• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
バンコクから片道1000円の楽園!「サメット島」のビーチが美しすぎる

日本から飛行機で約7時間、常夏の国タイは人気の観光地ですが、特にその美しいビーチには多くの人が集まります。プーケットやクラビ、サムイ島といった有数の絶景リゾートは外国人観光客を中心に多くの人々を魅了していますが、首都のバンコクからはかなりの距離があります。そこで今回は、都会もリゾートも両方楽しみたい欲張りな旅人必見の「サメット島」をご紹介します。

このまとめ記事の目次

タイのリゾート事情

タイの有名なビーチリゾートといえば、プーケット。
プーケットから少し離れたクラビも人気のビーチです。
しかしどちらもバンコクからは数百キロの距離があり、バンコクから行くとなると十時間以上バスに乗るか、国内線の飛行機に乗らなければなりません。
バンコクでアジアの大都会も楽しみたいし、リゾートでも癒されたい!
そんな人にとって、バンコクから時間もお金もかかるこれらのリゾート地は少し不便…
そんな欲張りな旅人さんには絶対このビーチリゾートをオススメします!

バンコクから一番近いリゾート「サメット島」

夜は浜辺がレストランに!

※画像はイメージです。

昼間は人で賑わうビーチですが、夜になると雰囲気ががらりと変わり、レストランになります。ビーチにはシートが敷かれ、その上にテーブルや三角枕が置かれ、キャンドルがテラスレストランの出来上がりです。とてもロマンティックな気分をあじわえます。
やわらかい白砂の上で潮風にあたりながらシーフードに舌鼓!たまりません!

節約派にもうれしい!

リゾートといえばお金がかかるイメージですが、日本に比べて物価が安いのであまりお金を気にする必要はありません。サメット島には高級リゾートもありますが、中級リゾートやゲストハウス程度の宿泊施設の方が数が多く、メジャー。訪れる観光客の9割以上が現地のタイ人という、比較的庶民派のビーチなので、気軽に訪れることができます。
サイケオビーチリゾートは、サメット島のメインビーチ「サイケオビーチ」と、比較的人が少なく静かな時間を過ごせる「パイナップルビーチ」の両方に面しています。
宿泊料金の目安は、一部屋だいたい一万円ほど。部屋料金なので数人と割ればお得です。ただし、部屋の定員には注意です。
バルバドステラスはリーズナブルな価格で清潔感ある客室を提供しています。
日本円で一泊一部屋5000円ほど。
また、さらに節約したいという人にはゲストハウスもオススメ!

なんといっても近さがうれしい!

サメット島は、バンコクのすぐ南に位置しています。
バンコクからのアクセスは以下の通り
●ミニバス(約3時間)
日本円で約1000円弱でサメット島へいけます。
→一番簡単なアクセスがミニバス。ツアー会社で申し込み、予定時間に集合場所げ行くだけでアクセスすることができます。バンペー港からサメット島までの船のチケットも込みになっている場合が多く、非常にお得です。
●ローカルバス(約4時間半)
バスには日本円で約500円ほどで乗れます。その後、船の乗船料が150円ほどかかります。一番安いアクセス方法ではありますが、停留所に寄ったりするので直行はしないため、多少の時間はかかります。
●タクシー(約3時間)
日本円で大体7000円程です。割り勘ならいいかもしれませんね。トイレ休憩や食事休憩なども運転手さんに言えば寄ってくれるため、自分のペースに合わせて向かうことができます。

次のバカンスはサメット島に決まり♪

リーズナブルに贅沢な時間を過ごせるタイのサメット島で最高のバカンスを過ごしたいですね!

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • いよいよ夏本番ですね。夏と言えばやっぱり海!雲一つない空の下、エメラルドグ...

  • 人気のビーチやオススメの海水浴ができるビーチ、透明度の高いビーチ、カップル...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する