• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
フランス パリと言えば凱旋門!絶対に外せない凱旋門の魅力をご紹介

フランス パリを訪れたら、嫌でも目に入るのがエッフェル塔と凱旋門。今回はシャルル・ド・ゴール広場にある凱旋門の歴史や魅力、周辺情報をご紹介します。

このまとめ記事の目次

フランス パリにある凱旋門とは?

フランス パリにある凱旋門。エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)が正式名称です。凱旋門はパリだけでも多数存在しますが、世界で一番有名な凱旋門はこのエトワール凱旋門です。

この凱旋門は1806年、ナポレオンの命によりフランス軍が奇跡的勝利をおさめた「オーステルリッツの戦い」の戦勝記念碑として建てられました。途中、ナポレオンの失脚によって建設が中断されましが、それから30年後の1836年に完成します。

皮肉にもナポレオンがこの凱旋門をくぐったのは没後19年経った1840年、棺に入った状態で無言でくぐった改葬の時でした。

それ以後は様々な式典などの場として使用され、凱旋門の下には第一次世界大戦で亡くなった無名戦士が葬られています。

フランス パリ 凱旋門の見どころ①:星形に伸びる12本の通り

フランス パリのエトワール凱旋門はシャルル・ド・ゴール広場の中央にあり、上空から見るとその広場から12本の通りが放射線状に伸びています。その見た目が星(エトワール)のように見えることから、広場の名前は当初はエトワール広場と呼ばれていました。

広場の名前は第二次世界大戦後、ナチスに占領されていたパリを解放したことからシャルル・ド・ゴール将軍の栄誉をたたえ「シャルル・ド・ゴール広場」と改名されました。

凱旋門の屋上からは全てを一度に見ることは出来ませんが、ぐるりと回って行くと1つ1つの通りを見ることが出来ます。

階段を登るのが大変でしたが、上からの眺めは最高でした。 放射線状に伸びる道は、日本では見る事が出来ないものです。

出典:www.tripadvisor.jp

高さはエッフェル塔に劣るけど、放射線状にのびたパリの街並みが美しいこと。 エッフェル塔も見れるし、モンマルトルの丘も。パリに来たんだなーって実感出来ます。また、階段で登るから達成感も味わえます。

出典:www.tripadvisor.jp

フランス パリ 凱旋門の見どころ②:外壁の様々なレリーフ

アーチ内側部分

凱旋門の外壁には様々なレリーフで装飾が施されています。その中でも有名なのがリュード作「出陣」。これはマルセイユから集まった兵士たちが国境を越える時の勢いを表した作品です。ウィーン条約締結を記念してコルトーが作った「勝利」は、ナポレオンの女神から桂冠を授かる姿が描かれています。

また、凱旋門のアーチの内側の柱には、フランス革命の時の革命家や将軍たちの名前が刻まれています。

凱旋門の正面の壁には浮き彫りがある。左側の中央はナポレオンだ。右手の彫刻はリュード作「1792年の義勇軍の出陣」で、通称「ラ・マルセイエーズ」。フランス国歌は、この勇士たちをたたえたものだ。

出典:weekly-nagano.main.jp

フランス パリ 凱旋門の見どころ③:夜の凱旋門

夜に見る凱旋門はまた違った趣があります。ライトアップされている凱旋門と、走り過ぎる車のライトの共演が何とも幻想的。特に、空が茜色に染まる夕日の時間帯から日の入りまでの風景の移り変わりがとても素敵です。

パリの街は、夜遅くまで観光客や地元の人たちで賑わっていますが、それでもやっぱり治安は悪くなりますので夜の街の散策はくれぐれもご注意ください!

晴れた日の夕方に凱旋門の屋上に上ると、パリ市街の石造りの白い建物が夕日を浴びてオレンジ色に染まります。 パリの街を高い所から見下ろせるスポットはいくつかありますが、夕暮れ時のこの美しいオレンジ色の街並みを眺めることができるのはパリ市の西側に位置するエッフェル塔と凱旋門だけでしょう。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

フランス パリ 凱旋門の見どころ④:シャンゼリゼ通り

誰もが知っているシャンゼリゼ通り。パリで最も美しい通りと言われています。コンコルド広場から凱旋門までの約3kmある通り沿いにはマロニエの木が植えられていて、緑豊かな並木道になっています。

通り沿いにはたくさんのカフェが並んでいて目移りします。どこに入ろうか悩んでいる間に、通りが終わってしまう・・・なんてことも。もちろんカフェ以外にもたくさんのブランドショップが軒を連ねています。

シャンゼリゼ通りは季節によって、その姿を変えます。マロニエの並木道が青く茂る春夏、葉が赤くなり実が落下してくる秋、冬は葉がすべて落ちてマロニエの木がイルミネーションに飾られます。

出典:www.tripadvisor.jp

シャンゼリゼ通りは、時間の許す限り歩けます。ルイ・ヴィトンのショップに寄るもよし、オープンカフェで休むのもよし、常に華やかな気分でいられる観光エリアです。

出典:www.peti-france.com
また、毎年初夏に行われる世界的に有名な自転車レース「ツール・ド・フランス」の最終ステージのコース・ゴールとしても有名です。

フランスの周辺部を自転車で1月くらい走りつづけ,最後にパリに戻ってくるのですが,そのラストランはパリの市外を数周してから最後にシャンゼリゼに設けられたゴールになだれ込むようにしてフィニッシュとなるという感動的なものです。

出典:www2s.biglobe.ne.jp

フランス パリ 凱旋門周辺の美味しい朝食が食べらるカフェ

著名人も数多く訪れる老舗カフェ「ル・フーケ」

シャンゼリゼ通りにある赤いテントが目印の老舗カフェ「ル・フーケ」。創業100年以上続くこのカフェにはチャップリンやルーズベルトなど世界の著名人が訪れています。

パンバスケット、オレンジジュースとコーヒーのセットで約3,000円と少々お高めですが、パリでの贅沢な朝食は優雅な気分にさせてくれること間違いなしです。

【住所】99 Avenida des Champs-Elysees, 75008 Paris
【TEL】33140696050

朝食にオムレツをいただきたくて、お邪魔しました。シャンゼリゼ通り沿いのテラス席で、通りを眺めながらのんびりと過ごす事が出来ます。

出典:www.tripadvisor.jp

気持ちの良いテラス席に座って朝のシャンゼリゼ通りを眺めながらパリジェンヌ気分に浸りました~^^

出典:ameblo.jp

フレンチトーストがたまらない「ラ デュレ」

マカロンやケーキが有名な「ラ デュレ」ですが、朝食メニューにあるフレンチトーストも絶品です。ランチやアフタヌーンティーの時間は長蛇の列ができるお店ですが、朝食の時間帯は比較的すいているのでおすすめです。

【住所】Rue Jacob, 75006 Paris
【TEL】33140750875

ラデュレと言ったらやっぱりパンペルデュですよね♪
食パンやフランスパンではなく、バターたっぷりのフワフワのパンで作ってます。

出典:mametaro12.exblog.jp

フレンチ・トーストを自分で作る人なら同意していただけると思うのですが、この柔らかさは自分では なかなか出せないと思います。

出典:www.merci-paris.net

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する