• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
愛を伝える色々なカタチ。世界各国バレンタインデー事情調査!

もうすぐやってくるバレンタインデー。日本では女性から男性へチョコレートをあげることが普遍的ですが、ヨーロッパ諸国やアメリカでは男性から女性にプレゼントをあげる、とバレンタインデーにも国によって文化があることは有名ですね!そんな世界の様々なバレンタインデー事情をまとめてみました!

このまとめ記事の目次

そもそもバレンタインデーって?

2月14日はバレンタインデー!世界中がそわそわするのではないでしょうか?
夫婦、恋人や好きな人に対してチョコレートやプレゼントが交わされたりする、素敵な愛の日ですが、そもそもなぜバレンタインデーと名付けられカップルで祝うことになったのでしょうか。

バレンタイン司祭は3世紀のローマの人です。
一説によると、当時の皇帝クラウディウス2世は、強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。

出典:www.chocolate-cocoa.com

司祭の名前だった!

これに反対したバレンタイン司祭は、皇帝の命に反し多くの兵士たちを結婚させました。このため皇帝の怒りをかい、ついに殺されたということです。この殉教の日が西暦270年の2月14日で、バレンタイン司祭は聖バレンタイとして敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日とされているそうです。

出典:www.chocolate-cocoa.com

はじめのころ、聖バレンタインデーは司祭の死を悼む宗教的行事でした。これが 14世紀頃からは若い人たちが愛の告白をしたり、また、一説には2月が春の訪れとともに小鳥もさえずりをはじめる、愛の告白にふさわしい季節であることから、この日がプロポーズの贈り物をする日になったとも

出典:www.chocolate-cocoa.com

バレンタイン司祭も、まさか自分の名前が、国を越えてイベントの名前となっているとは思いませんよね。

そんな愛の日“バレンタインデー”ですが、世界中で祝われているからこそいろんな形があるのです。そんな世界のバレンタインデー事情をまとめました。

日本:本命と義理チョコの差は計り知れない

日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代(1950年代)に入ってからのようです。

出典:www.chocolate-cocoa.com

昭和30年代後半になるとバレンタインデーを積極的に売り出す動きも出てきました。
例えば、森永製菓では1960年(昭和35年)にバレンタイン企画を新聞広告などのマスコミを通して行ない、チョコレートの販売を促進しました。

出典:www.chocolate-cocoa.com
日本では、ご存知のように、女性から男性に送るパターンがほとんどですよね。
今や、あげるチョコレートの意味は多岐にわたり、バレンタインデーの主役は女子同士で送り合う「友チョコ」、または職場に配ったりする「義理チョコ」が主役のようにもみえます。また、男性から女性にあげるチョコレートは「逆チョコ」、これも増えているとのこと。
でも、バレンタインデーには男性から女性にあげるのが普通である海外からすると、日本のバレンタインデーは衝撃でもあるし、女性が頑張る姿が可愛いらしいそうなので、日本女性の皆様、この文化は絶やしたくないですね!

アメリカ:男性から女性へ、義理はないよ!

男性から女性にプレゼントを贈る傾向が強いです。
チョコレートも贈りますが、花とカードが定番です。
中にはジュエリーなどの高額品を贈ったりもします。

出典:mame-chishiki.net

恋人同士や夫婦や家族などが贈り合い「感謝」の意味合いが強く、
愛の告白という目的で贈る習慣はありません。
義理で贈る事もありません。

出典:mame-chishiki.net

義理はない!

イタリア:あげたいのは「情熱」

イタリアでは恋人同士でプレゼントを贈ることが多いようです。プレゼントは、食べ物やお花のような形が無くなってしまうものではなく、形に残る物を贈り、義理チョコの習慣は無いようです。

出典:toyama.wekey.be

プレゼントを贈り合ったり、食事や旅行に出かけるカップルも多く、旅行先としてはヴェネチアやパリがロマンチックで人気だそう。
最もポピュラーな贈り物は花で、特に赤いバラが人気です。イタリアでは赤バラは「情熱」という意味があり、愛する人に贈るのにぴったり!

出典:www.eflora.co.jp
なんとイタリアにはシングルの人たちのための2月15日“シングル•デー”が存在します。

イタリアの独身たちにとって2月15日は、寂しさを埋めるなんてネガティブな日では決してなく、
恋人を見つける前祝いのような、または交友関係をさらに広げていくような、どこまでも
前向きな一日なのです。

出典:www.barbellaitalia.com

見習いたいほどのポジティヴ!

イギリス:あなたを愛する者よりカードを送ります。(匿名)

イギリスでは19世紀後半にチョコレートを贈る習慣が始まったそうです。お菓子メーカーの戦略で、美しいイラストのついた贈答用のチョコレートがヒットしたことが始まりだそうです。

出典:toyama.wekey.be

現在のイギリスでも、バレンタインの日は、カードで好きな人に告白するチャンスの日になっています。そして、そのカードに名前を書かない人が多い。その理由は、伝統的に男性は好きな女性に匿名のカードを送っていました。この伝統は現在のイギリスでも続いています。

出典:britisheigo.com

匿名でいいの?察するのが美学なのでしょうか。

フランス:赤いバラでジュテーム

フランスのバレンタインデーはいたってシンプル。恋人同士で一緒に食事をしたり、相手に薔薇の花束やカードを贈ったり。贈る側も女性ではなく、男性というのが一般的。これはドイツやアメリカでもほぼ同じスタイル。

出典:www.newsdigest.fr

男女問わず、愛する人にカードやプレゼントを贈り、恋人同士でラヴラヴに過ごす、恋人たちの特別な日なのです。よくあるパターンは、男子が「mon amour(愛しの人)」に真っ赤なバラを贈り、2人でラブラブのディナーをします。

出典:www.france-jp.net

韓国:一年中14日はお祝いだよ!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する