• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
世界一見栄っ張り?コンゴのおしゃれ集団『サプール』って何者?

みなさん、おしゃれは好きでしょうか?お洋服はお金をかけだしたらキリがない趣味(?)のひとつですが、コンゴには世界一見栄っ張りでお洒落だと言われる『サプール』という集団が存在するのです!

このまとめ記事の目次

コンゴ共和国

中部アフリカに位置する共和制国家で首都はブラザヴィル。
公用語はフランス語。

3割の人々が1日の生活費130円以下で暮らしている貧困層

出典:tozanabo.com

サプールとは

コンゴにあるファッションの一種、サップ(SAPE)。
SAPEとは、フランス語で「お洒落な優雅な紳士たち」という意味の「Société des ambianceurs et des personnes élégantes」の頭文字を取ったもの。

そんなサップを楽しむ人々を、サプール(Sapeur)と呼ぶのです。
1880年から1960年コンゴ共和国はフランスの植民地でした。
そしてフランスのエレガントで洗練された着こなしに憧れたコンゴの人々がサップを始めたと言われています。

お洒落してかっこよく歩く。それだけ

サプールが現れるのは休日がほとんど。

1.最高に自分を着飾ってお洒落をする
2.そして街をステップを踏んで歩く
この二つがサプールがする大体のこと。

しかし彼らは、これで自分たちだけではなく市民の人々までをも勇気づけるエンターテイナーなのです。

ポールスミスのコレクションの元にもなった

ポールスミスもコレクションの参考にしたと言われ、
いまや世界が注目するコンゴのお洒落リーダー・サプール。
世界中から彼らへ取材陣が押し寄せます。

日本からもお笑い芸人・ダイノジの大地さんがサプールにインタビューをするためにコンゴを訪れる番組がNHKで放映されました。

みんなのヒーロー

サプールはみんなの憧れの的。
ビシッときめたサプールが通れば「よっ!かっこいいぞ!」「○○!決まってるぞ!」などとはやし立てます。(みんなのアイドルなので名前も周知)

そしてサプールはそんな声援に応えるように自慢のステップを披露するのです。
お父さんがサプールでもその子供はまったく普通の暮らしをしている場合もあります。
それでも子供たちはサプールとしてお洒落をして街を練り歩くお父さんに憧れ、自分もいつかサプールになるんだとファッションへの興味を抱いていくそうです。

お金はどこから?

決して裕福な人たちがサプールになる訳ではありません。
多くのサプールは貧しい暮らしを送りながら、給料の5ヶ月分ほどもする洋服を買い、自分を着飾っているのです。
生活感と無縁のように見えるサプールたち。
しかし、お洒落をする日が終わってしまえば翌日からは食事や選択に必要な水をバケツに汲みに行くような生活が始まるのです。

サプールはこう言います。「サプールをしている間だけは辛い生活を忘れることができるんだ。」

なんで、そこまでお洒落するの?

サプールたちは決して闘いません。闘ってはいけないのです。
「武器を捨て、エレガントな装いをしよう」

サプールたちは、お洒落をすることへ強いこだわりを持つだけでなく、
武器を持たずに平和を願う生き方を貫いているのです。
いかがでしたでしょうか?
貧困の中でもアツい情熱とブランド品とともに暮らすサプールに今、日本中が感銘を受けています。
かっこよすぎるサプールを見習ってあなたも今月からお給料の40%を服にかけますか?(笑)

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する