• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ミーハー女子が選ぶ!中部エリアに来たら食べたいご当地グルメ9選

旅行にグルメはかかせないもの!しかもどうせなら話題なもの、はずれのない老舗のものを食べたい!ということで、観光スポットもたくさんある中部エリアで人気なご当地グルメをピックアップしました!もう太って帰ってきても本望ですよね!

このまとめ記事の目次

①「白えび亭」の白えび刺身丼(富山)

富山県でぜひ食べたいのは白えび!
富山県でしか獲れないエビなのです。白えび料理を食べることのできる中でも有名なのが「白えび亭」。気軽に食べるなら白えび天丼が有名ですが、やはりせっかく富山にきたのなら新鮮なうちに食べることのできる刺身丼もぜひ食べておきたいですよね。
4月〜11月が漁業の解禁期間なのだそう。春に行きたい!

日本近海、インド洋、地中海、大西洋に広く分布しているが、漁業として漁獲が行われているのは富山湾だけである。

出典:www.shiroebi.com

世界でも富山湾だけが白エビ漁業を行なっているのですね。

  • 富山県富山市明輪町1-220きときと市場とやマルシェ
  • 076-433-0355

②ペットボトルで飲むバタバタ茶(新潟)

糸魚川に古くから伝わる、塩を入れて泡立てて飲む「バタバタ茶」がペットボトルに!
バタバタ茶は富山県が有名ですが、富山との県境にある糸魚川にもあり、少しずつ違いがあるのだとか。ペットボトルには塩と茶葉がはいっており、振って飲めるので気軽にバタバタ茶を楽しめます!泡のおかげで、まろやかで深い味わいに。

バタバタ茶というのは、大きく長い茶筅で“バタバタ”と泡立てていただくお茶。

出典:www.n-story.jp

富山県朝日町が有名ですが、あちらは発酵茶で糸魚川はマイルドな不発酵茶。

出典:www.n-story.jp

お茶の花と地場産の塩入りで、振るとたっぷり泡立つ。スッキリした後味も印象的。

出典:www.week.co.jp

ヒスイ王国館や糸魚川市役所売店、スーパーサンエー、スーパーハピーなどで販売

出典:www.week.co.jp

③「島の湯食堂」の能登島バーガー(石川)

陸と海の素材を、最高な組み合わせで提供するご当地バーガーが石川県に。
使われている食材はここでしか手に入りにくいものという点で、本当のご当地バーガー!
この島の湯食堂が併設されている温泉施設「ひょっこり温泉」は海の目の前にあるため、オーシャンビューで温泉も、バーガーも堪能することができる!

ミルクたっぷりの白バンズには、能登島の三元豚とんかつを

出典:user.notojima.jp

イカスミで真っ黒の黒バンズには、アオリイカのクリームコロッケをそれぞれはさみました。

出典:user.notojima.jp
  • 石川県七尾市能登島佐波町ラ29-1 ひょっこり温泉島の湯
  • 0767840033

④「団助」の胡麻豆腐入り黒糖ぜんざい(福井)

創業明治21年の老舗ごまどうふ店がカフェスペースをオープン!
おもちのかわりにごま豆腐がはいっているぜんざいなのです。
しかも他ではあまりみることのできないだろう、生ごま豆腐!

作ったその日が賞味期限なのでホントに稀少なごま豆腐なんです。

出典:gourmet-fukui.jugem.jp

普段食べている加熱処理されているごま豆腐とは違う食感!

  • 福井県吉田郡永平寺町荒谷24-8
  • 0776-63-3020

⑤桔梗信玄プリン(山梨)

山梨に来たら桔梗信玄餅を買わねば、と思っていた方は、気持ちが揺らぐかもしれない話題の信玄プリン!

フレッシュな生クリームを使い、きな粉の香りただようコクのあるとろけるプリンです。

出典:www.kikyouya.co.jp

そこにあの黒蜜がかかる!

一般的な商品に比べて白い色味が特徴のプリン本体は口当たりがなめらかで、きな粉の味が非常に濃く、煎った大豆を連想するほど。これに信玄餅でおなじみのミネラル豊富な黒蜜をかけるのだが、濃厚なプリンの味との相性が良く、人気が出るのも納得の美味しさだ。

出典:www.pronweb.tv

⑥「あつた蓬莱軒」のひつまぶし(愛知)

Photo by takeshikj
愛知県にきたらまずこれは食べておきたい!というものが、ひつまぶし。
中でも創業から140年もの歴史をもつ老舗「あつた蓬莱軒」は、やはり人気で、一度食べたら忘れられません!

『ひつまぶし』の登録商標をとっているのがここ「あつた蓬莱軒」。備長炭でカリッと焼き上げる三河一色産のうなぎと、創業明治6(1873)年から受け継がれている秘伝のタレの相性が絶妙。

出典:hitsumabushi.xtone.jp

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する