• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
アフリカ旅行するならボツワナを選んだほうが良い10の理由

アフリカを旅するといえば野生動物をみるサファリ、大昔に描かれた洞窟画、現地の民族ダンスなどが思い浮かぶと思います。その反面、治安悪く貧困や紛争などのマイナスイメージもありますね。アフリカ危ないんじゃないの?そんなこと思ってる方にオススメなのがボツワナです。

このまとめ記事の目次

1.黄熱病などの予防接種が入国に不要

アフリカのサファリで有名な国は黄熱病予防接種を入国の条件に義務付けている国があります。黄熱病のワクチンは日本では高価かつ一部の病院でしか接種できないため、日本の旅行者にとってこれは高いハードルです。
その他、各種病気については下記

エボラ

西部アフリカ地域で猛威をふるったエボラですが、南部アフリカのボツワナには到達していません。

マラリア

北部がぎりぎりマラリアの軽度感染地帯とはなっているものの、感染するケースは現地人でもごく稀で、予防薬の服用は必要ないとされています。

2.テロにあう可能性が低い、日本と同レベル

近年、海外旅行するにあたり、最も気にすることになってしまったテロの脅威。
昨年イギリスの外務省が発表したテロ脅威マップでボツワナは日本と同レベルの色、「Low Threat(低度の脅威)」に塗られています。人口200万人と少なく、国際社会で目立たない、チュニジアやケニアなどこれまでテロ攻撃のあった東部・北部アフリカとは距離が離れているためテロの標的にはなりにくいようです。

3.世界遺産オカバンゴ・デルタ

Photo by HiromiAme
Photo by HiromiAme
オカバンゴ・デルタはカラハリ砂漠に水が流れてきて形成される、世界最大の内陸デルタです。生息する生物の多様性などの理由で2014年、世界遺産に登録されました。
デルタ内部にはラグジュアリーロッジが点在し、欧米人に高級な観光地として有名ですが、近くの町に宿泊してデルタに入るツアーを利用すればそこそこの値段でサファリやデルタの自然を楽しむことができいます。

4.世界遺産ツォディロ・ヒルズ

Photo by HiromiAme

ツォディロ・ヒルズ 岩窟絵

ツォディロ・ヒルズはボツワナの北西部の平野にある岩山で南部アフリカの狩猟採集民ブッシュマンが描いたとされる壁画がある場所です。わずか10キロ四方に4500以上の岩絵が密集しており、この点、他のアフリカの岩絵群の中でも飛び抜けています。鮮やかなの岩絵群はその芸術的・文化的価値が認められ2001年に世界遺産に登録されました。

5.世界最大級の塩湖マカディカディ・パン

Photo by HiromiAme

マカディカディ・パン

Photo by HiromiAme

パンに1泊して星空を眺める

塩湖といえば南米のウユニ塩湖は有名ですが、アフリカのボツワナにもあります。世界最大級の塩湖、マカディカディ・パン。パンとは塩湖という意味です。(水がはって鏡面になったりはしませんが360度地平線はみることができます。)
パンの真ん中に布団をしいて満点の星空をみながら一夜を明かすツアーもあります。満月の日は月明かりに照らされた不思議な世界を、新月の日には天の川や星空を楽しむことができます。

6.ゾウ密度世界No.1、チョベ国立公園

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

HiromiAme南部アフリカの国、ボツワナという国に3年住んでいました。

このまとめ記事に関して報告する