• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
場所取りも買い出しも必要なし!東京都内で楽しめる「おすすめお花見スタイル」6選

お花見と言えば場所取りに買い出し、片付けとなにかと面倒ですよね。今回はそんなあなたに「トラベルズー」が発表した"オススメ花見最新スタイル"を中心にご紹介します。

このまとめ記事の目次

①バス花見

1つ目は「バス花見」。オープンデッキ2階建ての"スカイバス"が皇居・銀座・丸の内の桜の名所を巡ってくれます。
バスの2階は開放感あふれるオープン席になっており、 心地よい風を感じながら頭上すぐに咲き誇る花を鑑賞できます。 特に代官町通りはヤマザクラの並木道で桜のトンネルとして観光客にも好評なんだとか。桜を見ながら花びらキャッチもできちゃうかも?

詳細情報

乗り場:三菱ビル前停留所
催行日:毎日(1月1日を除く)※交通規制等により運休となる場合あり
区間:丸の内~皇居~霞ケ関~銀座
所要時間:約50分
予約:乗車日の1カ月前より予約可能/電話または公式サイト
料金:大人1600円、小人700円
お問合せ:03-3215-0008

②クルーズ花見

2つ目にご紹介するのは「クルーズ花見」。目黒川クルーズ花見では、約550本の桜の木が植えられた美しい桜並木が約3.8km続き、散った桜が川面を覆いつくす「桜の絨毯」が見られます。
ゆっくりと東京の隠れた桜の名所をクルーズで見学してみませんか?昼のクルーズはもちろん、夜桜のクルーズも行っていますよ。

詳細情報

運航日はHPをご覧ください。
運航時間:約70分
出航場所:品川「天王洲ヤマツピア」
料金:大人 3,600円 / 小人 2,600円(早期予約割引価格)

③ボート花見

3つ目のおすすめは「ボート花見」。自分のペースでゆっくりと好きな角度から桜を眺められるのが嬉しいですよね。
ボート花見が人気の千鳥ヶ淵緑道には、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜が咲き、ボートに乗りながら圧巻の桜を鑑賞できます。千鳥ヶ淵緑道の桜がライトアップされるさくらまつり期間中は夜間営業も実施していますよ。

詳細情報

場所:千鳥ヶ淵ボート場
実施期間:さくらまつり期間中(2016年3月25日(木)~4月3日(日))
営業時間:9:30~20:00 (乗船券の販売は19:30まで)
乗船料:30分800円 (観桜期)
お問合せ先:03-3234-1948 (千鳥ヶ淵ボート場)
※事前予約不可

④鉄道花見

4つ目のおすすめは「鉄道花見」。のんびりと電車に揺られながらみる桜は綺麗ですよね。
おすすめの鉄道は「湘南モノレール」。西鎌倉駅から湘南深沢駅間に立派な桜並木があり、そこの脇をモノレールが駆け抜けます。モノレール沿線は桜の名所としても有名な「源氏山公園」もあり、美しい桜を見ることができます。

⑤人力車花見

5つ目のおすすめは「人力車花見」。イケメンのお兄さんの楽しい話を聞きながら観光スポットを周りながら満開の桜を優雅に眺めてみませんか?
おすすめは隅田川沿いの人力車。浅草の歴史や隠れた名所を楽しみながら桜咲く春の浅草を楽しめます。スカイツリーと桜の競演する絶景ポイントを回りながら、人力車から優雅に浅草の桜を見ることができますよ。

詳細情報

営業時間:9:30〜日没
所要時間:12分(1.2km)
料金:1名3,000円、2名4,000円
お問い合わせ先:03-3847-4443

⑥サイクリング花見

最後のおすすめは「サイクリング花見」。自分の自転車を持っていなくてもレンタルサイクルや自転車シェアリングサービスを利用して桜吹雪を浴びながらサイクリングをしてみては?
おすすめは「港区自転車シェアリング」。ミッドタウン・六本木ヒルズや大使館、芝公園や増上寺周辺の桜を巡ってみては?夜には桜のライトアップあるので、そちらも必見ですよ。

詳細情報

料金:最初の30分は162円、その後30分につき108円
利用時間:24時間(一部ポートでは短縮営業となります)
お問い合わせ先:0120-10-3196

いつもと違うお花見をしてみない?

いかがでしたでしょうか。桜を見上げながらわいわいするお花見もいいけれど、優雅にのんびりいつもとは違う角度でお花見をするのも楽しそうですよね。今年の春はいつもとはちょっと違うお花見に挑戦してみてはいかがですか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

pranaria_kawaiiおでかけとカフェとカメラが大好き。

このまとめ記事に関して報告する