

現在はしっかりした造りの遊歩道が整備されていて、行き交う人がお互いにすれ違うのに支障は全くありませんのでご安心ください。

実はこの遊歩道、生保内森林軌道の廃線跡なんです。日本三大美林に数えられる
「秋田杉」を搬出するために作られた軌道です。

夏瀬から国鉄生保内線(現・JR田沢湖線)の神代駅まで運行していたそうですよ。

出典:mugen3.com

この場所を鉄道が走っていたと思いながら遊歩道を歩くと、また違った景色が見えてきそうですね。

「抱返神社の由来」。
「源義家」は、戦において「玉川」の川筋を進むため、川の流れが静かなことを願って持仏を祀って祈願した。戦に勝利した「義家」は、持仏を懐に入れお守りとして持ち、無事に還ってきたことから「懐き還る」「懐還神社」と言い伝えられるとある。

出典:youyou.main.jp

「抱返り渓谷」遊歩道入口にある「抱返神社」の由来と「抱返り渓谷」の名前の由来が異なるのは意外ですね。
この「抱返神社」の境内の奥に「抱返り渓谷」の遊歩道があります。

抱返り渓谷の見所

神の岩橋

抱返り渓谷の遊歩道を歩き、しばらくすると目につくのが「神の岩橋」と呼ばれる赤い吊り橋です。
吊り橋からの眺望もとても素敵なので、ぜひ足を止めてゆっくりと楽しんでください。

この吊り橋は、秋田県では最も古い吊り橋で大正15年(1926年)に完成しました。
抱き返り渓谷入り口の象徴として、昔からその美しい姿を碧水の水面に写しています。この神秘な橋の名は、旧神代村と旧白岩村から一字づつとって名付けられたといいます。
真に神秘の渓谷にふさわしい名称ともいえましょう。

出典:www.str.ce.akita-u.ac.jp

美しい景色にふさわしい名前のついた、美しい吊り橋です。抱返り渓谷をバックにした「神の岩橋」の姿は一幅の絵のようです。

誓願寺辺りの美しい水面とトンネル

抱返り渓谷の遊歩道を進み、誓願橋と呼ばれる橋を過ぎた辺りは誓願寺と呼ばれています。でも実はお寺があるわけではありません。渓谷の両岸の急な岩壁が迫り、その深くなった淵に流れる泡沫がまるでお寺でお香をたいた時に漂う煙の様子に似ているからだそうです。

「誓願寺」の橋を渡る。
この橋から左下に見る景色が、
「抱返り渓谷」随一といわれる絶景である

出典:youyou.main.jp
水面に白く漂う飛沫、お香の漂っている様子に見えますでしょうか?この辺りは切り立った断崖の上に遊歩道と橋とそれをつなぐトンネルとが続きます。写真スポットとしても有名ですよ。

途中三つのトンネルがありました。いずれも手掘りのようですね。最後の長いトンネルだけ
 センサーに感応する明かりがつけられました。でも暗い事には変わりありません。

出典:plaza.rakuten.co.jp

手掘りのトンネルはいずれも距離は短いのでご安心ください。トンネルの暗さとそこを出た時の季節ごとに美しい渓谷美の対比が格別ですよ。

回顧の滝(みかえりのたき)

回顧の滝は、抱返り渓谷を代表する滝で遊歩道から見ることができます。何度も振り返って見たくなるほど美しい、渓谷一番の名所です。
渓谷入口から徒歩30分、遊歩道から滝に着く前に岩のトンネルがあり、通り抜けるとすぐです。落差30メートル。

出典:www.city.semboku.akita.jp

最後の長いトンネルを抜けると、この回顧の滝の絶景があります。回顧と書いてみかえり、と読みます。本当に振り返ってもう一度見たくなるような、とても美しい姿の滝です。

滝から少し先にいくと斜面を登った所に東屋があり、回顧の滝を見おろすことが出来る。紅葉と滝が並んでいるためカメラマンが多く、ベストポジションは三脚で占領されていた。

出典:senboku31.web.fc2.com

近くから見る回顧の滝も素敵ですが、ちょっと足を延ばしてこちらの展望スポットまで来ると、また違った姿の回顧の滝を見ることができますよ。

美しいエメラルドブルーの水面

澄んだ渓流の水に光があたると、波長の短い青い光が散乱すると同時に、水中を通り抜けた光が水底の白い岩石(花崗閃緑岩)<かこうせんりょくがん>に反射して返ってくる。その間、赤い光は水にすべて吸収され 残った青や緑の光は水中で散乱するためエメラルドグリーンに見える。
(西沢渓谷の説明板で学習)

出典:senboku31.web.fc2.com

深く済んだ渓谷の水の色が本当に青く美しいので、不思議に思う人も多いと思います。渓谷を構成する岩の成分と水中での反射が織り成す神秘的な色合いをぜひ堪能してみてください。

抱返り渓谷周辺のおすすめスポット

森の駅

田沢湖と角館を結ぶ国道46号線にある「森の駅」では、地元ならではのお土産品や地場産業である工芸品などが展示販売されています。
ここにある「長四郎 森の駅店」では、郷土料理やイワナ料理を味わうことができます。
【住所】秋田県仙北市田沢湖卒田字柴倉378
【電話番号】0187-44-2113
【営業時間】午前8:00~午後6:00
【営業日】年中無休
【車でのアクセス】国道46号線を角館町から田沢湖方向に約10分。
         国道46号線を田沢湖(生保内)から角館町方向に約10分。
         秋田自動車道・協和インターから40分。
         秋田自動車道・大曲インターから60分。
         盛岡市内から角館町方向に約1時間。
【電車でのアクセス】JR角館駅(こまち停車駅)からバスで約10分。
          JR田沢湖駅(こまち停車駅)からバスで約10分。

夏瀬温泉

抱返り渓谷の奥深く、都会の喧騒から離れた優雅な時が流れる秘湯です。江戸時代から続く夏瀬温泉は、客室がわずか10室、しかも全室から美しい抱返り渓谷の景色が望めるかけ流しの露天風呂付という、心からくつろげる宿です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する