• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
これが地球、、、?エチオピアにあるダロル火山が神秘的な世界だった!

エチオピアに、同じ地球とは思えない場所がある。その名も”ダロル火山”。1926年に噴火し、今でも火山活動をし続けている。センターオブジアースのような、ほかの惑星に来たのではないかと疑うような世界をご覧下さい。

このまとめ記事の目次

ダロル火山ってどこにあるの??

1926年に噴火したエチオピアのダロル火山"Dallol volcano"は、海抜マイナス45メートル、世界でただひとつの海面より低い場所に火口のある火山です。

出典:news.livedoor.com

エチオピア北東部の低地にある火山だそうです。
カラフルな色の沼や岩がそこかしこにあります。

出典:www.kaiguriman.com

なんでこんな色に、、、?

ダロルの黄色は地中の硫黄であり、白色や緑色はその他のミネラル成分。地球の中身が地表に現れた場所とも言い得る。水は極端な強酸性で、触れると皮膚が剥がれてしまう。それを裏付けるように、周囲にはこの泉の水を飲んでしまったと思われる鳥の死骸が点在する。

出典:www.voice.ne.jp
人が住んでいるらしい、、、。

ナキル低地(アファール低地)は、地上で最も暑い場所の一つで、夏の気温は50度を超える窪地である。そのため水が蒸発しやすいので結晶ができやすい。

出典:pokkekun.blog.fc2.com

結構危険な場所なんです、、、。

ここの地名は地元の言葉で"崩壊した"という意味がある。この場所を見たとき心に浮かぶ世界にぴったりな表現だ。

出典:blog.goo.ne.jp

おそらくすんごい酸性度の沼だったり、硫黄を大量に含有しているのでしょう。

出典:www.kaiguriman.com

地元エチオピアの学者によると、地下にあるダロル活火山の火口だという。紅海から流入する地下水が火山の熱によって温められ、地球内部のミネラルを吸収しながら地表へと浮上した結果、このような泉ができたという。

出典:www.voice.ne.jp

武装兵の同行が必要です。

出典:yamaga.cafe.coocan.jp

なるほど~。

実際の様子を見たい方はこちら。

出典:www.youtube.com

まるでセンターオブジアースの世界ですね、、、。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する