• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界が認める日本のステーキ!吉祥寺「ステーキハウスさとう」の松阪牛が絶品

いつ行っても行列が絶えない元祖丸メンチカツのお店・吉祥寺さとう。 実はお店の2階がステーキハウスになっているって、知っていましたか? メンチカツの味からも想像がつくように、そちらで食べれるステーキは絶品なんです。 その美味しさはなんと、「世界3位」とも言われるほど! 今回はそんな美味しいお肉の食べれる、「ステーキハウスさとう」をご紹介します!

このまとめ記事の目次

吉祥寺グルメの代表・さとうのメンチカツ

吉祥寺の商店街・サンロードの一角に、平日・休日問わずいつも行列が出来ているお店があります。 そのお店の名前は「吉祥寺さとう」。一見普通のお肉屋さんですが、皆はお肉を買うために並んでいるわけではありません。
この行列の理由は、さとう一番人気のお惣菜メニュー・丸メンチなんです!
お肉屋さんらしい上質のお肉を使ったメンチカツは、一口かじると肉汁が溢れ出します。 粗みじんされた玉ねぎとの相性も抜群! 多い時は一日に3000個も売れるほどの人気が納得の美味しさです。

美味しいのはメンチカツだけではありません!

そんな大人気メンチカツを売るお肉屋さん・さとうの二階にある、ステーキハウス。 こちらも見逃すことは出来ません。 狭い入り口を入り、急な階段を上がっていくとカウンターとテーブル合わせて18席のみのこじんまりとした店内にたどり着きます。
入り口も小さく地味で一見隠れ家風のお店ですが、こちらも1階のメンチカツと同じ、お昼は毎日行列の絶えない人気店なんです。
ランチの1番人気は、さとうステーキ。 黒毛和牛のステーキがなんと、120g・1600円で食べれちゃうんです! もちろん、お肉をもっと食べたい!って方は10g単位で増量も可能です。

ミートショップサトウ

こちらのお店のメニューは基本的に定食スタイル。 お肉の種類を選んで、それにサラダ・お新香・ご飯(おかわり自由)・お味噌汁・付け合せの野菜ついてくるスタイルです。 ソースは野菜ベースの辛口と、フルーツベースの甘口2種類を楽しむことが出来ますが、何も付けずに塩コショウの味のみで味わうのもお肉の味を堪能できておすすめです。
ディナーのおすすめは雪膳。 150gで5000円という決してお手軽な値段ではないですが、食べてみれば納得します。 口に入れた途端にとろける、噛む必要がないほどの柔らかさ。 なのに脂っこすぎず、最後まで飽きることなく食べることが出来ます。

世界第三位のステーキを食べよう!

そんな吉祥寺で大人気のステーキハウス・さとうですが、その美味しさは世界でも認められるほど。“世界で一番おいしいステーキ”を探す旅を描いたドキュメンタリー映画「ステーキレボリューション」では、なんと世界中の200以上のステーキハウスの中で3位に選ばれたんです。
そんな世界3位の松阪牛ステーキはこちら。 特選ロースステーキ200g・10000円。 是非ミディアムレアで食べてみてください!

絶品ステーキを食べに行こう!

ステーキハウス サトウ

ステーキハウスさとう吉祥寺店では、築地本店で提供されているお肉と同じものをお手軽なお値段で食べることが出来ます。グルメサイトなどでも高評価の、大人気のステーキ店に行ってみてはいかがでしょうか? お肉のあまりの美味しさに感動すること間違いなしですよ!

店舗情報

<<営業時間>>
11:00〜15:00
17:00〜21:00

<<アクセス>>
吉祥寺駅から徒歩3分

<<予算>>
ランチ:¥1,000~¥1,999
ディナー:¥3,000~¥3,999
  • 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8ミートショップサトウ2階
  • 0422216464

▼RETRIP公式のキャンペーンもチェック✔

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する