• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで

このまとめ記事の目次

ゴロンドリーナス洞窟の深さは512m。東京タワーがすっぽり入ってしまう大きさですね。
  • Carretera a Tamapatz, Union de Guadalupe Tamapatz, 79760 Aquismon, S.L.P., Mexico
  • +52 482 367 2115

【ダイヤモンド選別施設襲撃シーン&貧民街のシーン】インド ムンバイ

ムンバイの観光名所といえば、ここインド門(Gateway of India)
この中のビルのどれかが映画X−ミッションで使用されたのでしょうね。

【サーフィン】仏領ポリシネア タヒチ島近海のチョーポー

一目みただけでチョーポー(Teahupo'o)の波の凄さがわかります。この波にのまれたらひとたまりもありませんね。
出典:www.youtube.com

Surfing the Heaviest Wave in the World - Teahupoo

Get barreled http://win.gs/1alYVe2 May 13th, 2013 will go down as a memorable day in the Tahitian history books. Watch as Tahitian demi-god Raimana Van ...

人と比べると波の巨大さが際立ちますね。

【ウィングスーツフライング】スイス ヴァレンシュタット

映画X−ミッションの中でも、特に衝撃的な生身の人間が空を飛ぶシーンで、ジャンプして下に落ちるまでのおよそ6秒の間に風を捕まえて飛ばないと死ぬ、という場面。ヒヤヒヤして手に汗握るシーンですね。
このシーンが撮影されたのは、スイスのヴァレンシュタット(Walenstadt)という場所。
ウィングスーツでのフライングは、スプートニクというコースが有名になっているようです。
映画X−ミッションでは、1回のジャンプとして流れていますが、実際のロケでは、2週間で60回以上飛んだらしいです。時速230kmで飛ぶ人間を6〜8台のカメラで撮影していたみたいです。
どれだけ度胸があったらこんなところから飛び降りれるんでしょうかね。足がすくんで端っこに立つことさえままならなそうです。
崖っぷちから飛ぶことを想像しちゃうと恐怖感満載ですが、ヴァレンシュタット自体は美しい自然の景色にあふれていますね。

【スノーボード】イタリア モンブラン

まるで崖のような超急斜面をスノーボードで駆け下りるシーン。
モンブランの雪山の尾根。一度滑り出したら止まる気がしませんね。映画X−ミッションの撮影時にも4人が滑ると雪崩が起きてしまうほどだったそうです。自分で滑って起こした雪崩に巻き込まれて死ぬ可能性もあったんでしょうね、きっと。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

paitiaw旅行大好き、グルメ大好き♡

このまとめ記事に関して報告する