• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
世界はネコで溢れてる!一度は行きたい世界の“猫スポット”ランキングTOP10

あなたは犬派?それとも猫派?今回は猫派のあなたにおすすめのランキングを。このほどHISのSNS旅トレンド調査で発表された、一度は行ってみたい世界の「猫スポット」人気おすすめランキングをご紹介します。猫好きならば一度は訪れておきたい場所ばかり。それでは、ご覧あれ!

このまとめ記事の目次

《第10位》フォルメンテーラ島(スペイン)

一度は行きたい世界の“猫スポット”ランキング第10位は、スペインの「フォルメンテーラ島」。
ここ「フォルメンテーラ島」は、世界で最も盛り上がるパーティーアイランド・イビサ島から南に約6km、フェリーで30分程度の距離にある島です。地中海最後の楽園と呼ばれているこの島には、新鮮な魚を目当てに住み着くかわいい猫たちがたくさん!透明度抜群のビーチを持つこの島で、リゾート気分を味わいながらかわいい猫たちと戯れてみたいものです!

日本からのアクセス

日本からヨーロッパ主要都市を乗継ぎ約15時間でスペインのマドリードやバルセロナへ。そこから飛行機で約1時間でイビサ島へ。イビサ島からフェリーで約30分でフォルメンテーラ島へ。

《第9位》ヘミングウェイ博物館(アメリカ)

一度は行きたい世界の“猫スポット”ランキング第9位は、アメリカの「ヘミングウェイ博物館」。
1954年に『老人と海』でノーベル文学賞を受賞したアメリカの小説家であるアーネスト・ヘミングウェイ。彼が執筆活動をしていた家であり、現在は博物館となっているのがアメリカ・フロリダ州の最南端キーウェストにある「ヘミングウェイ博物館」なのです。彼は生前、6本指の猫をある船の船長より譲り受け「幸運を呼ぶ猫」として愛していたのだそう。現在はその6本指の猫の子孫が50匹ほど暮らしており、その約半分は6本指の猫なのだとか!真相を確かめに訪れてみたいですね。

日本からのアクセス

日本からはアメリカ主要都市を乗り継ぎマイアミへ。キーウェストまでは車で約4時間。

《第8位》バリ島(インドネシア)

一度は行きたい世界の“猫スポット”ランキング第8位は、インドネシアの「バリ島」。
ここ「バリ島」ではバリ・ヒンドゥー教が信仰されており、猫は神様に近い存在、神様の使者とみなされているのだとか。それもそのはず、バリにはそこら中に猫の置物のお土産が売っていますもんね!この猫の置物を飾っておくと、幸運が訪れるとの言い伝えがあるのだそう。バリへ訪れた際は、猫をみて猫のお土産を買ってみてくださいね。

日本からのアクセス

日本から直行便で約7時間半。
  • Bali, Indonesia

《第7位》トッレ・アルジェンティーナ広場(イタリア)

一度は行きたい世界の“猫スポット”ランキング第7位は、イタリアの「トッレ・アルジェンティーナ広場」。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

stella禁ビール中

このまとめ記事に関して報告する